プロジェクト:イングランドの地名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

このプロジェクトの目的は、個々の「こうする」を決めておくことよりは、むしろ「なぜそうすることを推奨するのか」という知識を四散させないことにあります。記事の「ノート」としてウィキペディア上に分散している知識と議論をまとめて読む様なものだと思ってください。他のウィキプロジェクト同様、ここに書かれている事はあくまでガイドラインないしベストプラクティスであって、強制力はありません。しかし、記事を書く上でなにかよりどころが欲しい人、特に、イングランドの地域などの記事そのものではなく、そうした記事を地名として参照する記事を書く人には助けになるかもしれません。


プロジェクト名[編集]

イングランドの地名

対象範囲[編集]

このウィキプロジェクトの基本的な目的は、イングランドの地域区分や地名についての記事、ならびにその記事を地名として参照する記事を書く上で助けとなる背景知識とそれに関する議論の概観をまとめ、記事執筆の参考を提示することでイングランド関連の記事を充実させる手助けにあります。更に、地域区分自体についての記事ガイドラインを提供しています。

上位プロジェクト[編集]

上位プロジェクトにプロジェクト:イギリス・アイルランドがあります。

下位プロジェクト[編集]

下位プロジェクトは今のところありません。

類似のウィキプロジェクト[編集]

類似のウィキプロジェクトには以下のものがあります:

関連ウィキプロジェクト[編集]

参加者[編集]

参加者常時募集中です。

参加者用ユーザーボックスを作成しました。使用したい方はどうぞ。

入力:{{UserWP England place names}} 出力

Flag of England.svg この利用者はウィキプロジェクト イングランドの地名に参加しています。  







  • Jms 2007年11月23日 (金) 21:37 (UTC) から
    鉄道関連からなぜかこの方向へ。ありがちな「シャー州同義反復説」を唱え記事改名に乗り出したばかりにカウンティ関連記事を翻訳する羽目に。
  • S kitahashi 2008年3月21日 (金) 22:34 (UTC)
  • Penn Station 2009年6月14日 (日) 08:49 (UTC) - 欧米の地理に関心があります。よろしくお願いします。
  • はひふへほ 2009年7月7日 (火) 08:03 (UTC)
  • 南沼海老 2010年5月21日 (金) 11:34 (UTC)
  • 零細系統保護協会

地域区分[編集]

背景[編集]

イングランドの地域区分は複雑です。たとえば、しばしば州、県、郡などの訳語が当てられるカウンティレベルの区分の場合、地方行政に使われる 82 の都市および非都市カウンティと、王室の代理人である地方長官の任命に使われる 47 の典礼カウンティが併用されています。イングランドでは票の平等を確保するのに選挙区ごとの議席数ではなく選挙区の区割りを変えるので、選挙区の変更にともないより上位の地域区分が変更されることもしばしばです。また、19 世紀以降、特に地方行政改革の行われている 20 世紀後半以降は地方行政制度自体も変化しており、いつの時代かによって同じ名前の地域区分が異なる行政区分に対応していることがあります。そのため、地理的カウンティと呼ばれる、必ずしも行政区画には対応しないカウンティが地域の名称として使われることもしばしばです。

地域区分にレベル名をつけるか[編集]

こうした複雑な事情があるため、記事に登場する地域区分名表記次第で意味が変わってしまう可能性があります。特に注意する必要があるのは、州、県、郡といった区分のレベルを示す語を地域区分名につけるかどうかです。アメリカ合衆国のニューハンプシャー州にはをつけるのですから、イングランドでもハンプシャー州と書きたくなります。しかし、その「州」は上に述べたいくつもある「カウンティ」のどの意味でしょうか。州や県をつけなくても意味は通じるので、特に確信がなければつけない方が安全です。英語からの翻訳記事なら、地域名に county や county of といった付加されていなければつける必要はないでしょう。地域名語尾の「シャー」はシャイアに由来し、当時の行政区分であったシャイアは州とも訳されるので、「ハンプシャー州は同義反復である」という意見もあり、議論になることもあります。「州」などの付加を必要最小限に留めれば、その様な議論も避けられます。

