黒色オベリスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒色オベリスク
The Black Obelisk of Shalmaneser III, 9th century BC, from Nimrud, Iraq. The British Museum.jpg
シャルマネセル3世の黒色オベリスク。大英博物館収蔵。アッシュルナツィルパル1世の白色オベリスクと並べられている。
材質石灰岩
寸法高さ約1.98メートル、幅45センチメートル
文字アッシリア語
製作前827年-前824年
発見ニムルドイラク
北緯36度05分53秒 東経43度19分44秒 / 北緯36.09806度 東経43.32889度 / 36.09806; 43.32889座標: 北緯36度05分53秒 東経43度19分44秒 / 北緯36.09806度 東経43.32889度 / 36.09806; 43.32889
所蔵大英博物館ロンドン
登録ME 118885
出土地

黒色オベリスクは黒石灰岩製のアッシリアの彫刻作品英語版であり、多くの場面が浅浮彫で描かれ、碑文が刻まれている。シャルマネセル3世(在位:前858年-前824年)の事績を記念したもので、北部イラクニムルド(古代のカルフ)で発見された。大英博物館で展示されており、他のいくつかの博物館がレプリカを置いている。

現在までに発見されている2点のアッシリアのオベリスクの1つであり、もう一つはアッシュルナツィルパル1世の白色オベリスク(白色オベリスクは黒色オベリスクよりもずっと早くに作られた作品である)である。歴史学的に重要である。これは『旧約聖書』の登場人物-イスラエル王イエフ-を描いた最も古い古代の描写であるためである。このオベリスクの碑文に登場する「Yaw」をイエフ(Jehu)とする伝統的な見解は複数の学者から疑問視されており、こうした学者らは「Yaw」を別のイスラエル王ヨラム(Jehoram)であるとしている[1][2]。また、碑文で言及されている「Parsua」はペルシア人に対する最古の言及でもある。

特定可能な地域および人々から貢納が集められていることがわかる。黒色オベリスクは内戦時の前825年にニムルドの中央の広場に公共の記念碑として建立された。そして西暦1846年に考古学者オースティン・ヘンリー・レヤード卿によって発見され、現在では大英博物館に収蔵されている。


概要[編集]

各面に5層ずつ、20のレリーフが刻まれている。各層がそれぞれ異なる5人の征服された王たちを描いており、彼らはアッシリア王の前に平伏し貢物を捧げている。彼らは上部から下方へ順番に(1)ギルザヌ(北西イランにある)のスア(Sua)、(2)ビート・オムリのヤウア(Yaua、オムリ家英語版のイエフ)、(3)ムスリの名前不明の君主、(4)スヒ(Suhi、ユーフラテス川中流、シリアとイラクに跨る地域)のマルドゥク・アピル・ウツル、(5)パティン(Patin、トルコアンタキヤ地方)のクァルパルンダ(Qalparunda)である。それぞれの場面がオベリスクを巡る4つのパネルで構成され、上側に刻まれた楔形文字文書で説明されている。

これらのレリーフの上部と下部にはシャルマネセル3世の年代記を記した長文の楔形文字文書がある。これにはシャルマネセル3世と、その最高司令官が治世31年まで毎年を行っていた遠征がリストされている。いくつかの特徴から、このオベリスクが最高司令官ダヤン・アッシュール(Dayyan-Assur)によって建てられていた可能性があり得る。

第2層[編集]

シャルマネセル3世に膝まづくイエフJehu[3]。これは「イスラエル人ないしユダヤ人の君主を描いた唯一の古代中東の肖像である[4]
Ia-ú-a mar Hu-um-ri-i (アッカド語: 𒅀𒌑𒀀 𒈥 𒄷𒌝𒊑𒄿):「オムリの古イエフ

上から2番目の英語版は現存する最古の『旧約聖書』の登場人物の図像を含んでいると考えられている。この層に描かれている人物の名前はmIa-ú-a mar mHu-um-ri-iであると見られる。ヘンリー・ローリンソンによる1850年の代表作『On the Inscriptions of Assyria and Babylonia』における原文訳は次のように説明されている。「第2層の貢物はフビリ(Hubiri)の子ヤフア(Yahua)によって運ばれたと述べられている。この君主はオベリスクに刻まれた年代記で言及されておらず、それ故にどこの国の人物だったのかについて私はわからない[5][6]。」1年以上後、エドワード・ヒンクス師によって聖書との繋がりが指摘された。彼は1851年8月21日の日記に次ぎのように書いている。「このオベリスクに描かれた虜囚たちの1人をイスラエルの王イエフと特定する考え、この点に自分自身を満足させ、これを発表する手紙をアテナエウムに書いた[7]。ヒンクスの手紙は同じ日にイギリスの文芸雑誌アテナエウム英語版で「Nimrud Obelisk」というタイトルで発表された[8]。ヒンクスによるこの特定は現代では聖書考古学者たちの一般的な見解となっている。

「ヤフア(Yahua)」とイエフの同定はジョージ・スミスのような同時代の学者や[9]、同様に最近ではピーター・カイル・マッカーター(Peter Kyle McCarter)やエドウィン・ティーレによって疑問視されている[1][2]。彼らはイエフがオムリ家の人物ではないことや、音訳および編年の問題に基づきこの同定に疑問を投げかけている。しかしながら、この名前は「オムリの子(Bit-Khumri、オムリ家)ヤウ(Yaw)」と読み、聖書に登場するイスラエルイエフと見なすというヒンクスの見解に従うことが一般的な見解となっている。

