イオンモール八幡東

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イオンモール八幡東
ÆON MALL YAHATA HIGASHI
AEON Yahata-higashi SC.JPG
店舗概要
所在地 805-0071
福岡県北九州市八幡東区東田3丁目2-102
座標 北緯33度52分13.5秒 東経130度48分40.8秒 / 北緯33.870417度 東経130.811333度 / 33.870417; 130.811333座標: 北緯33度52分13.5秒 東経130度48分40.8秒 / 北緯33.870417度 東経130.811333度 / 33.870417; 130.811333
開業日 2006年11月22日
施設管理者 イオンリテール株式会社

イオンモール株式会社
施設所有者 三菱UFJ信託銀行株式会社[1]
敷地面積 67,078 m²
延床面積 67,579 m²
商業施設面積 58,742 m²
中核店舗 イオン八幡東店
店舗数 ÆONと148の専門店
営業時間 イオン・専門店街:9:00-22:00
レストラン街:10:00-23:00
駐車台数 2,200台(臨時駐車場600台あり)台
商圏人口 約510,000人(約20万世帯)
外部リンク 公式サイト
ÆON MALL

イオンモール八幡東(-やはたひがし)は、福岡県北九州市八幡東区に、イオンモール株式会社[2]が開発・運営を行っているショッピングセンターである。

2011年11月21日、SCの名称をイオン八幡東ショッピングセンターから現名称に変更した[3]

概要[編集]

博物館側出入口

2006年11月22日開業。新日鉄都市開発(現・新日鉄興和不動産)および北九州市新日本製鐵(現・新日鐵住金八幡製鐵所の遊休地(2001年北九州博覧祭2001開催)を市街地整備した「八幡東田総合開発」のタウンセンター地区に位置する。事業主体は新日鉄都市開発。イオン八幡東店(イオン九州)を核店舗に、148の専門店が並ぶ。イオン株式会社九州で初めて設置したショッピングセンターであり、イオン(旧ジャスコ)が核テナントのショッピングセンターは、イオン九州株式会社が設置しているイオン若松ショッピングセンターに次ぎ、北九州市内で2店舗目である。

2011年3月1日に、メインテナントの名称を「ジャスコ八幡東店」から「イオン八幡東店」に改称した。

2013年に入ってから開業以来初となる約2ヶ月半にも及ぶ長期の改装工事が行われ、テナントの入れ替え(38店舗を新たに入居)、イオン銀行イオン保険サービスで構成される「暮らしのマネープラザ」の新設、「WAONチャージャー」の増設に加え、モール全体のエネルギー使用量を予測・把握する「スマートBEMS」の導入による見える化ソーラーパネルの設置などを行い、「北九州スマートコミュニティ創造事業」に参画することで、まちぐるみの視点を取り入れた次世代型エコストア「スマートイオン」の1号店[4]として、同年3月15日にリニューアルオープンした[5]

主要テナント[編集]

イオン八幡東店を核テナント中心に以下の主要テナントがある。

  • トイザらス・ベビーザらス
  • 未来屋書店
  • Gap Generation
  • 無印良品
  • 楽市楽座

交通アクセス[編集]

JR[編集]

路線バス[編集]

1階の駐車場進入口近くに西鉄バス北九州の停留所(イオンモール八幡東前バス停)が設けられている。駐車場の真下にあたり、実質屋根付きの状態である。主な行先は以下のとおり。

また距離はあるが、東田大通入口バス停からは別ルートの路線が発着している。

周辺施設[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成23年度大規模小売店舗立地法届出状況(九州地域) - 九州経済産業局 産業部 流通・サービス産業課 2012年8月3日閲覧
  2. ^ 2013年10月31日まではイオンリテール株式会社
  3. ^ 11月21日(月)モール型SC名を「イオンモール」に名称統一します (PDF) - イオン九州株式会社 プレスリリース
  4. ^ 本SCのリニューアルオープンを皮切りに、同年4月に開業したイオンタウン新船橋、同年5月に開業したイオンモール大阪ドームシティも「スマートイオン」に位置付けられる
  5. ^ 3月15日(金)「イオンモール八幡東」リニューアルグランドオープン! (PDF) - イオン・イオンリテール・イオン九州 3社連名によるリリース(配信元:イオン株式会社) 2013年3月15日(2013年7月23日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]