2010年問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2010年問題(にせんじゅうねんもんだい)は、2010年に発生ないしその前後に深刻化すると予想されている(または予想されていた)社会問題であり、特定の年に起こる年問題の一種である。別個の分野における複数のものがある。

医薬品の特許切れ[編集]

医薬品業界において2010年前後に大型医薬品の特許が一斉に切れ、各医薬メーカーの収益に重大な影響をもたらすと懸念されている問題である[1][2]

要因[編集]

医薬品は特許制度によって保護されており、各社が特許申請し、認められた範囲の構造の化合物は、一定期間(通常20年)の間他社が勝手に製造・販売してはならないとされている。しかしこの期間が経過した後は、他社が同じ構造の薬を販売することが許されるようになる。こうした後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、臨床試験の巨大なコストの負担がないため、先発品に比べて安く販売できる。

1990年前後は大型医薬品(ブロックバスター)の開発が多く、これらが医薬品メーカーの収益を支えてきた。しかしこれらの医薬は2010年前後に特許切れし、これらが後発医薬品に置き換われば、開発企業の収益が激減する。

影響[編集]

他業種に比べた製薬業界の特色として、少ない商品数で巨大な売り上げ・利益を得ている点が挙げられる。従って一つでも大型商品の売り上げが失われれば、巨大メーカーといえども大きな打撃を受けることになる。特許切れによる利益減少を埋め合わせるために新薬を開発しようとしても、臨床試験の厳格化・新規医薬のターゲットの枯渇などの問題がある。

2010年前後の主な特許切れ[編集]

医薬品 メーカー
2008年 フォサマック アメリカ合衆国の旗 メルク
プログラフ 日本の旗 アステラス製薬
アムロジン
ノルバスク
日本の旗 大日本住友製薬
アメリカ合衆国の旗 ファイザー
オノン 日本の旗 小野薬品工業
ラジカット 日本の旗 田辺三菱製薬
2009年 タケプロン 日本の旗 武田薬品工業
ハルナール 日本の旗 アステラス製薬
2010年 コザール アメリカ合衆国の旗 メルク
アリセプト 日本の旗 エーザイ
クラビット 日本の旗 第一三共
パキシル イギリスの旗 グラクソスミスクライン
2011年 リピトール アメリカ合衆国の旗 ファイザー
アクトス 日本の旗 武田薬品工業
2012年 シングレア アメリカ合衆国の旗 メルク
バイアグラ アメリカ合衆国の旗 ファイザー
ブロプレス 日本の旗 武田薬品工業
2013年 パリエット 日本の旗 エーザイ

アメリカ政府標準暗号の切替[編集]

アメリカの政府標準暗号から旧式の暗号が廃止される問題[3][4][5][6]

現代の主要な暗号の安全性は「理論上、解読には非現実的な時間を要する」という計算量的安全性に基づいているため、安全性を維持するにはコンピュータの処理能力の進歩に伴いさらに強度の高い方式へ切り替えなければならない。

アメリカ国立標準技術研究所 (NIST) は2005年、2010年12月31日をもって政府標準暗号(政府機関が使わなければならない暗号)から旧式の暗号を廃止することを決定した。廃止された暗号は80ビット強度(脆弱性のない共通鍵暗号長に換算して80ビット)以下のものである。

廃止された暗号には

などがある。

なお日本でも2013年を目処にアメリカと同程度の強度の暗号に切り替えることを決定した[7]

ETA社の時計部品出荷制限[編集]

スウォッチ・グループの時計部品メーカーETAが、2010年よりグループ外への出荷を制限することによる問題である[8][9]

ETAはモジュールと呼ばれる時計の中核部品のメーカーだが、従来出荷していたエボーシュ(半完成モジュール)のグループ外への出荷が2010年に完全に停止する。スイスに数多くある、ETAのエポージュを使っていた時計メーカーは、これへの対応を迫られる。

年数処理のバグ[編集]

2010年に突入するころ、いくつかのバグが発覚した。

日付が2016年になるのは、年の内部表現に西暦下2桁のBCDを使っていたため、2010の内部表現が10のBCDで 0x10 となっていたのを、0x10 = 16 と16進法で読んでしまったのが原因と思われる[11][13](シチズンのケースでわかりやすい)。その他のバグも、これが間接的な原因の可能性がある。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【産業天気図・医薬品】新薬メーカーは「2010年問題」で暗雲たちこめ、後発薬メーカーは淘汰進む - 東洋経済新報社 Toyokeizai Online 2009年3月19日
  2. ^ 製薬「2010年問題」の切り札、創薬ベンチャー - 読売新聞 YOMIURI ONLINE 2010年10月13日
  3. ^ 暗号の2010年問題とは - SBIネットシステムズ 2008年1月15日
  4. ^ 暗号の2010年問題とは - 日経BP社 ITpro 2009年1月21日
  5. ^ 『最新 暗号技術』( ISBN 978-4756147554
  6. ^ 電子情報通信学会学会誌 Vo. 94, No. 11 (2011年11月) 特集 暗号世代交代と社会的インパクト
  7. ^ 政府機関の情報いステムにおいて使用されている暗号アルゴリズム SHA-1 及び RSA102 に係る移行指針
  8. ^ 2010年問題 スウォッチグループの思惑と対抗策 - 慶應義塾大学 木舟正喜
  9. ^ 【バーゼルフェア現地レポート第3弾】高級時計業界を揺るがす2010年問題が垣間見えたモデル - 日経BP社 日経トレンディネット 2008年4月14日
  10. ^ 電波腕時計ワールドタイムシリーズのソフトウェア書替のお知らせ(U600情報-1) シチズン 2008年2月18日
  11. ^ a b シチズンの電波腕時計で不具合 - スラッシュドット 2008年2月21日
  12. ^ 「2000年問題」が10年遅れてオーストラリアを直撃、金融システムが大混乱に陥る - GIGAZINE 2010年1月4日
  13. ^ a b 豪のクイーンズランド銀行で2010年問題が発生 - スラッシュドット 2010年1月5日
  14. ^ 10年遅れのY2K問題、銀行カード3000万枚に使用不能の恐れ - AFPBB News 2010年1月6日
  15. ^ PlayStation®3をご利用のお客様へ - ソニー・コンピュータエンタテインメント 2010年3月2日
  16. ^ ソニーが旧型PS3で発生していた時刻のバグを修正、原因は「うるう年」 GIGAZINE 2010年3月2日