では地域区分の記事名についてはどうでしょうか。その記事を参照して記事を書く側からすれば、レベル名をつけずに表記する場合、[[ハンプシャー州|ハンプシャー]]とするよりは[[ハンプシャー]]の方が手間が少ないでしょう。もしその地域区分の記事名にレベル名が含まれていると、記事名が「正式名称」であるという誤解も手伝って、レベル名つき表記を用いた記事を執筆する場合が出てくるでしょう。これらの点から、地域区分の記事名にはレベル名を含めないことが推奨されます。これはもちろんその地域区分の記事が何について書いているかに依存するので、特に行政区分について書いてある記事ならば、レベル名を含めてもよいでしょう。

尚、文献等での用例に示す様に、最近の専門書では区分レベル名をつけない様になっている様です。また、カウンティ等の語に漢字をあてなくなってきてもいる様です。

地名の表記いろいろ[編集]

この節では、議論になる地名をいくつかとりあげます。地名の表記については原音主義と慣用主義とがありますが、そこにイギリス式発音とアメリカ式発音の違いもからんでくるため、類似した議論がしばしば見られます。そうした議論を避けるため、記事執筆の際の表記を選ぶとき、地名を記事名とするときの参考にしてください。尚、分野ごとに同じ地名に関する慣用表現が違う場合もあるでしょうから、記事名の地名を絶対視しない事も必要です。

ミドルズバラかミドルズブラか[編集]

ピーターバラ (Peterborough) の様に、語尾が「borough」や「brough」で終わる地名がいくつかあります。「borough」はもともと壁で囲まれた場所の意味で、中世には自治区を意味していましたが、現在では地方行政の単位の名称としても使われています。英語版ウィキペディアのborough に関する項目には単体での発音は「バラ」、語尾の場合は「ブラ」と書いてありますが、必ずしもそうではありません。慣例によって表記すると良いでしょう。

サウスハンプトンかサウサンプトンかサザンプトンか[編集]

英語版ウィキペディアの記事では「サウスハンプトン」になっています。しかし、慣用表記を優先し記事名としてはサウサンプトン採用された様です。発音については出典の確保が困難な場合がありますので、発音に関する提案の際には十二分な材料の準備が必要です。サッカーチームの日本語表記の「慣例」と発音との違いが問題になる場合には、試合中継やスポーツニュースでの発音を調べてみるのが早道かもしれません。

ミドランドかミッドランドか[編集]

ミドルとは書くがミッドルとは書かないのだからミッドランドではなくミドランドと表記すべき、という原音主義がありますが、慣用としてのミッドランドを支持する意見が強い様です。

キングスクロスかキングズクロスか、中黒は入れるのか[編集]

文法書的には、片仮名表記をすると「キングズクロス」となるはずですが、KING'S CROSS VOICES ORAL HISTORY PROJECTを聞くと「キングズクロス」に聞こえます。日本語文献での用例調査の結果からすると「キングズ・クロス」という組み合わせが優勢でした。では King's Lynn は?

鉄道路線名[編集]

地名という訳ではありませんが、鉄道路線名には定訳がないので慎重な表現をお願いします。たとえば East Coast Main Line (ECML) は、イーストコースト・メインライン、イーストコースト・メイン線、イーストコースト本線、東海岸本線、東海岸線などと様々に表記されています。一方、地下鉄についてはたとえばサークル線かサークルラインであって、環状線という用例はない様です。記事名に関するガイドラインによれば、カナ表記 (東海岸本線ではなく、イーストコースト・メインラインなど) となっています。

運河名[編集]

運河名もまた一定の表記がなされていません。グランドユニオン運河、グランド・ユニオン・カナル、グランド・ユニオン・キャナル、更に「・」の有無など様々です。このプロジェクト等での議論が必要でしょう。

関連カテゴリの構造[編集]

現状では、以下の様な関連カテゴリがあります:

それぞれのサブカテゴリを含みます。 カテゴリの名称については検討が必要なものもあるかもしれません。

また、間接的な関連カテゴリとしては以下があります:

それぞれのサブカテゴリを含みます。

テンプレート[編集]

地図テンプレート[編集]

ラベル付き地図テンプレートとして以下があります:

地図以外のテンプレート[編集]

地図以外の関連テンプレートとして以下があります:

英語版から移植/翻訳すべきテンプレート[編集]

要検討

地域区分記事書式[編集]

カウンティレベルの地域区分に関する記事[編集]

記事名[編集]

基本的に「州」、「郡」、「県」、「カウンティ」などはつけない。カウンティの種類を区別する必要がある場合には、_(行政的カウンティ) などと曖昧さ回避で対応するが、その様な細分化は推奨しない。但しロンドンなどの大都市は別である。

