ボウモア蒸留所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボウモア蒸留所
Bowmore Distillery
所在地 アイラ島ボウモア[1]
座標 北緯55度45分25.7秒 西経6度17分23.44秒 / 北緯55.757139度 西経6.2898444度 / 55.757139; -6.2898444座標: 北緯55度45分25.7秒 西経6度17分23.44秒 / 北緯55.757139度 西経6.2898444度 / 55.757139; -6.2898444
所有者 ビーム サントリー[2]
創設 1779年 (1779)[2]
創設者 デイビッド・シンプソン[1]
現況 稼働中
水源 ラーガン川英語版[2]
蒸留器数
生産量 年間200万リットル[注釈 1][2]
ウェブサイト ボウモア|サントリーウイスキー
ボウモア蒸留所はアイラ島のインダール湾を望む位置に建つ(図の中央部)

ボウモア蒸留所(ボウモアじょうりゅうじょ、Bowmore Distillery)は、スコットランドアイラ島ボウモアにあるスコッチ・ウイスキーの蒸留所。

歴史[編集]

ボウモア蒸留所は、アイラ島の商人、デイビッド・シンプソンによって1779年に設立された[1]。多くの蒸留所があるアイラ島の中でも最古の歴史を持ち[4]、現存するスコッチウイスキーの蒸留所としてもグレンタレット蒸留所英語版[注釈 2]に次ぐ2番目の古さである[1]。なお「ボウモア」はゲール語で「大きな岩礁」を意味する[6]

経営が悪化してからはオーナーが替わり続け[4]、1837年にジェームズ&ウィリアム・マッター社に、1892年にイングランドの起業家グループが設立したボウモアディスティラリー社に、1925年にJ・B・シェリフ社に、1949年にグリコール社に、1963年にスタンレー・P・モリソン社へと所有権が移った[7][8]。モリソン社は翌1964年に蒸留所を拡張して増産を始める。この1964年蒸溜の原酒は「奇跡のヴィンテージ」と呼ばれて高く評価されている[8]。それまでポットスチルの加熱は石炭直火式で行われていたが、この拡張によって蒸気式に変更された[9]。なお、第二次世界大戦中には英海軍の飛行艇の訓練基地として使われていた[10]

その後ふたたび経営が悪化したため、蒸留はあまりしておらず、熟成に用いる樽も古いものを再利用するような状況だったが[11]、1989年に日本の酒類メーカーサントリー(現:サントリーホールディングス)による30%の資本参入を経て[4]、1994年7月に完全子会社化される[6]。以降サントリーがボウモア蒸留所のオーナーである。サントリーは資本参入後、経営の建て直しを実施した[11]。サントリーがオーナーであることから、日本から輸出される山崎ならびに白州のイギリス国内の発売元も担当している[12]。2014年にはサントリーがビーム社を買収したため、ボウモアを含むスピリッツ事業はビーム サントリーに移管された[13]

製造[編集]

特徴的な双塔のキルン塔。画像中央上部。

現在でもフロアモルティングによる製麦を自社で行っている珍しい蒸溜所で[1]、使用する麦芽のおよそ30%が賄われている[2]フェノール値は25~30 ppmと[1]、アイラ島のウイスキーとしては平凡な数値である[2]。残りの70%はイギリス本土の業者であるシンプソンズ社から仕入れている[2]

製麦に使用するピートは自社で切り出したもの。ラフロイグ蒸溜所などが使う海辺近くで採掘されたヨード臭(海っぽさ)の強いピートとは異なり、島の中央部の高台で採掘するため、やや乾いたような穏やかなピートスモークが特徴である[1]

ラーガン川。仕込み水に使われる。

仕込みの工程では、1回あたり8トンの麦芽(うち2.5トンは自家製の麦芽)を使う[2]。仕込みに用いる水はアイラ島最大の川であるラーガン川英語版から採取している[6]。この川は鉄分を含む岩から湧出しており、かつ土壌からピートの成分を取り込むため[14]、色は黒く、かなりピートの風味も強い[15]

マッシュタンステンレス製で[15]、過去にジュラ蒸留所英語版で使われていた。1回あたり4万リットルの麦汁ができる[16]

発酵に使うウォッシュバックはオレゴンパイン製のものが6基あり[15]、1回の仕込みでできた麦汁を1基のウォッシュバックに移して発酵される[16]。発酵時間は60時間と90時間の2パターンだが[16]、できあがるもろみのアルコール度数はいずれも約8%[17]

