プロジェクト:文化遺産保護制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウィキプロジェクト 文化遺産保護制度は、文化遺産保護制度関連の記事の整理を主目的としたウィキプロジェクトです。

趣旨[編集]

ウィキプロジェクト 文化遺産保護制度は、文化遺産保護制度関連の記事における次のような課題を解決するために設置されています。

  • 文化遺産保護制度は、カバーする範囲が自然科学・社会科学・人文科学と分野横断的であるため、分野間の調整が困難です。例えば、史跡天然記念物は、共に文化財保護法で規定されている概念なのですが、史跡は主に歴史学の範囲に含まれ、天然記念物は主に生物学や地学の範囲に含まれますので、カテゴリ整備などに関する議論はそれぞれの分野内で完結してしまいがちです。同じ法律でカバーする対象として整合性を取るためには、調整を行う場が必要です。
  • 文化遺産保護制度で使われる用語は多義であることが多いため、混乱を避ける必要があります。例えば「史跡」という用語は、1.歴史的な名所旧跡全般、2.公的機関が歴史的価値を認めて指定した場所、3.日本の文化財保護法および条例上の「史跡」(アメリカ合衆国国定史跡は含まない)、4.文化財保護法上の「史跡」(条例上の「史跡」は含まない)、と広狭さまざまに解釈可能です。このため、用語の定義について一体的に検討する場が必要です。

参加者[編集]

プロジェクトに参加してくださる方は以下に署名(*~~~チルダ3つ)をお願いします。

役に立ちそうなページ[編集]

プロジェクトの位置付け[編集]

上位プロジェクト[編集]

今のところありません。

下位プロジェクト[編集]

今のところありません。

関連するプロジェクト[編集]

ガイドライン[編集]

カテゴリ[編集]

Category:文化遺産保護制度が設置されています。

現在、Category:国宝Category:重要文化財Category:無形文化財Category:記念物Category:史跡Category:天然記念物などのカテゴリは、日本の文化財保護法上の概念のみを含むものがあったり、地方公共団体の文化財保護条例上の概念も含むものがあったり、日本以外の国の制度も含むものがあったりと、一貫性もなくバラバラの状態となっています。これらを整理することも本プロジェクトの大きな目的です。

テンプレート[編集]

カテゴリページへの告知用に、以下の{{ウィキプロジェクト文化遺産保護制度カテゴリ}}を使用します。