章立て[編集]

基本的に英語版を踏襲し、以下の通りとする。項目に対応する内容がない場合には、その章全体をコメントアウトして、目次には表示されない様にする。

  • 歴史
  • 地理
  • 行政
  • 経済
  • 教育
  • 運輸
    • 道路
    • 鉄道
    • タクシー
    • 水路
    • 空港
  • 町および村落
  • 観光地
  • 出身の著名人
  • 文献
    • 参考文献
    • 引用文献
      内容は <references/> のみ。文献自体は当該箇所で <ref>...</ref>により指定。
  • 関連項目
  • 外部リンク

冒頭文[編集]

「州」、「郡」、「県」、「カウンティ」などを含まない記事名の場合の、冒頭文記述方法をベッドフォードシャーを例に示す。

ベッドフォードシャー (Bedfordshire) はイングランド東部の地域で、ベッドフォードシャー州 (the county of Bedfordshire, Bedfordshire county) とも呼ばれる。中心地はベッドフォード

中心地とカウンティカウンシル所在地が異なる場合にはカウンティカウンシル所在地も書く。隣接地域、最高地点の標高なども含めてよい。

内容[編集]

対応する英語版記事を参考にするとよい。

テンプレート[編集]

イングランドのカウンティ を記事末尾で用いる。{{イングランドのカウンティ}} とすればよい。

検討事項[編集]

以下のテンプレートに相当するテンプレートを用意した方が良いか?

町および村落に関する記事[編集]

基本的に英語版を踏襲。テンプレートの移植等は要検討。

リージョンレベルの地域区分に関する記事[編集]

必要性も含め要検討。基本的に英語版を踏襲すればよい。

資料[編集]

文献等での地域名[編集]

文献にみられるイングランド地方行政単位の訳語と個別名での用例
発行年 行政単位語訳 行政単位語との結合† 書名 著者 発行所 ISBN 備考
1964 県 (adminstrative county)
特別市 (county borough)
普通市 (non-county borough or municipal borough)
町 (urban district)
村(rural district)
教区 (parish)
郡 (shire)
衛生地区 (sanitary district)
都市 (burgh)
用例なし 各国の地方行政 小倉庫次 有斐閣 なし
1980 結合 欧米地方自治権の研究 宮崎辰雄 勁草書房 なし
1985 言及なし(?) 非結合(?) 中世イングランド行政史概観 S. B. クライムズ/小山貞夫訳 創文社 不詳
1989 県 (county)
市町村 (district)
教区 (parish)
両者併存 サッチャー首相の英国地方制度革命 木寺久・内貴滋 ぎょうせい ISBN 4324018618
1994 州 (?) 非結合 中世イギリスの地方行政増補版 小山貞夫 創文社 ISBN 4423740222
1995 カウンティ
バラ
ディストリクト
パリッシュ
基本的に非結合 イギリスの行政 下條美智彦 早稲田大学出版部 ISBN 4657959360
1996 特別市 (county borough)
県 (county council)
市 (non-county borough)
町 (urban districts)
村 (rural districts)
大都市圏県 (metropolican county council)
非大都市圏市 (non-metropolitan district council)
地方圏ディストリクト (他文献からの引用)
結合 現代イギリスの地方自治 高寄昇三 勁草書房 ISBN 4326301058
1996 カウンティ
大都市圏カウンティ (metropolitan county)
地方圏カウンティ (shire county)
非大都市圏カウンティ(non-metropolitan county)
ディストリクト
ルーラルディストリクト
バラ
教区 (parish)
非結合 地方自治と都市政治 ウィリアム・ハンプトン/君村昌監訳 敬文堂 ISBN 4767000165 日本の地方行政制度との違いから府県市町村などの訳語をあてることは不適切であり、カナ表記すると明記 (p. xiii)
2001 言及なし(?) 非結合 イギリスの地域政策 辻悟一 世界思想社 ISBN 4790709035
2000 カウンティ (県) 非結合 英国の都市農村計画と過疎地域政策 柿本国広 八千代出版 ISBN 4842911778
2004 カウンティ
バラ
ディストリクト
パリッシュ
「シャイア (shire = 州)」
非結合(?) パリッシュ −イングランドの地域自治組織 (準自治体) の歴史と実態 山田光矢 北樹出版 ISBN 4893849425 p.29 に変遷図あり
2005 カウンティ
バラー
ディストリクト
教区(パリッシュ)
用例なし(?) 地方自治の歴史と概念 小滝敏之 公人社 ISBN 4861620139 序章で語源学・語誌学・言語学を活用したことに言及あり