このオベリスクは前841年にイエフが貢物を運んできたか、あるいは送ってきた様子を描いている[10]イエフイスラエルフェニキアおよびユダの同盟を破棄しアッシリアに臣従した。この場面の上のキャプションはアッシリア楔形文字で書かれており、次のように訳すことができる[4]

「余はオムリアッカド語: 𒅀𒌑𒀀 𒈥 𒄷𒌝𒊑𒄿)の子イアウア(Iaua、イエフ)の貢物を受け取った。銀、金、黄金の容器、尖底の黄金の壺、黄金の酒器(tumblers)、黄金の桶(buckets)、錫、王勺(と)槍を。」[4]

レプリカ[編集]

黒色オベリスクのレプリカがシカゴシカゴ大学東洋研究所英語版ケンブリッジにあるハーバード大学のセム博物館ワシントン・D・Cにあるアメリカ・カトリック大学英語版のセム学科(Semitic Department)にあるICORライブラリ、オレゴン州セーラムにあるコーバン大学プレウィット=アレン考古学博物館英語版ミシガン州ベリアン・スプリングス英語版にあるアンドリュース大学英語版シークフリード・H・ホーン博物館英語版、ペンシルベニア州ピッツバーグにあるケルソー中東考古学博物館(Kelso Museum of Near Eastern Archaeology)、ニュージーランドクライストチャーチにあるカンタベリー博物館英語版デンマークにあるオーフス大学古代美術博物館英語版、オランダのオーファーアイセル州カンペンにあるTheological University of the Reformed Churches東京の聖書考古学資料館にある。

シャルマネセル3世へのユダヤ人代表団。第2層の4つの浮彫で構成されている(黒色オベリスク、前841年-前840年)[14]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b P. Kyle McCarter, Bulletin of the American Schools of Oriental Research, No. 216 (Dec., 1974), pp. 5–7
  2. ^ a b Edwin R. Thiele, Bulletin of the American Schools of Oriental Research, No. 222 (Apr., 1976), pp. 19–23
  3. ^ Kuan, Jeffrey Kah-Jin (2016) (英語). Neo-Assyrian Historical Inscriptions and Syria-Palestine: Israelite/Judean-Tyrian-Damascene Political and Commercial Relations in the Ninth-Eighth Centuries BCE. Wipf and Stock Publishers. pp. 64-66. ISBN 978-1-4982-8143-0. https://books.google.com/books?id=zMOqCwAAQBAJ&pg=PA65 
  4. ^ a b c d Cohen, Ada; Kangas, Steven E. (2010) (英語). Assyrian Reliefs from the Palace of Ashurnasirpal II: A Cultural Biography. UPNE. p. 127. ISBN 978-1-58465-817-7. https://books.google.com/books?id=uRKU0YXBWtgC&pg=PA127 
  5. ^ On the Inscriptions of Assyria and Babylonia, 1850
  6. ^ The Bible in the British Museum: Interpreting the Evidence, T. C. Mitchell英語版, page 14
  7. ^ Studies on the Text and Versions of the Hebrew Bible in Honour of Robert Gordon, edited by Geoffrey Khan, Diana Lipton, p. 159
  8. ^ "Nimrud Obelisk, Athenaeum, 1251, 1384-85
  9. ^ Assyrian Eponym Canon, George Smith, 1875, page 190, 「前842年の年代記(抜粋VIIIおよびX)には「オムリの子イエフ」と呼ばれる別のヘブライ王と思われる人物がいる。彼は一般にイスラエル王「ニムシ(Nimshi)の子イエフ」と同定されている。この「オムリの子イエフ」が統治していた国はこの碑文内では語られていない。そして、イエフはオムリの家族を皆殺しにした人物であり、自身をオムリの子と名乗ることことは想定し難い。このオベリスクの碑文で言及されている君主を特定するための他の説を進めるわけではないが、私は聖書のイエフとこの碑文のイエフが同一人物であるということは証明されていないこと、そしてこれらの言及は我らの聖書の全ての年代を改めるのに十分なものではないと強く主張する。」
  10. ^ Millard, Alan (1997) Discoveries from Bible Times, Oxford, Lion, p121
  11. ^ Delitzsch, Friedrich; McCormack, Joseph; Carruth, William Herbert; Robinson, Lydia Gillingham (1906). Babel and Bible;. Chicago, The Open court publishing company. p. 78. https://archive.org/stream/babelbibl00deli/babelbibl00deli#page/78/mode/1up 
  12. ^ Delitzsch, Friedrich; McCormack, Joseph; Carruth, William Herbert; Robinson, Lydia Gillingham (1906). Babel and Bible;. Chicago, The Open court publishing company. p. 78. https://archive.org/stream/babelbibl00deli/babelbibl00deli#page/78/mode/1up 
  13. ^ Kuan, Jeffrey Kah-Jin (2016) (英語). Neo-Assyrian Historical Inscriptions and Syria-Palestine: Israelite/Judean-Tyrian-Damascene Political and Commercial Relations in the Ninth-Eighth Centuries BCE. Wipf and Stock Publishers. pp. 64-66. ISBN 978-1-4982-8143-0. https://books.google.com/books?id=zMOqCwAAQBAJ&pg=PA65 
  14. ^ Delitzsch, Friedrich; McCormack, Joseph; Carruth, William Herbert; Robinson, Lydia Gillingham (1906). Babel and Bible;. Chicago, The Open court publishing company. p. 78. https://archive.org/stream/babelbibl00deli/babelbibl00deli#page/78/mode/1up 

外部リンク[編集]