ニキビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尋常性痤瘡
(ニキビ)
Akne-jugend.jpg
14歳の思春期男性頭部に出現したニキビ。
軽度の炎症を起こしている。
分類及び外部参照情報
ICD-10 L70.0
ICD-9 706.1
DiseasesDB 10765
MedlinePlus 000873
eMedicine derm/2
Patient UK ニキビ
MeSH D000152
顔・体幹部に出現したニキビ
黒ニキビを潰して出てきた皮脂の塊(角栓

ニキビ面皰: acne, spots, zits, en:Acne_vulgaris)とは、皮膚炎症性疾患。顔・胸・背に見られるものは、医学的に尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)、または単に痤瘡(ざそう)という。一般にニキビという語は青年の顔面に発生するものをいい、それ以外のものは吹き出物(ふきでもの)ということも多い。ニキビの語源は諸説ある[1]

原因と症状[編集]

ニキビは、毛包 (毛穴) がホルモン細菌皮脂の相互作用によって炎症を起こすことでできる。従って、皮脂が多く分泌される部位にできやすい。ニキビは、皮脂を分泌する毛穴が詰まるところから始まる。詰まった毛穴の中に乾いた皮脂や角質(死んだ細胞)がたまり、この状態が黒ニキビ(毛穴が開いて中身が見えている状態)または白ニキビ(毛穴が閉じている状態)と呼ばれるものである。

黒ニキビ、白ニキビの状態から赤いニキビを作り出すのは、ブドウ球菌と同様に皮膚に非常に多く存在する皮膚常在菌のアクネ桿菌(プロピオニイバクテリウム・アクネス英語版P.acnes)である。アクネ桿菌は、嫌気性の細菌のため酸素のない脂腺の奥に生息する。また、皮脂を好むため、詰まった毛穴の中で皮脂を栄養として過剰に増殖し、脂肪分解酵素のリパーゼを分泌し、皮脂を遊離脂肪酸にしてコメドとなる。また紫外線や空気中の酸素が皮脂を過酸化脂質に変化させる。このように皮脂が遊離脂肪酸へ変化し酸化され過酸化脂質へと酸化された結果、炎症が起きて赤くなったり、がたまって黄色い部分ができるという症状が出る。また、さらに進行すると、毛穴が破れて中身が流れ出し炎症が広がることもある。その場合は皮膚の深い部分を傷つけてしまうため、炎症が治っても痕(瘢痕あばた)が残る場合が多い。なお、ニキビのできるメカニズムは完全には解明されていない。また粉瘤腫というほぼ同じ外見の腫れが身体のいずれかの場所にできる場合もあるが発生機序は異なり、治療方法も切開が必要である等の違いがある。

化粧品の使用は毛穴を詰まらせ、にきびを悪化させる場合がある。チョコレートなど特定の食品や性行動が原因とする噂があるが、科学的根拠は存在しない。思春期に発生するものはテストステロンの分泌量移行に対する反応であることが多い。ほとんどの人では、その反応は時間がたつにつれて減少する。その結果、20代前半までにはにきびは改善するか少なくともその数を減じる。 またホルモン分泌の乱れや、睡眠不足ストレスや食生活などの不摂生な生活によっても皮脂分泌が多くなる。

ニキビでの皮膚科受診者数は女性の方が圧倒的に多い。男性の5倍程である。女性が軽症にもかかわらず皮膚科医受診しているわけではない。女性ホルモンの分泌量が増加し、男性ホルモンが減少する月経前にニキビが悪化することはよく知られている。20代女性の皮膚科受診者数が顕著に多い。一方、男性は20代に入ると皮膚科受診者数は減少する。[2]

時にベーチェット病Sweet病(好中球性皮膚症)、潰瘍性大腸炎に伴う壊疽性膿皮症などの随伴症状であることがあり、注意を要する。[3]

疫学的調査[編集]

サハラ砂漠以南のアフリカ諸国以外、世界的にニキビ有病率は増加傾向にある[4]。特に東アジアほど有病率が高く、途上国より先進国で有病率が高い[4]。男性より女性で有病率が高く、15歳がピークとなっている[4]。10歳と20歳の有病率がほぼ同じ水準[4]。内因性アンドロゲンであるジヒドロテストステロン(DHT)は男性と女性でニキビの原因となりうる[4]

