釜石鉱山田中製鉄所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
往時の集合写真。

釜石鉱山田中製鉄所(かまいしこうざん たなかせいてつじょ)は、新日鐵住金釜石製鐵所岩手県釜石市)の前身にあたる製鉄所である。1886年(明治19年)に日本で最初高炉による製鉄を軌道に乗せた。コークスを使った銑鉄の産出もここが最初であり、日本で初めて安定稼動した銑鋼一貫製鉄所でもある。

歴史[編集]

官の挫折と民の苦闘[編集]

1880年(明治13年)に釜石に建設された官営の製鉄所は、操業がうまく行かず1883年明治16年)に廃業した。製鉄所を管轄する工部省は、政府御用達の金物商であった東京の田中長兵衛に払い下げを依頼する。娘婿で番頭格の横山久太郎や長男安太郎の熱心な勧めもあって製鉄所の再建を決意した田中長兵衛は、横山を派遣して現地の総責任者とし、休止していた英国製25t高炉の他に新たに2基の小型高炉を作って銑鉄の製造(製銑)に当たらせた。

官営時代の物を改修して使った30tの大型高炉。明治27年(1894年)、ここから日本初のコークス銑が生まれた。

横山は官営時代の技術者の中から高炉操業主任として高橋亦助(1853-1918)、機械設備主任として村井源兵衛らを雇い入れ、彼らを始めとする多くの人々と共に製銑に挑戦するが、度重なる失敗によって資金は底をついてしまう。従業員らに支払う給金も無くなり、横山自身の家財道具まで売り払う状況の中、1886年(明治19年)7月、横山久太郎は東京の田中長兵衛から呼び出しを受けた。上京する横山から現場を託された高橋亦助は、何とか成功させたいという思いから横山不在の間にも2度の操業を試みるがいずれも失敗に終わる。やがて田中長兵衛より自ら釜石に赴くという知らせが入り、それを待つのみとなった高橋亦助は全従業員を集めて作業所の休業と解雇とを告げた。その晩、高橋亦助の夢に不思議な老人が現れ、これまで良い鉱石として使用していたものを不良だと言い、不良だとしていたものこそが真に良い鉱石だと告げて消え去ったという。

その翌朝、高橋亦助の元に昨日解雇した従業員一同が訪れた。そして、度重なる失敗が続き解雇も仕方が無いとは思うがこのまま終わるにはどうしても諦めきれない、家族に食べさせる食糧さえあれば賃金は要らないのでどうかもう少し挑戦させて欲しい、と懇願した。さらに彼らは、これまで不良として使われなかった鉱石をぜひ試してほしいと言う。夢の話との奇妙な一致にもう一度挑戦することを決めた高橋亦助が従業員と共に迎えた通算49回目、鉄は途切れることなく流れ出し、長い苦難の道を経てついに成功するに至った。この日、1886年10月16日は後に釜石製鉄所の創業記念日となった。

製鉄所の設立[編集]

これを受けて本格的に経営に乗り出した田中長兵衛によって設立されたのが釜石鉱山田中製鉄所である。1887年(明治20年)7月のことで、初代所長には横山久太郎が任命された。

大きく掲げられた釜石鉱山田中製鉄所の表札が見える。
大橋分工場

同年、政府より釜石の土地や建物、機械類などすべての払い下げを受け、大橋に分工場を建設する。1890年(明治23年)の銑鉄年間生産高は4,000tで、日本国内で年2万t生産されたうちの約20%に過ぎず、残りの80%は中国地方で古来より盛んなたたら砂鉄精錬が占めていたが、鉄に対する時代の需要に応えて釜石はその生産量を伸ばしていく。1893年(明治26年)には廃止されていた釜石鉱山鉄道馬車鉄道として再開させた。

1890年(明治23年)には大阪砲兵工廠において当時世界的に評価の高かったイタリアのグレゴリーニ製銑鉄よりも釜石製銑鉄の方が弾丸用としてより優れていることが立証された。製鋼原料としての釜石銑もまたクルップ社製、H・レミー社製の物に匹敵し、その上クルップに対して3割、レミーに対しては6割安価に作成できることも判明している。

1894年(明治27年)には顧問に冶金学者の野呂景義(1854-1923)、主任技師にその弟子香村小録(1866-1939)を迎え、野呂が提唱したコークス利用の製銑法に挑戦。改修・大型化した官営時代の英国製30t高炉で、日本初のコークス銑の産出にも成功した。