†「ランカシャー州」とする場合を結合、「ランカシャー」とする場合を非結合とした。

文献等での鉄道路線名[編集]

文献等に登場したイギリスの線名表記方式
地下鉄 いわゆる国鉄線 書誌名 編著者 出版年月日 出版社
サークル線 グレート・イースタン線 写真で楽しむ世界の鉄道ヨーロッパ4 沢野周一・星晃 19640401 交友社
サークルライン 記載なし まっぷるマガジンロンドン2003-04 - 200303115 昭文社
サークルライン 記載なし 世界都市地図11ロンドン - 発行年不詳 昭文社
英語表記 記載なし 地球の暮らし方1ロンドン97-98版 地球の歩き方編集室編 19960719 ダイヤモンド社
ノーザンライン 記載なし ロンドン−おいしいものを探す旅 小関由美 20010325 文化出版局
記載なし セント・アイヴス線 地球の歩き方BY_TRAINイギリス鉄道の旅 - 20060324 ダイヤモンド社
セントラル線 - 英国鉄道物語新版 小池滋 20060710 晶文社
記載なし? 記載なし? 蒸気機関車誕生物語 水島とほる 20040524 グランプリ出版
記載なし? 記載なし? イギリス鉄道経営史 湯沢威 19881001 日本経済評論社
地下鉄環状線 - 続イギリスの鉄道のはなし 高畠潔 20051218 成山堂
サークル・ライン 記載なし 英国政府観光庁 - - -
ピカデリー線 記載なし 英国政府観光庁 - - -
記載なし 西海岸線 流線形列車の時代 小島英俊 20050425 NTT出版
記載なし 東西海岸線 蒸気機関車の興亡 齋藤晃 19960131 NTT出版
記載なし ウェスト・コースト本線 折れたレール クリスチャン・ウルマー/坂本憲一監訳 20021210 ウェッジ


日本語文献での KingsX[編集]

