日経ビジネスアソシエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日経ビジネスアソシエ
ジャンル ビジネス
読者対象 ビジネスパーソン
刊行頻度 月刊(毎月10日発行)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 780円+税
出版社 日経BP
編集部名 日経ビジネスアソシエ編集部
発行人 廣松隆志
編集長 米田勝一 
※休刊時(2018年9月号)
編集者 柳生譲治(副編集長)
池田悟(同)
蓬莱明子(同)
平田秀俊(同)
飯泉 梓
上田真緒
高島三幸
真辺 真  
※休刊時(2018年9月号)
ISSN 1347-2844
刊行期間 月刊
姉妹誌 日経ビジネス
ウェブサイト 公式サイト

日経ビジネスアソシエ』(にっけいビジネスアソシエ)は、日経BPが毎月発行していた、次世代のリーダーを目指す、意欲あるビジネスパーソンのための情報誌。創刊の2002年から1年間は月刊、2002年から2013年までは月2回刊、2013年からは月刊だった。2018年8月10日発売の2018年9月号を最後に休刊した。

2002年4月創刊(2002年5月号)。初代編集長は、経済ジャーナリスト・コメンテーターの渋谷和宏

2003年6月、誌面をリニューアルし、刊行頻度を月刊から月2回刊に変更した。部数が徐々に伸び、広告出稿も順調だったため。

2006年4月18日号では、10万部を突破(ABC公査部数)した。

スキルアップ、キャリアアップ情報が中心の誌面構成。「ニュース報道や新聞からでは窺い知れない事象の本質を、若手ビジネスパーソンと等身大の目線から分析/究明し、日々の仕事と暮らしの変化に対応するための処方せんを提供する」ことを編集方針に掲げていた[1]

毎年11月号(月2回発行時代は11月上旬号)で大々的な手帳特集を組んでいた[2]

2012年2月号(2012年1月10日発売)から、約8年半ぶりに刊行頻度を月2回刊から月刊に戻した[3]

2018年9月号(2018年8月10日発売)をもって休刊することが決まった[4]

代表的な連載[編集]

  • 蟹瀬誠一のニュースの裏
  • 和田秀樹の心理学で経済を斬る
  • 中村うさぎの欲望の仕掛人
  • 重松清のニッポンの課長
  • ユニクロ・柳井正の逆境への挑戦
  • 森永卓郎のこだわり写真館
  • 地獄から生還した男
  • トヨタの遺伝子
  • 仕事に使える? ランキング
  • ノーサラリーマン・ノークライ(小説)
  • 山崎元のエコノミック渡世塾
  • 私の始末書
  • 大人ニュース
  • 齋藤孝の五輪の身体
  • 日本(やまと)かぶれ
  • 養老孟司の森羅万虫
  • 吉越浩一郎・モチベーション革命
  • 日経新聞の賢い読み方
  • イケてるビジネス人
  • プロフェッショナル解体新書
  • 男と女の新しい働き方
  • 勝間和代のニュースな仕事術
  • 小松成美のターニングポイント
  • 仕事ハック
  • 外山滋比古・大人の日本語
  • 小室淑恵の超実践プレゼン講座
  • 山崎元の経済元論
  • 三浦展の世相予想図
  • 外山滋比古ことば・こばなし
  • 太田光代の「率直に申し上げます」
  • 今田耕司の「社長に聞きたい!」
  • 糸井重里の「気仙沼のほぼ日」
  • 石川康晴の僕は裸の王様だった
  • 門倉貴史のカドノミクス ここだけの話
  • トップランナーに聞く 編集長による著名人インタビュー
  • 内藤忍の資産デザイン教室
  • 齋藤孝のコミュニケーション部
  • 石原壮一郎の大人力向上委員会
  • 村岡恵理のどんな朝でも素晴らしい
  • 森川亮の日々是進化
  • 弘兼憲史の書きかけの履歴書
  • 星野佳路のもっと“ヤバく”行こう!
  • 長谷川滋利流 実践英会話術
  • 中村獅童のオレに言わせろ!
  • 南場智子のDNA私の仕事哲学 『不格好経営』のその後
  • ケリー・マクゴニガルの成果を上げる教室   書籍『スタンフォードの自分を変える教室』著者である健康心理学者、ケリー・マクゴニガルによる連載。
  • 藤田晋の成長論 - サイバーエージェント社長藤田晋によるエッセイ。月2回刊時代から2017年まで続いた数少ない連載であった(当初は「藤田晋・キャリアアップ塾」としてスタート)。掲載された過去の連載は、『藤田晋の仕事学』(2009年)、『藤田晋の成長論』(2011年)という2冊の書籍にまとめられて日経BPから出版されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]