アダド・ニラリ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アダド・ニラリ2世Adad nirari II、在位:紀元前911年 - 紀元前891年)は、アッシリアの王。彼の治世以後のアッシリアは新アッシリア王国時代と呼ばれる。名前の意味は「アダド神は我を助ける」である。

アッシュール・ダン2世の息子として生まれた。アッシリアの勢力回復の第一歩となった父王を引き続いてアッシリアの基盤を作った。「アッシュールの地」の回復を掲げて遠征を繰り返し、アラム人勢力を抑えて数世紀来の混乱で失われたアッシリアの領土を回復するとともに、バビロニアの侵入を排除して南の国境を固めた。

死後、息子のトゥクルティ・ニヌルタ2世が王位を継いだ。

アッシリアの編年[編集]

彼の治世以降のアッシリア、即ち新アッシリア王国時代は、古代オリエント史上最も記録が多く残されている時代であり、多くの出来事について非常に正確な年代を割り出す事ができる。


先代:
アッシュール・ダン2世
新アッシリア王
前911年 - 前891年
次代:
トゥクルティ・ニヌルタ2世