シャルマネセル4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シャルマネセル4世Shalmaneser IV、在位:紀元前783年 - 紀元前773年)は新アッシリア王国時代のアッシリア。彼の治世に関する情報は少ない。アッカド語ではシャルマヌ・アシャレド(Shulmanu asharid)と表記される。名前の意味は「シャルマヌ神は至高なり」である。

来歴[編集]

彼はアダド・ニラリ3世の息子として生まれた。前王時代に続いて宦官の勢力が強かった。彼の記録は殆ど無く、宦官等が彼の名前で記念碑を立てた事によってわずかな情報が得られるのみである。また父王の時代に軍総司令官の座についたシャムシ・イル英語版は、シャルマネセル4世の時代にはその影響力を拡大し、この後3代に渡って権勢を振るう事になる。

同王の治世中にシャムシ・イルがウラルトゥ王国に遠征を行った事が記録されている他、紀元前773年にもシリアへ遠征があった。死後、弟のアッシュール・ダン3世が王座を継いだ。


先代:
アダド・ニラリ3世
新アッシリア王
前783年 - 前772年
次代:
アッシュール・ダン3世