三池鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三池鉄道
三池鉄道諏訪川橋りょう
三池鉄道諏訪川橋りょう
路線総延長 18.6 km
軌間 1067 mm
停車場・施設・接続路線
三池本線(-1997)
exKDSTa
0.0 三池浜駅
xhKRZa HSTq STRq
新栄町駅 西鉄天神大牟田線
xhKRZe STRq ABZq+r
大牟田駅 JR九鹿児島本線
xABZrg DSTq ABZlg
1.8*
旭町駅 旭町線
STR KBSTe
仮屋川操車場
KDSTxe
 ?
0.0*#
宮浦駅
exSTR exKDSTa
3.3#
東谷駅
exABZlf exSTRrf
勝立線(-1969)
exWBRÜCKE
諏訪川橋梁 諏訪川
exDST
 ? 万田駅
exDST
 ? 妙見駅
exABZrg exSTRlg
玉名線(-1985)
exDST exSTR
 ?
0.0**
原万田
exSTR exDST
 ?**
大平駅
exSTR exDST
 ?**
宮内駅
exSTR exDST
 ?**
大谷駅
exSTR exKDSTe
4.2**
平井駅
exABZlf exSTRlg
STRq xKRZo eABZql+l HSTq
荒尾駅 JR九:鹿児島本線
exABZrg exSTRrf
exDST
 ? 西原駅
exDST
 ? 四ツ山駅
exKDSTe
9.3 三池港駅
宮原坑跡付近の旧三池炭鉱専用鉄道敷

三池鉄道(みいけてつどう)は、かつて福岡県大牟田市および熊本県荒尾市で運行されていた専用鉄道(一時期地方鉄道)の通称である。

三井三池炭鉱から採掘された石炭を輸送するために敷設された。また、従業員輸送にも使用された。

保有者は三井鉱山から三井三池港務所、再び三井鉱山、三井石炭鉱業と移った。現在でも一部区間が現存し、三井化学の専用鉄道として使用されている。

廃止された三池本線の三池港駅から県道大牟田植木線の旧早鐘踏切(宮浦駅より三池港駅方面へ約1.5km)までは、明治期の石炭輸送の様子を残した遺構「旧三池炭鉱専用鉄道敷」として世界文化遺産明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業の構成資産となっている。

路線データ[編集]

地方鉄道に変更された1964年(昭和39年)8月11日時点のもの。旭町線のみ現存。

  • 区間(営業キロ
    • 三池本線:三池浜駅 - 三池港駅間 (9.3km)
    • 旭町線:宮浦駅 - 旭町駅間 (1.8km)
    • 勝立線:宮浦駅 - 東谷駅 (3.3km)
    • 玉名線:原万田駅 - 平井駅間 (4.2km)
  • 軌間:1067mm
  • 複線区間:
  • 電化区間:
  • 閉塞方式:

歴史[編集]

世界文化遺産・明治日本の産業革命遺産に含まれる旧三池炭鉱専用鉄道敷。

駅一覧[編集]

地方鉄道に変更時のもの。

三池本線
三池浜駅 - 宮浦駅 - 万田駅 - 妙見駅 - 原万田駅 - 西原駅 - 四ツ山駅 - 三池港駅
旭町線
宮浦駅 - 旭町駅
勝立線
宮浦駅 - 東谷駅
玉名線
原万田駅 - 大平駅 - 宮内駅 - 大谷駅 - 平井駅

接続路線[編集]

車両[編集]

電気機関車[編集]

三池炭鉱閉山まで使用されていた電気機関車のうち、5号機(1908年GE製15t B形)、1号機(1911年シーメンス製20t B形)、5号機(1915年三菱製20t B形)、17号機(1936年東芝製45t B-B形)の4両が保存されている。大牟田市内の工場敷地で保管され、毎年11月3日に大牟田市が開催する近代化遺産一斉公開の日に限り公開されていたが、2015年9月1日からGCF(ガバメントクラウドファンディング)により資金を集め[1]、2016年8月22日に三川坑跡に移設[2]、同年10月15日より土日祝日に限り一般公開されている[3]

蒸気機関車[編集]

延べ26両が在籍。以下、主なものを挙げる。

貨車[編集]

ハト形無蓋車

客車[編集]

従業員輸送列車は1946年(昭和21年)より始められ、三池港 - 平井間、三池港 - 万田間で5時から深夜1時まで運転されていたが、1984年(昭和59年)時点で社宅の集約とマイカー通勤により利用が激減し、乗客ゼロの列車もあり、一日300人程度となっていた。

  • コハ103・104・106 1948年東芝製。定員116人。木造客車の台枠(トラス棒)を流用し半鋼製車体(客用扉3、貫通路片側のみ)を新製。最大長さ16830mm、ロングシート、暖房設備なし[5]
  • ホハ202-204 1950年日本車輌製造製。定員160人。国鉄63系電車#三池鉄道を参照

その他[編集]

  • 1981年(昭和56年)1月11日に放送された『西部警察』第65話「博多港決戦!!」のロケで、グリーンランドにいた犯人グループの1人が5号電気機関車(1915年の三菱製)牽引の三池鉄道の通勤列車(客車はコハ100形とホハ200形タイプの2両編成)に乗り込んだ末、銃撃戦を繰り広げるシーンが撮影された。[6]

参考文献[編集]

  • 吉富実「三井三池の炭鉱鉄道をたずねて」『鉄道ピクトリアル』No.434

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ふるさとチョイス 明治日本の産業革命を支えた世界文化遺産「三池炭鉱」を世界に発信する! プロジェクト「世界遺産じゃなかばってん」第一弾! 炭鉱電車ば見せたか!の巻 - トラストバンク、2015年9月7日閲覧
  2. ^ 特集 炭鉱電車が引っ越しました - 広報おおむたweb 2016年9月1日・15日合併号(No.1184)
  3. ^ 眠りから覚めた炭鉱電車 大牟田・三川坑跡で4両公開始まる 100歳超、現存で最古級 [福岡県] - 西日本新聞、2016年10月28日
  4. ^ 高井薫平(2012)『小型蒸気機関車全記録』(講談社)p.179
  5. ^ 『世界の鉄道』1971年版、朝日新聞社、1970年、186-187頁
  6. ^ コハ100とコハ200の車内が映るシーンがあるが両形式とも本来、運転台がある場所は車掌室となっていた

関連項目[編集]

外部リンク[編集]