蒸留に用いられるポットスチルは初留器[注釈 3]、再留器[注釈 4]それぞれ2基ずつあり[16]、どちらもストレートヘッド型である[19]。冷却機構は一般的なシェル&チューブを用いている[16]。特筆すべきこととして、再留時のミドルカットが71-68.8%と短め[注釈 5]であり、アイラ島のウイスキーとしてはフェノール香が控えめになっている[注釈 6][16]

生産能力は年間約200万リットル[注釈 1][16]

壁面に"BOWMORE"と書いてある建物が第一熟成庫。

樽詰め度数は63.5%[16]で、原酒のうちおよそ3割はシェリー樽によって熟成される[14]。熟成庫はダンネージ式2棟とラック式1棟がある[16]

第一貯蔵庫[編集]

第一貯蔵庫(No.1 Vaults)は、海にせり出すように建てられている熟成庫で[16]、壁面の下部はインダール湾の満潮時の海水面よりも低い「潮かぶり」の位置にある[16][9]。内部はダンネージ式で、室内に湿気が籠もることから天使の取り分が少なく、長期間の熟成に向いているとされている[9]

また、近年では「ボウモア ヴォルト」や「ボウモア ナンバーワン」など、第一貯蔵庫で熟成させた原酒を使ったことを謳った商品が複数展開されている[22][23]

製品[編集]

現行のラインナップ[編集]

ボウモア12年
ボウモア 12年
バーボン樽原酒とシェリー樽原酒をブレンドした、蒸留所を代表するスタンダード製品。700 ml、40%[24][25]
ボウモア 15年
バーボン樽で12年、オロロソシェリー樽で3年熟成させた原酒を使用している。700 ml、40%[24]
ボウモア 18年
シェリー樽原酒の割合を高めている。700 ml、40%[24][26]
ボウモア ナンバーワン
ファーストフィルのバーボン樽のみを使用し、第一貯蔵庫で熟成させた原酒を使用している[24]

主な限定品[編集]

ブラックボウモア
1964年に蒸留され、ファーストフィルのオロロソシェリーバットで熟成された原酒のみをボトリングしたシリーズ[27][9]。1993年に初めて29年熟成の「ファーストエディション」としてリリースされると、その後1994年に「セカンドエディション」、1995年に「ファイナルエディション」、2007年に「フォースエディション」、2016年に「ファイナルカスク」の計5種類、合計でおよそ6,000本がリリースされた[9][28]。2020年には自動車メーカー、アストンマーティンとのコラボで「ブラックボウモア DB5 1964」がリリースされた。これは蒸留所に1995年の「ファイナルエディション」が27本だけ残っており、それを特製ボトルに詰め替えて販売された。限定25本。価格は5万ポンド(およそ700万円)[28][9]。本シリーズはコレクターズアイテムとして高い人気があり、2021年にオークション会社のサザビーズでファーストエディションからファイナルカスクまでの5本セットが出品された際は、4,375,000香港ドル(およそ7,500万円)で落札された[29][30]

使用されているブレンデッドウイスキー[編集]

評価[編集]

そのエレガントな風味から「アイラモルトの女王」と評され、アイラ島のシングルモルトではラフロイグラガヴーリンに次ぐ販売量3位を誇っている[33]

評論家のマイケル・ジャクソンはボウモアのハウススタイルを「スモーキー、葉っぱのような特徴(シダ?)と海風の特徴をもつ。熟成年数の若いものは食前酒、長いものは食後酒。」と評している[34]

また、アイラ島の蒸留所の中で唯一エリザベス2世女王が訪問しており[35]、その時には専用のウイスキー樽を作って歓迎、その後も倉庫の奥に飾っている[35]。一般に船舶や艦船の進水式、命名式では、シャンパンワインのボトルを新しい船にぶつけて船と乗組員の安全を祈るが、2014年に行われた空母クイーン・エリザベスの命名式ではボウモアが選ばれ、エリザベス2世の手により割られた[36]