2011年に行われたナイジェリアの南西部に位置するイバダンでの調査報告[5]。464人の学生のデータを分析した結果、被験者の標準偏差年齢は13.6歳(±3.6歳)、平均BMI指数は17.8kg/m2であり、合計299人(64.4%)が尋常性ざ瘡を有することが見出された[5]。ニキビが頻出していた人で報告が多かったのは、毎日牛乳を飲んでいる(72.6% vs. 62.0%; P=0.035)、 コーン(76.6% vs. 62.3%; P=0.016)、フライドビーフ(75.0% vs. 62.1%; P=0.042)、ケーキ(77.8% vs. 62.3%; P=0.012)[5]。ニキビが少ない学生に共通していたのは、毎日バナナを食べていた(55.3% vs. 67.6%; P=0.032)[5]

中等度から重度のニキビが無脂肪乳、チーズ、ヨーグルト、お菓子、ケーキ、チョコレート、1親等の肥満(BMI≥30)家族歴、牛乳の高摂取、魚の低摂取、果物・野菜の低摂取がニキビと関連している[6]

西洋型の食事に特徴づけられた、高血糖炭水化物・ミルク・飽和脂肪の過剰摂取は、尋常性ざ瘡の発症・悪化に関係している[7]

ニキビに対するグリセミック指数血糖負荷と牛乳の影響を、内分泌学的メカニズムの説明だけでなく食事の変更に関連する臨床的エビデンスを提供する[8]

18 - 25歳の248人(男性115人・女性133人)に対して脂肪・砂糖・果物・野菜の摂取傾向を2012年1月 - 5月にニューヨーク市で調査した[9]。中度から重度のニキビ患者は、グリセミック指数(P<0.001)、砂糖(P<0.001)、1日の牛乳摂取量(P<0.001)、飽和脂肪酸(P<0.001)、トランス脂肪酸(P<0.001)、1日の魚摂取(P=0.002)と関連があった[9]

2012年にフランスで行われた15 - 24歳を対象とした疫学的な調査では、チョコレートや甘いお菓子を毎日食べている人はニキビになるリスクが2.38倍であった[10]。一方、タバコを毎日10本以上吸っている人はリスクが0.44倍、大麻を使用している者はリスクが2.88倍であった[10]。これらは統計学的に有意でありニキビに関連していることが分かった[10]。砂糖・脂質・ミルクの関連については未調査[10]

ミルクは潜在的なニキビの原因として最も検討すべき要因の一つである[11]乳清タンパク質の含有量が高い場合は特にIGF-1レベルの増加を誘発する[11]。IGF-1は[皮膚細胞の成長・分裂を促進し、皮脂産生、黄体形成ホルモンおよびエストロゲン産生の効果がある[11]。したがって、乳由来タンパク質のサプリメントの使用によって誘発されたニキビのメカニズムに関連し得まる[11]。IGF-1の上昇は例えば、アンドロゲン成長ホルモングルココルチコイドなどの面皰因子を媒介すると思われる[11]

西洋食によってmTORC1シグナル伝達が増強され、BMI指数が増加しインスリン抵抗性および早期初潮とニキビ発症の関連を説明できる[12]

この10年間でニキビの背後にあるメカニズムの理解が指数関数的である[13]。西洋食、乳製品、FOXO1mTORC1の相互作用やアゴニストおよびアンタゴニストの役割は解明されつつある[13]

思春期の成長ホルモンおよびインスリンとIGF-1(インスリン様成長因子1)伝達の相互作用を支持するエビデンスが増えてきている[14]副腎性腺のアンドロゲン代謝に影響を与えることによってざ瘡の病因における因果的役割を有している[14]。牛乳摂取と高血糖の食事は、インスリンおよびIGF-1媒介PI3K/Aktの活性化により皮脂腺生成細胞ケラチン生成細胞の増殖、脂質生成・皮脂性を誘導しニキビを悪化させる[14]。様々な症候群の一部としてニキビの発生は、IGF-1とニキビの間の相関を支持する証拠を提供する[14]

中程度から重度のニキビは、一親等の親族にニキビ患者がいる家族歴に強く関係していた(オッズ比3.41、95%信頼区間2.31-5.05)[15]。女性と比較し、男性でBMI指数が低い人ほどリスクは減少する[15]。喫煙との関連はみられない[15]。ミルクの摂取が多いとリスクが増加し、週3以上の摂取では(オッズ比1.78、95%信頼区間1.22-2.59)であった[15]全乳より無脂肪乳でリスクが高まる[15]。魚の摂取は保護影響(オッズ比0.68、95%信頼区間0.47-0.99)と関係していた[15]月経とニキビの関連はみられなかった[15]

