ウラルトゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウラルトゥ
ミタンニ 前860年 - 前585年 メディア王国
:en:Satrapy of Armenia
ウラルトゥの位置
前9世紀から前6世紀のウラルトゥの版図
公用語 ウラルトゥ語en:Proto-Armenian language
首都 アルザシュクン英語版トゥシュパ英語版
君主
xxxx年 - xxxx年 不明
変遷
不明 xxxx年xx月xx日

ウラルトゥ紀元前9世紀ごろから紀元前585年までアナトリアに存在した王国。その版図は、現在のトルコ東部のヴァン湖周辺を中心に、メソポタミア北部からコーカサス南部にわたった。

名称[編集]

「ウラルトゥ」という呼称は、同時期に覇を競ったアッシリア人たちが呼んだ名である。王国は、ウラルトゥ語ビアインリ(Biainli)と呼ばれ、これは「ヴァン」(Van)の語源となった。また、「ウラルトゥ」の名はアララト山(Ararat)とも関係づけられる。

また、「ハルディ(en)」と呼ばれる神を信仰していたことから、「ハルディア(Haldia)」とも称された[1]

歴史[編集]

ウラルトゥ王国の最大版図(黄色)(紀元前743年頃)。緑色はアッシリア帝国の版図

前史[編集]

紀元前1250年ごろのアッシリアの文書は、「ウルアトリ(Uruatri)」または「ナイリ(Nairi)」と呼ばれる民族とのゆるやかな同盟関係に言及している。現在知られているウラルトゥについての情報のほとんどは、アッシリアの文書から得られたものである。

黎明期[編集]

その民族は、紀元前860年から紀元前830年のあいだに、王アラマルティプリの下で黎明期を迎え、王国を形成した。首都は、初期の頃にはアルザシュクン英語版に置かれていた。

拡大期[編集]

その息子サルドゥリ1世の下で、紀元前832年頃に現在のヴァンのあたりに遷都しトゥシュパ英語版(Tushpa)と呼ばれた。ウラルトゥ王国はメヌア(メヌアシュ)からサルドゥリ(サルドゥリシュ)2世の時代が最盛期[1]で、最盛期にはアルメニア高原の全域を含み、東は現在のタブリーズを越え、南はティグリス川、西はユーフラテス川の上流域にまで至った。

衰退期・滅亡[編集]

紀元前714年には、ウラルトゥの王ルサ1世(Rusa)がサルゴン2世率いるアッシリア軍に大敗して王は自殺に追い込まれた。この戦い以降、ウラルトゥ王国はアッシリアと幾度か戦った(ウラルトゥ・アッシリア戦争英語版紀元前714年 - 紀元前585年)。ウラルトゥ王国は、キンメリア人やアッシリアの攻撃に苦しんだ。紀元前585年スキタイ人の攻撃によってウラルトゥ王国は滅んだ。アケメネス朝の成立後、この地にアルメニア人が定住した(アルメニア英語版紀元前553年 - 紀元前331年)。

発掘[編集]

紀元後5世紀ごろ以降、ウラルトゥの存在は忘れ去られていたが、18世紀19世紀の発掘によって再発見された。

言語系統[編集]

ウラルトゥ語は、フルリ・ウラルトゥ語族に分類される膠着語である。フルリ人が築いたミタンニ王国(紀元前1500年頃 - 紀元前1270年頃)で使用されたフルリ語と近縁関係にある。

歴代国王[編集]

ケフ・カレシ出土の礎石(ルサ2世時代)。アナトリア文明博物館(アンカラ)蔵

黎明期[編集]

拡大期[編集]

衰退期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 杉「ウラルトゥ王国」『アジア歴史事典 1』

参考文献[編集]

  • Boris B. Piotrovsky, The Ancient Civilization of Urartu (translated from Russian by James Hogarth), New York:Cowles Book Company, 1969.
  • ボリス・ピオトロフスキー著, 加藤九祚訳, 「埋もれた古代王国の謎―幻の国ウラルトゥを探る」岩波書店, (1981年)
  • 杉勇「ウラルトゥ王国」(『アジア歴史事典 1』(平凡社、1984年))

 

関連項目[編集]