プロジェクト:新アッシリア帝国

ナビゲーションに移動 検索に移動


はじめに[編集]

  • 世界史に関する記事について、日本語版と英語版とでは、情報量に圧倒的な格差があるのが実情です。このプロジェクトでは、新アッシリア帝国(紀元前10~7世紀。en:Neo-Assyrian Empire)における情報量の格差を埋めるべく、英語版の記事を翻訳することを目指しています。趣旨に賛同してくださる方の参加をお待ちしております。

翻訳・編集方針[編集]

  • 英語版記事を翻訳して、日本語版記事にしていくことを基本としています。日本語版記事における既存の記述はなるべく生かしながら統合していくことが望ましいと考えています。
  • 記事の利用者が簡単に根拠を参照できるよう、脚注も和訳して、英語・日本語併記することが望ましいと考えています。ただし、それは翻訳者に負担が生じるので、困難な場合は、プロジェクトの提案者であるつちくらが、可能な範囲でフォローしたいと思っています。
  • 英語版の記事が、必ずしも正しいとは限りません。間違いが含まれている場合もあります。英語版の記事を忠実に翻訳することが必須というわけではなく、適宜、アレンジすることも当然、あり得ます。

プロジェクト対象記事[編集]

翻訳作業の対象としている記事は、以下のとおりです。

君主ほか[編集]

日本語記事[1] 英語版記事 在位 作業状況[2] 備考
アダド・ニラリ2世 en:Adad-nirari II 前911年 - 前891年 2019年10月本文完了(TENさん)
2019年11月脚注作業完了(つちくら
トゥクルティ・ニヌルタ2世 en:Tukulti-Ninurta II 前891年 - 前883年
アッシュールナツィルパル2世 en:Ashurnasirpal II 前883年 - 前859年
シャルマネセル3世 en:Shalmaneser III 前858年 - 前824年
シャムシ・アダド5世 en:Shamshi-Adad V 前823年 - 前811年
 サンムラマート en:Shammuramat 2019年9月本文完了(JillyHean1979さん)
2019年10月脚注等作業完了(つちくら
シャムシ・アダド5世の妻。セミラミスのモデル
アダド・ニラリ3世 en:Adad-nirari III 前810年 - 前783年 2019年10月本文完了(TENさん))
2019年10月脚注作業完了(つちくら
シャルマネセル4世 en:Shalmaneser IV 前783年 - 前772年 英語版記事も、内容が薄いです。短時間で作業完了可能。
 シャムシ・イル (y) en:Shamshi-ilu シャルマネセル4世の時代から力を振るった司令官
アッシュール・ダン3世 en:Ashur-dan III 前772年 - 前755年
アッシュール・ニラリ5世 en:Ashur-nirari V 前754年 - 前745年 英語版記事も、内容が薄いです。短時間で作業完了可能。
ティグラト・ピレセル3世 en:Tiglath-Pileser III 前744年 - 前727年
シャルマネセル5世 en:Shalmaneser V 前727年 - 前722年 2019年10月作業完了(JillyHean1979さん)
2019年11月脚注等作業完了(つちくら
サルゴン2世 en:Sargon II 前722年 - 前705年
センナケリブ en:Sennacherib 前705年 - 前681年 2019年9月本文完了(TENさん)
2019年10月脚注等完了(つちくら
 ナキア  en:Naqi'a
エサルハドン en:Esarhaddon 前681年 - 前669年
アッシュールバニパル en:Ashurbanipal 前669年 - 前627年頃
 シャマシュ・シュム・ウキン en:Shamash-shum-ukin アッシュールバニパルの兄。バビロンの王となるが、弟と戦い、戦死
アッシュール・エティル・イラニ en:Ashur-etil-ilani 前627年頃 - 前623年頃 2019年9月完了(TENさん)
2019年11月脚注等作業完了(つちくら
シン・シュム・リシル (y) en:Sin-shumu-lishir 前623年頃
シン・シャル・イシュクン en:Sinsharishkun 前623年頃 - 前612年頃 2018年1月完了(TENさん)
2019年11月脚注等作業完了(つちくら
アッシュール・ウバリト2世 en:Ashur-uballit II 前612年頃 - 前609年頃 2019年11月完了(TEN

都市ほか[編集]

紀元前9~7世紀におけるオリエント世界と、アッシリア帝国の版図
日本語記事 英語版記事 作業状況[2] 備考
ニネヴェ en:Nineveh
アッシュール en:Assur 2019年9月完了(TENさん)
ニムルド(カルフ) en:Nimrud
シッパル en:Sippar
バビロン en:Babylon 作業中
ボルシッパ en:Borsippa
ニップル en:Nippur
ウルク en:Uruk 2019年11月完了(TENさん)
ウル en:Ur
ドゥル・シャルキン en:Dur-Sharrukin
ハッラーン en:Harran
カルケミシュ en:Carchemish
アルパド en:Arpad, Syria
バラワット (y) en:Balawat
テル・アル・リマー (y) en:Tell al-Rimah アダド・ニラリ3世の石碑が出土した遺跡
タルビス (y) en:Tarbisu
アラファ (y) en:Arrapha
小ザブ川 en:Little Zab 2019年11月完了(TEN アッシュールの南でティグリス川と合流する、延長約400kmの河川。