日本語文献における King's cross の表記を調査したところ、以下の結果が得られました。

  • キングス・クロス」とするもの
    1. 三澤春彦 『ロンドン発 英国鉄道の旅』 光人社、1998年、pp.95-97, 106。ISBN 4-7698-0841-0
    2. 上村春樹編 『鉄道で行くイギリスの町』 グラフィック社、1997年ISBN 4-7661-0969-4 p.113
    3. 笹田昌宏 『英国保存鉄道』 JTBパブリッシング、2006年ISBN 4-533-06332-2 pp.47, 55, 75, 83, 135, 147
    4. 江崎昭 『輸送の安全からみた鉄道史』 グランプリ出版、1998年ISBN 4-87687-195-7 p.152
    5. 立川修史. “キングス・クロス駅での出来事”. 『世界の車窓から DVD ブック イギリス』 (朝日新聞出版)  p. 16
    6. 清水晶子 『ロンドン近未来都市デザイン』 東京書籍、2007年年、p.193。ISBN 978-4-487-80052-0
    7. 川成洋、石原孝哉 『ロンドン歴史物語』 丸善、1994年ISBN 4-621-05122-9 p.223
    8. 辻野功 『イギリスを旅する35章』 明石書店、2000年年、p.116。ISBN 4-7503-1257-6
    9. 三澤春彦 『ロンドンゆきの飛行機の中で読む本』 光人社、1998年、p.16。ISBN 4-7698-0884-4
    10. UK STOREROOM 『LONDON WALKING 雑貨と街歩き100の楽しみ』 ブルース・インターアクションズ、2009年、p.76。ISBN 978-4-86020-314-6
    11. 『英国生活ガイド』 JP Publications、2008年年、p.181。ISBN 0-9551724-0-3
    12. 『世界都市地図 11 ロンドン』 昭文社。ISBN ISBN 4-398-74131-3
    13. 『プレミアムアトラス 世界地図帳』 平凡社、2008年年、p.113。ISBN 4-5824-1712-4
    14. 『個人旅行 イギリス』 昭文社、1997年年、pp.95, 101。ISBN 4-398-11426-2
    15. 『新個人旅行 ロンドン コッツウォルズ 08〜09』 昭文社、2008年年、pp.41, 45, 65, 67。ISBN 978-4-39811-837-0
    16. 『ワールドガイド ロンドン』 JTBパブリッシング、2007年年、pp.19, 28, 巻頭路線図。
    17. 『ワールドガイド イギリス』 JTB、2002年年、p.53。ISBN 4-53304-560-X
    18. 『わがまま歩き ロンドン』 実業之日本社、2009年年、第7版、pp.25, 45, 巻頭地図。ISBN 978-4-53306-823-2
    19. 『わがまま歩き イギリス』 実業之日本社、2005年年、第3版、pp.105, 108。ISBN 4-40801-267-X
    20. 『わがまま歩きプラス ヨーロッパシティマップ』 実業之日本社、2008年年、初版、p.58。ISBN 978-4-40802-421-9
    21. 『いい旅・街歩き ロンドン』 成美堂出版、2007年年、pp.12, 14, 18, 71, 巻頭地図。ISBN 4-4153-0049-9
    22. 『ポケットガイド イギリス』 JTBパブリッシング、2007年年、改訂第3版、pp.23, 37, 巻末路線図。
    23. デイビッド エルスほか 『ロンリープラネットの自由旅行ガイド 英国』 メディアファクトリー、2003年、5版。ISBN 4-8401-0821-8 p.191
    24. デイビット・エルスほか 『ロンリープラネットの自由旅行ガイド 英国』 メディアファクトリー、2008年年、第2版、p.157。ISBN 978-4-84012-100-2
    25. 『マップルマガジン ロンドン 2003-04年版 折込地図』、2003年。ISBN ISBN 4-398-24175-2p.13
    26. “エリア別ロンドン詳細マップ”. 『フィガロジャポン』2008年10月5日通巻373号 (阪急コミュニケーションズ)  p.M19
    27. 淵上正幸 『ヨーロッパ建築案内3』 TOTO出版、2001年年、p.43。ISBN 4-88706-194-3
  • キングスクロス」とするもの
    1. 秋山岳志 『英国「乗物遺産」探訪』 千早書房、2008年年。ISBN 978-4-88492-434-8 p.69
    2. 三澤春彦 『こだわりの英国鉄道』 光人社、2000年ISBN 4-7698-0957-3 pp.61-62
    3. 石井理恵子、横山明美 『鉄道でめぐる英国・自然派ホリデー』 新紀元社、2009年ISBN 978-4-7753-0678-9 p.104
    4. 宮田進 『英国鉄道紀行2万キロ』 成山堂書店、2000年ISBN 4-425-92341-3 pp.177-178
    5. 澤野周一、星晃集解説 『写真で楽しむ世界の鉄道 ヨーロッパ4』 交友社、1964年 p.5
    6. 齋藤晃 『蒸気機関車の興亡』 NTT出版、1996年ISBN 4-87188-416-3 p.259
    7. 齋藤晃 『蒸気機関車200年史』 NTT出版、2007年ISBN 978-4-7571-4151-3 p.324
    8. 山之内秀一郎 『なぜ起こる鉄道事故』 東京新聞出版局、2000年ISBN 4-8083-0726-X p.64
    9. 『イギリス小さいまち紀行』 土田陽介、グラフィック社、1996年ISBN 4-7661-0906-6 p.175