注釈/脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 100%アルコール換算[3]
  2. ^ 1775年創業[5]
  3. ^ 容量30,940リットル[18]
  4. ^ 容量14,750リットル[18]
  5. ^ 同じくアイラ島のウイスキーであるラガヴーリン蒸留所のミドルカットは70~60%[20]ラフロイグ蒸留所は72~61%[21]である。
  6. ^ フェノール香は再留の後半になるほど強く出てくる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 土屋守 2021, p. 66.
  2. ^ a b c d e f g h i j 土屋守 2021, p. 67.
  3. ^ 土屋守 2021, p. 10.
  4. ^ a b c 永井隆 2006, p. 55.
  5. ^ 土屋守 2021, p. 175.
  6. ^ a b c 土屋守 1995, p. 46.
  7. ^ 土屋守 & 渋谷寛 2021, p. 10.
  8. ^ a b 盛岡スコッチハウス 2017, p. 145.
  9. ^ a b c d e f ジェームズ・ボンドに捧げるウイスキー【後半/全2回” (日本語) (2021年1月11日). 2022年11月8日閲覧。
  10. ^ 土屋守 2021, p. 69.
  11. ^ a b 永井隆 2006, p. 61.
  12. ^ 和智英樹 & 高橋矩彦 2021, p. 104.
  13. ^ サントリー/米ビーム社の株式取得完了、社名をビームサントリーに”. 流通ニュース (2014年5月1日). 2022年11月7日閲覧。
  14. ^ a b マイケル・ジャクソン 2021, p. 130.
  15. ^ a b c 和智英樹 & 高橋矩彦 2021, p. 107.
  16. ^ a b c d e f g h i j k 土屋守 2021, p. 68.
  17. ^ 土屋守 & 渋谷寛 2020, p. 10.
  18. ^ a b 土屋守 & 渋谷寛 2021, p. 107.
  19. ^ 土屋守 & 渋谷寛 2020, p. 107.
  20. ^ 土屋守 2021, p. 207.
  21. ^ 土屋守 2021, p. 212.
  22. ^ “「ボウモア ヴォルト」数量限定新発売” (日本語) (プレスリリース), (2017年4月14日), https://www.suntory.co.jp/news/article/12889.html 2022年11月8日閲覧。 
  23. ^ “「ボウモア ナンバーワン」新発売” (日本語) (プレスリリース), (2018年3月13日), https://www.suntory.co.jp/news/article/13133.html 2022年11月8日閲覧。 
  24. ^ a b c d “ボウモア製品解説 ボウモア サントリー” (日本語) (プレスリリース), https://www.suntory.co.jp/whisky/bowmore/products/ 2022年12月3日閲覧。 
  25. ^ “ボウモア 12年|武川蒸留酒販売” (日本語) (プレスリリース), https://mukawa-spirit.com/?pid=118100084 2022年12月3日閲覧。 
  26. ^ “ボウモア 18年|武川蒸留酒販売” (日本語) (プレスリリース), https://mukawa-spirit.com/?pid=132796847 2022年12月3日閲覧。 
  27. ^ ジェームズ・ボンドに捧げるウイスキー【後半/全1回】” (日本語) (2021年1月11日). 2022年11月8日閲覧。
  28. ^ a b ボトル1本700万円!! アストンとボウモアのコラボウイスキーとは” (日本語) (2020年8月18日). 2022年12月3日閲覧。
  29. ^ Rare Whisky & Moutai Live|Including The Black Bowmore “Archive Cabinet”” (英語). 2022年12月3日閲覧。
  30. ^ Black Bowmore Archive Cabinet Direct From Bowmore (5 BT)|Rare Whisky & Moutai Live|Including The Black Bowmore “Archive Cabinet”|Sotheby's” (英語). 2022年12月3日閲覧。
  31. ^ 土屋守 2014, pp. 26–27.
  32. ^ 土屋守 2014, pp. 134–135.
  33. ^ 土屋守 2021, pp. 67–68.
  34. ^ マイケル・ジャクソン 2005, p. 142.
  35. ^ a b 野地秩嘉「チーフブレンダーの技と素顔」 『サービスの達人たち』新潮社〈新潮OH!文庫〉、2001年10月10日、88-89頁。4-10-290124-8。 
  36. ^ “英女王、新空母に命名「クイーン・エリザベス」 英海軍最大”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年7月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/3019751?ctm_campaign=nowon 2014年7月7日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 土屋守 『完全版 シングルモルトスコッチ大全』小学館、2021年。ISBN 978-4093888141 
  • 土屋守、渋谷寛「アイラクロニクル2020」『Whisky Galore(ウイスキーガロア)』第22巻、ウイスキー文化研究所、2020年10月、 4-57頁、 ASIN B08FV3VPJY
  • 盛岡スコッチハウス 『スコッチ・オデッセイ ― 1971黄金の特級時代を想う Complete Edition』盛岡出版コミュニティー、2017年。ISBN 4904870433 
  • 和智英樹; 高橋矩彦 『スコッチウィスキー 新時代の真実 世界的ブームの果てに残るもの』スタジオ タック クリエイティブ、2021年。ISBN 4-883-93886-7 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]