この年釜石の銑鉄生産高は、砂鉄銑の生産高を超えて国内で生産される銑鉄のおよそ7割を占めている。翌1895年(明治28年)に上記2名による鉱石埋蔵量の調査を行ったところ、前回1892年調査時の1,400万トンを遥かに上回る推定4,900万トンという調査結果が報告された。

銑鉄を生産すれば必ず輸送手段が必要となってくる。1886年の鈴子・大橋間の荷馬車輸送開始を皮切りに、1891年には滝の洞 - 大橋間で二輪車輸送、1893年には新山・滝の洞間で馬車鉄道が開通、1894年には元山・滝の洞間にインクライン架設、1895年には元山・大橋間の連絡実施に伴って馬車鉄道を廃止した。1897年には佐比内 - 元山間のトンネルが貫通して同線の軌道が開通し、この年以後鉄道は次第に複線化されていく。

高炉改修が成った際の集合写真。前列中央白い洋服が横山。その左が野呂、同右の黒い洋服が香村。(1901年6月)
60tクラスの大高炉。(1904年)

株式会社化とその後[編集]

1901年(明治34年)田中長兵衛が亡くなり、長男の安太郎が二代目田中長兵衛の名と社長職を継ぐ。 同年、北九州に造られた官営八幡製鐵所の溶鉱炉火入れに当たっては、釜石鉱山田中製鉄所より選抜された山崎勘介、笹山二郎ら計7名の高炉作業者が派遣された。

1903年にはこれまでの銑鉄生産に加え、製鋼作業を開始。八幡製鐵所より一足早く、日本で最初に安定した稼動の見込める銑鋼一貫製鉄所となる。 また、製造した鉄鋼を運ぶ海運にもより一層力を入れ、1904年には汽船長久丸(長兵衛の「長」と久太郎の「久」より取ったと思われる)を購入している。

1916年(大正5年)、香村に替わって主任技師となった中大路氏道の元、120tの大高炉を建設。 1917年(大正6年)4月1日には株式会社化。田中鉱山株式会社が発足し、釜石鉱山製鉄所は同社の釜石鉱業所となった。会社は資本金2,000万円、払込1,000万円、社長の田中長兵衛以下、専務取締役に横山久太郎と田中長一郎、取締役に香村小録と中大路氏道、監査役に吉田長三郎と高橋亦助という陣容であった。

しかし1918年(大正7年)の第一次世界大戦終結後に襲ってきた不況の波の影響は強く、経営は次第に悪化していく。1919年(大正8年)11月、創業以来未曾有という労働争議が起こり、全工場が一時操業を停止してしまう。これは警察官200名、陸軍2個中隊が出動するという大規模なものだった。この前年に入社した社員の三鬼隆(後の日本製鐵八幡製鐵社長)の努力により何とか争議は解決されたものの、負債が増加するなど深刻な被害を受けている。1921年(大正10年)には最後の木炭吹製高炉を持つ栗原分工場も操業を停止、1923年(大正12年)の関東大震災による東京の本店焼失などがそれらの流れに追い討ちをかけてついに経営が破綻。1924年(大正13年)に田中鉱山は、田中家から三井財閥系の三井鉱山に経営権を移し、釜石鉱山株式会社に社名を変更した。

大正12年頃の鋳鉄管の鋳造場。女性も働いていたことが分かる。

エピソード[編集]

1896年(明治29年)6月15日、いわゆる明治三陸地震による巨大津波三陸海岸を襲った。各所で軒並み10m以上、場所によっては海抜45m(15)地点まで到達したとも言われる津波の前に多くの家屋が倒壊し、釜石は人口6,529名中、死者4,985名[1]を数えた。釜石鉱山田中製鉄所も人的物的に大きな被害を受けるが、所長横山の指示により工場を開放し炊き出しが行われたと伝わる。

沿革[編集]

