出雲充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

出雲 充(いずも みつる、1980年1月17日 - )は、日本実業家ミドリムシ(学名 ユーグレナ)の研究・生産を行うバイオベンチャー企業株式会社ユーグレナ創業者代表取締役社長である。

人物[編集]

座右の銘は「昨日の不可能を今日可能にする」、趣味はピアノ[1]

来歴[編集]

1980年1月17日、母親の帰省先の広島県呉市で出生。2歳まで神奈川県川崎市宮前区宮前平で暮らしたのち、弟の誕生を機に多摩ニュータウンに移り住んだ[2]。中学・高校は駒場東邦中学校・高等学校に進学。高校時代には、「国際連合で働いて、世界から飢餓や貧困をなくしたい」と考える[3]。1998年、東京大学文科3類に進み、グラミン銀行のインターンとしてバングラデシュに赴いた出雲はタンパク質ミネラルの不足による深刻な栄養失調の現場に直面し、国連に代わる目標を探ることになる[4]。サークルで、一つ後輩でのちにユーグレナの取締役研究開発部長となる鈴木健吾と出会い、出雲は鈴木が在籍する農学部へ転部する。出雲が、栄養失調解決の可能性を持つミドリムシについて知るのも、鈴木との会話がきっかけであった[5]。大学を卒業した2002年4月、東京三菱銀行(現 三菱東京UFJ銀行)に就職。銀行員として働く傍ら、2015年の事業化を目指してミドリムシの研究を続けた[6]。2002年12月、懇意にしているプレジデント社の編集者に相談をもちかけ、退職を決断。2003年3月20日に東京三菱銀行を退職した[7]。その後、若者の起業支援企画の事務局の仕事の手伝いをきっかけに堀江貴文と知り合う[8]2004年、中国・青島市で開催された会合で、のちにユーグレナの取締役マーケティング部長となる福本拓元と出会う。福本の実家は愛媛県でクロレラの販売を行っていた。福本にとって出雲の第一印象は決して良好なものではなかったが、ミドリムシの培養に関心を持った福本は、クロレラの培養施設のある石垣島の八重山殖産を紹介した[9]。培養プールを借りる契約上の必要から、2005年8月9日に、出雲・鈴木・福本とライブドア、福本の実家の株式会社ハイクロレラ(現 株式会社エポラ)の出資により、資本金1千万円で株式会社ユーグレナ創業。本社は、六本木ヒルズにあったライブドア本社の一角を間借りした[10]。2005年12月16日、ミドリムシの培養に成功[11]。しかし2006年1月16日、ライブドア本社に強制捜査が入り、ユーグレナもオフィスを追われた[12]。2006年2月17日、出雲は自費でライブドアの持ち分を買い取り、関係を断つがしばらく苦境が続いた。そんな中、投資コンサルティング会社インスパイア社長の成毛眞は若手部下の永田暁彦を社外取締役(現 取締役経営戦略部長)として派遣[13]伊藤忠商事は2008年に研究開発費を出資するなど、支援者も現れた。

2012年12月20日、ユーグレナは東京証券取引所マザーズに上場[14]2014年12月3日には東京証券取引所第一部に市場変更した[15]

受賞[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社ユーグレナ 出雲充”. 社長名鑑 (2013年2月). 2015年7月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年1月19日閲覧。
  2. ^ 『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』p.4
  3. ^ 『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』p.18
  4. ^ 『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』p.2-3
  5. ^ 『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』p.31-38
  6. ^ 『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』p.62-67
  7. ^ 『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』p.67-72,80
  8. ^ 『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』p.89-90
  9. ^ 『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』p.106-115
  10. ^ 『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』p.116-121
  11. ^ 『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』p.134
  12. ^ 『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』p.136-138
  13. ^ 『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』p.154-156
  14. ^ 上場承認についてのご挨拶 Archived 2016年3月8日, at the Wayback Machine. 株式会社ユーグレナ、2012年11月16日
  15. ^ ユーグレナ、マザーズから東証1部に変更 日本経済新聞、2014年11月26日
  16. ^ 安藤百福賞受賞者”. 安藤スポーツ・食文化振興財団. 2017年1月11日閲覧。
  17. ^ ジャパンベンチャーアワード2012
  18. ^ “List of 2012 Young Global Leaders Honourees” (英語) (PDF) (プレスリリース), 世界経済フォーラム, (2012年7月20日), http://www3.weforum.org/docs/YGL12/WEF_YGL_HonoureesClass_2012.pdf 2017年1月15日閲覧。 
  19. ^ 2013年度 第15回企業家賞

外部リンク[編集]