    10. 岸川恵俊 『イギリスのホテル・ベストセレクション』 河出書房新社、2001年年、p.127。ISBN 4-3097-1638-5
    11. 谷治正孝、田代博、堀英雄、川嶋理夫、萩原 康之 『世界地図帳』 昭文社、2007年年、2版、p.140。ISBN 4-3982-0013-4
    12. 『最新基本地図 世界・日本 2009』 帝国書院、2008年年、33訂版、p.57。ISBN 978-4-8071-5800-3
    13. 『地図で訪ねる歴史の舞台 世界』 帝国書院、2007年年、改訂新版、p.102。ISBN 978-4-8071-5657-3
    14. 『旅に出たくなる地図 世界』 帝国書院、2004年年、p.35。ISBN 4-8071-5442-7
    15. 『地歴高等地図 ―現代世界とその歴史的背景―』帝国書院 ISBN 978-4-8071-4103-6
  • キングス・クロス」または「キングスクロス」(要確認)
    1. 水野 敬三 (1991) 建築雑誌 106(1312), 65 - 66
    2. 岩見 良太郎 (2002) 住民と自治 (471) 60 - 63
    3. 古川 隆夫 (2005) OCAJI 29(4・5), 42-45
  • キングズ・クロス」とするもの
    1. 高畠潔 『イギリスの鉄道のはなし』 成山堂書店、2004年年。ISBN 4-425-96061=0。 pp.180-181
    2. 高畠潔 『続イギリスの鉄道のはなし』 成山堂書店、2004年年。ISBN 4-425-96101-3 pp.27-30
    3. 小池滋 『英国鉄道物語新版』 晶文社、1999年年。ISBN 4-7949-6690-3 pp.135-137, p.146
    4. 渡邉耕司. “ロンドン地下鉄の130年史 2”. 『鉄道ファン』 1998年5月号(通巻445号) (交友社): pp. pp.103, 106 
    5. 水島とほる 『蒸気機関車誕生物語』 グランプリ出版、2004年年。ISBN 4-87687-259-7 p.194
    6. クリスチャン・ウルマー著、坂本憲一監訳 『折れたレール』 ウェッジ、2002年年。ISBN 4-900594-56-3 p.230
    7. 前里孝. “倫敦ターミナル駅めぐり その陸 キングズ・クロス駅セント・パンクラス駅”. 『とれいん』 2004年11月号(通巻359号) (エリエイ プレス・アイゼンバーン): pp. 44-49 
    8. 小島英俊 『流線形列車の時代』 NTT出版、2005年ISBN 4-7571-4112-2 p.89
    9. 桜井寛 『世界の終着駅へ』 PHP研究所、2004年年、p.20。ISBN 4-5696-3807-4
    10. 原口隆行ほか 『イギリス=鉄道旅物語』 東京書籍、1997年年。ISBN 4-487-79283-5 pp.15-17
    11. 小池滋 『イギリス鈍行列車の旅』 NTT出版、1996年年、pp.15, 38, 39。ISBN 4-8718-8620-4
    12. 小関由美 『イングランド - ティーハウスをめぐる旅』 文化出版局、1999年年。ISBN 4-579-20663-0 p.85
    13. 植木ななせ 『ハリー・ポッター謎への旅 英国を旅する24の魔法』 雷鳥社、2002年年、pp.25-31。ISBN 4-8441-3411-6
    14. 『地球の歩き方 BY TRAIN イギリス鉄道の旅』 ダイヤモンド社、2004年2月13日年、初版、pp.147, 158。ISBN 4-478-05980-2
    15. 『地球の歩き方 旅マニュアル ヨーロッパ鉄道の旅』 ダイヤモンド社、1998年10月9日年、改訂第7版、pp.103, 106。ISBN 4-478-05980-2
    16. 『地球の歩き方 旅マニュアル ヨーロッパ鉄道の旅』 ダイヤモンド社、2000年10月13日年、改訂第8版、pp.103, 106。ISBN 4-478-05975-6
    17. 『地球の歩き方 ロンドン』 ダイヤモンド社、2008年2月22日年、改訂第18版、P.417。ISBN 4-478-05216-7
    18. 『地球の歩き方 イギリス』 ダイヤモンド社、2007年7月27日年、改訂第18版、P.84。ISBN 4-478-05436-9
    19. 『地球の歩き方 プラス・ワン 欧州サッカー観戦ガイド』 ダイヤモンド社、2003年9月26日年、初版、pp.47, 55。ISBN 4-478-03359-5
    20. 『JALシティ・ガイド・マップ ロンドン』 JALブランドコミュニケーション、2008年年。ISBN 978-4-87641-701-8
    21. (参考)J.K.ローリング著、松岡祐子訳 『ハリー・ポッターと賢者の石』 静山社、1999年年、pp.134-137。ISBN 4-9155-1237-1
  • キングズクロス」とするもの
    1. 浅川俊夫、志村喬、田代博、山下脩二、田林明、榎本康司 『最新世界地図』 東京書籍、2007年年、7訂版、p.40。ISBN 978-4-487-75140-2
    2. 『リーダーズ・プラス』 研究社、1994年年。
  • 合計
    • キングス(・)クロス 45例 (66%) : キングズ(・)クロス 23例 (34%) 合計 68 例
    • 中黒あり 48例 (74%): なし 17 例 (26%): 要調査 3 例
Flag of the United Kingdom.svg
Physical map british isles ref 1926 clear.png
Flag of England.svg
Europe-Negative.jpg
Flag of Europe.svg