戦争[編集]

日本語記事[1] 英語版記事 時期 作業状況[2] 備考
アッシリア帝国の軍事史 (y) en:Military history of the Neo-Assyrian Empire
カルカルの戦い en:Battle of Qarqar 前853年
シリア・エフライム戦争 (y) en:Syro-Ephraimite War 前736-732年
ウラルトゥ・アッシリア戦争 (y) en:Urartu–Assyria War 前714年
アッシリアによるエルサレム攻囲戦 (y) en:Assyrian siege of Jerusalem 前701年
スサの戦い (y) en:Battle of Susa 前647年
アッシリアによるエラム攻略戦 (y) en:Assyrian conquest of Elam 前655-639年
ニネヴェの戦い en:Battle of Nineveh (612 BC) 前612年

[編集]

日本語記事[1] 英語版記事 作業状況[2] 備考
ハダド (y) en:Hadad
ナブー en:Nabu
ニヌルタ en:Ninurta
アッシュール (神) en:Ashur (god) 2019年9月完了(TENさん)
マルドゥク en:Marduk
ティアマト en:Tiamat

出土品など[編集]

日本語記事[1] 英語版記事 作業状況[2] 備考
アッシュールバニパルのライオン狩り(レリーフ) (y) en:Lion Hunt of Ashurbanipal
白色オベリスク (y) en:White Obelisk
黒色オベリスク en:Black Obelisk of Shalmaneser III
バラワットの門 (y) en:Balawat Gates

その他[編集]

日本語記事[1] 英語版記事 作業状況[2] 備考
アッシュールバニパルの図書館 en:Library of Ashurbanipal
センナケリブの年代記 (y) en:Sennacherib's Annals
四方世界の王(メソポタミア) (y) en:King of the Four Corners 古代メソポタミアで用いられた王の称号。なお、同名のファンタジー小説に関する記事が既に存在するため、区別するために記事名に(メソポタミア)を挿入している。
世界の王(メソポタミア) (y) en:King of the Universe 古代メソポタミアで用いられた王の称号。なお、単に「世界の王」とすると、「王貞治」の記事にジャンプするため、区別するために記事名に(メソポタミア)を挿入している。
新アッシリア帝国における国家通信 (y) en:State communications in the Neo-Assyrian Empire
新アッシリア帝国の移住政策 (y) en:Resettlement policy of the Neo-Assyrian Empire
アッシリアの彫刻 (y) en:Assyrian sculpture
新アッシリア文書全集プロジェクト (y) en:Neo-Assyrian Text Corpus Project 古代アッシリアの文書の収集・研究・出版を目的とし、フィンランドのヘルシンキ大学に本部を置く、国際的な学術プロジェクト

新アッシリア帝国に直接関係しない記事[編集]

 以下の項目は、プロジェクト進行の過程で発見した、未翻訳の記事です。参考として掲載しているものであり、プロジェクトの直接の対象とはしていません。興味のある方の作業をお願いします。

日本語記事[1] 英語版記事 作業状況[2] 備考
アンケフェンセクメットの系譜図 (y) en:Genealogy of Ankhefensekhmet ベルリンのエジプト博物館収蔵の石碑。エジプト第11~22王朝における、祭司の祖先を記載している
クムフ (y) en:Kummuh 紀元前9~8世紀に、アッシリア帝国に隣接して存在した、ヒッタイト系の王国
アスラ- (y) または アケメネス朝アッシリア (y) en:Achaemenid Assyria アケメネス朝時代の属州
アソリスタン (y) en:Asoristan サーサーン朝時代の属州(メソポタミア地方)


(一覧性を考慮して、プロジェクト開始時点で既に作業完了している記事も掲載しています)

プロジェクト進行に関する提案等について[編集]

プロジェクトに関する提案や質問・連絡事項がある場合は、ノートページに記入してください。

参加者[編集]

プロジェクトに参加していただける方の、署名をお待ちしています。
ここに署名していただいたからといって何かの義務が発生するものではありません。作業は各自のペースにお任せします。

関連プロジェクト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f (y)は、日本語版記事がまだ存在しない項目を示しています。
  2. ^ a b c d e f g 英語版の記事も、当然、編集され続けていきますが、その時点での英語版記事の翻訳移植が完了した時点を記載しています。作業者は、主な編集作業者を記載しています。