  • 1880年(明治13年) - 官営製鉄所が操業を開始するも、97日で稼動停止。
  • 1882年(明治15年) - 操業再開後200日で再度中止。コスト高が原因とされる。
  • 1883年(明治16年) - 官営製鉄所の廃止が決定。
  • 1885年(明治18年) - 民間人の田中長兵衛と横山久太郎らが2基の小型高炉を新設し製鉄への挑戦を始める。
  • 1886年(明治19年) - 10月16日、横山不在の中、高炉主任の高橋亦助らが49回目の挑戦にしてついに成功を収める。
  • 1887年(明治20年) - この年、釜石鉱山田中製鉄所が発足。同年甲子村大橋にも第3の高炉と分工場を建設。
  • 1889年(明治22年) - 鈴子の本工場に第4高炉を建設。
  • 1890年(明治23年) - 大橋分工場に第5高炉を建設するが、8月の水害により各工場に大きな損害を蒙る。
  • 1891年(明治24年) - 鈴子本工場に第6高炉を建設。3月には政府に納入する銑鉄を積んだ帆船が相馬沖で沈没。
  • 1892年(明治25年) - 栗橋村大字橋野にて、第7高炉を持つ分工場建設が開始。
  • 1893年(明治26年) - 鈴子の本工場と大橋分工場を繋ぐため、廃止されていた釜石鉱山鉄道を馬車鉄道として再開。
  • 1894年(明治27年) - 6月、栗橋分工場が操業開始。野呂景義と香村小録を迎え、官営時の大型高炉修復にかかる。
  • 1894年(明治27年) - 官営時の英国産大型高炉が修復され、日本初のコークス銑産出に成功。11月には本格的にコークス炉が稼動し、以後出銑量が急速に増加した。
  • 1896年(明治29年) - 地震による大津波が押し寄せ多くの家屋が倒壊。製鉄所も大きな被害を受けた。
  • 1897年(明治30年) - 4年の歳月をかけた工事が完了し、佐比内鉱区と元山鉱区の間に延長330mのトンネルが開通。
  • 1900年(明治33年) - 事業の拡大に伴い職工を倍に増員する。
  • 1901年(明治34年) - 社長の初代田中長兵衛が死去。この年の役員及び職工、人夫の総数は3,697名。
  • 1903年(明治36年) - 製鋼作業開始、日本初の民営銑鋼一貫作業所となる。
  • 1904年(明治37年) - 汽船「長久丸」(1,238t)を購入。鈴子本工場に60t大高炉が完成し稼動を開始。
  • 1905年(明治38年) - 20t高炉2基を建設。
  • 1912年(明治45年) - 25t高炉を建設。
  • 1913年(大正2年) - 電力を補うため栗橋に釜石瓦斯力発電所を建設。発電能力は小規模。
  • 1916年(大正5年) - 7月、北海道空知郡の文殊炭山を買取る。第8高炉(120t)の建設開始。
  • 1917年(大正6年) - 個人企業から「田中鉱山株式会社」へと改組され、同社の釜石鉱業所となる。
  • 1918年(大正7年) - 前年栗橋分工場長となった高橋亦助が肺炎により死去。大戦の終結と物価の暴騰。
  • 1919年(大正8年) - 体調不良のため横山久太郎が所長を辞任。11月には労働争議で作業が一時停止。
  • 1921年(大正10年) - 戦後不況等による経営悪化のため、栗橋分工場が停止。3月には横山久太郎が死去。
  • 1924年(大正13年) - 経営権が三井鉱山に移譲される。同年二代目田中長兵衛死去。
大正6年(1917年)、株式会社化された頃の釜石鉱山製鉄所。

年間生産量[編集]

銑鉄鉄鉱石をそれぞれ別に記した。

銑鉄[編集]

  • 1890年(明治23年) - 4,000t
  • 1891年(明治24年) - 9,000t
  • 1893年(明治26年) - 8,000t
  • 1894年(明治27年) - 14,600t
  • 1901年(明治34年) - 35,280t(時価141万1,200円相当)
  • 1904年(明治37年) - 27,000t
  • 1905年(明治38年) - 37,552t
  • 1906年(明治39年) - 29,000t
  • 1911年(明治44年) - 50,000t
  • 1919年(大正8年) - 58,087t
  • 1920年(大正9年) - 48,152t
  • 1921年(大正10年) - 37,155t
  • 1922年(大正11年) - 36,526t
  • 1923年(大正12年) - 52,226t
  • 1924年(大正13年) - 54,490t

鉄鉱石[編集]

  • 1885年(明治18年) - 294t
  • 1887年(明治20年) - 1,216t
  • 1889年(明治22年) - 2,847t
  • 1901年(明治34年) - 50,000t(時価30万円相当)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元になる資料により被害者数には諸説ある。

参考文献[編集]

  • 富士製鉄釜石製鉄所『釜石製鉄所七十年史』1955年。
  • 岡田益男 『東北開発夜話』第2巻 河北新報社、金港堂出版(1977年再刊)。
  • 東北文庫 岡田益男 「東北開発夜話 - 東北鉱山の繁栄

関連項目[編集]

外部リンク[編集]