年問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

年問題(ねんもんだい)は、暦上のある年や日付が到来すると、社会日常生活に深刻な影響が起きる社会問題のことである。「Y年問題」や「Y年M月D日問題」のように呼ばれる。年問題は主に下記の3種類のものがある。

  1. コンピュータの時刻処理における「桁溢れ」などの想定外の事態
  2. 人の動きや唐突な社会制度の変化による歪みの発生
  3. 暦そのものの構造的な欠陥(旧暦2033年問題など)

年問題という表現の発端は、コンピュータシステムにおける2000年問題が騒がれた出来事であり、それ以後は社会現象などの諸問題にも使われている。

コンピュータの時刻処理に関わる問題[編集]

コンピュータは記憶装置の容量や処理能力がいくら大きくとも原理的に有限の数字しか扱えず、想定していない日付を扱おうとすれば、または特定の年月日や時刻になると誤作動を起こす(オーバーフロー)。この時刻処理に関する問題は、現代のように生活のあらゆる部分にITが行き渡っている時代には、思わぬところで思わぬ問題を起こしかねない。

日本で初めてコンピュータ内部の「年」に関する問題が起こったのは、1989年1月7日昭和天皇の死によって元号が「昭和64年」から「平成元年」に変更された時である。特に公文書などで元号の変更を想定していなかったシステムが多数あったことから、問題が顕在化した。この他、年数を下2桁だけで処理していたシステムの中には、「昭和Y年」または「平成Y年」とみなして処理するものがあり、これにより誤動作が起きる場合もあった。

2000年問題では、事前に各企業が大量の経費を投入してシステムのチェックを行った上で、2000年が到来した瞬間には多数のソフト技術者が何かあった時のために待機するなどの体制が取られ、世界的な社会現象となった。

なお年問題は、未来の日付を取り扱う必要が出てくると、その年に先んじて問題が顕在化することもある。例えば、10年更新の保険契約を扱う場合は10年前に誤動作が起こりうる。また、未来の日付を取り扱わない場合でも、計算の都合などで時間を数倍することがあり、それにより誤動作が起こりうる場合も存在する。

西暦[編集]

他の紀年法[編集]

関係する他の問題[編集]

  • 閏年問題 - 閏年を処理するプログラムのバグにより誤動作する。2008年1月31日以降、日本の約3200台の公衆電話が閏年問題による障害で一時的に使用不能となった。
  • 閏秒問題 - 閏年問題の閏秒バージョン。こちらもプログラムのバグにより誤動作する。

社会問題[編集]

これらは、正確にその年が問題となるものもあるが、数年にわたる現象のピークを示すものや、統計上興味深い変化が予想される場合など、その年に実際に何かが起こるわけではないものもある。

世界[編集]

  • 2007年問題
    • EU株式市場に上場する際、2007年以降は域外の企業にも国際財務報告基準(または同等の財務報告基準)に従うことが義務づけられることから生じる、各国企業の対応費用増加をはじめとする問題。
  • 2009年問題
  • 2010年問題
  • 2014年問題
    • 2002年ごろからSP2登場時までに発売されたXPプリインストールのパソコンの一部がVista以降のアップデート要件に入れない為(多くのSDRAMを用いたシステムの搭載メモリ上限が1GB等)、XPのサポート切れの影響でオフラインの限定使用ないし、廃棄されることに対する問題である。Microsoft Windows XP#サポートライフサイクルを参照
    • 造船業において2014年頃に受注した船の数がゼロに近づくと懸念される問題。2014年問題 (造船)を参照

日本[編集]

起こった問題[編集]

予想される問題[編集]

暦の構造による問題[編集]

  • 旧暦2033年問題 - 日本のいわゆる旧暦(天保暦)の閏月を決定するルールの不整合により旧暦2033年(2033年2034年)の間の暦が決定できない、というもの。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 松田卓也『2045年問題 コンピュータが人類を超える日』廣済堂出版 2012年 ISBN 978-4331516836

外部リンク[編集]