牛乳の摂取制限は、肥満・糖尿病・癌・神経変性疾患・ニキビなどの流行疾患の予防に多大な影響を与える[16]

牛乳はニキビに悪影響である[17]

牛乳の摂取量はニキビの有病率と重症度を増加させる研究報告がある[18]。乳製品やグリセミック指数が高い食品の影響があることを支持する説得力のあるデータが存在する[18]

ハーバード大学公衆衛生学部が4,237人の男性を対象とした調査では、総ミルク1.16 (95%CL 1.01-1.34, p=0.77)、全乳(2%)1.10(95%Cl 0.94-1.28, p=0.83)、低脂肪乳(1%)1.17(95%Cl 0.99-1.39, p=0.08)、無脂肪乳1.19 (95%Cl 1.01-1.40, p=0.02)[19]。無脂肪乳の摂取量とニキビの間に正の関連を示している[19]

ハーバード大学公衆衛生学部が47,355人の女性を対象とした調査では、総ミルク1.22(95%Cl 1.03-1.44, p=0.002)、全乳1.12(95%Cl 1.00-1.25, p=0.56)、低脂肪乳1.16(95%Cl 1.01-1.34, p=0.25)、無脂肪乳1.44(95%Cl 1.21-1.72, p=0.003)[20]。インスタントの朝食と飲み物、シャーベットカッテージチーズクリームチーズもニキビと積極的に関連していた[20]。全乳と無脂肪乳の摂取がニキビと正の関連を示している[20]

治療[編集]

以下のような目的に沿って、治療薬の処方や生活指導が行われる。

  • 抗酸化物質の塗布
  • アクネ菌の殺菌
  • 厚くなった角質を正常化させる
  • 皮脂分泌の正常化

一般的なにきび治療は、にきびができた部位を、日に1〜2回低刺激性のせっけんで洗うのが望ましい[21]。抗菌せっけんやスクラブ入りせっけんの使用は、有用な皮膚常在菌を過剰に洗い流し、且つ皮膚を刺激し悪化させる恐れがある[21]

医薬品による治療[編集]

現在日本では、一般的に皮膚科で処方されるニキビ治療には外用の局所抗菌剤として、ダラシンゲル(クリンダマイシン)、ナジフロキサシン()の2種類のほか、殺菌作用を持つベピオ®ゲル2.5%(過酸化ベンゾイル; : Benzoyl peroxide 2.5% w/w.)や抗炎症剤が使われている。外用の抗菌薬が効かない場合、毛穴の詰まりを取る効果のあるトレチノインなどを使うが、トレチノインは日光に対し過敏になる作用があり慎重な処方が行われる必要がある[要出典]。2008年7月にアダパレン(商品名ディフェリン®ゲル0.1%)が日本で認可された(それまではアダパレンは自由診療もしくは個人輸入でしか用いられなかった。)。処方なしで入手できる物として、サリチル酸レゾルシノール硫黄を含んだクリーム状の薬(軟膏)で、これらは吹き出ものを乾かす効果があるが、若干のかさつきが生じる場合がある[21]。 尋常性痤瘡治療ガイドラインでは、軽症ではアダパレン外用と抗菌剤外用を推奨している。[22]

古くからある民間療法としては、硫黄液がある。粉末硫黄(薬屋で沈降硫黄を取り寄せる)を薬瓶の中で水溶液にして(傷薬や美容液を加えても良し)、爪楊枝の柄を使用し患部に塗る方法である。硫黄は、吹き出物治療には大変有効である。硫黄が角質を軟化させ剥がれ易くすることで毛穴の目詰まりを防ぎ、皮脂抑制、乾燥効果などが得られのである。また、硫黄の黄色みが炎症の赤みを隠してくれる。硫黄の黄色みが目立たない様に薄く塗ることが肝要。擦るのではなく、被せる様に塗ること。

漢方薬十味敗毒湯荊芥連翹湯麻杏薏甘湯抑肝散加陳皮半夏により治療効果があったとする報告もある[23]

欧米で主流のイソトレチノイン内服療法によるとされる重篤な副作用は、先行して長期内服する抗生物質の影響が示唆されている[24]FDA Medwatch Reportsの有害事象レポートによると、1位の炎症性腸疾患、3位の潰瘍性大腸炎、5位のクローン病(これらはIBDに分類される)、6位の過敏性腸症候群、などはイソトレチノインとの因果関係はメタ分析の結果、リスク増加とは関連付けられていない[25]。2位のうつ病、7位の自殺念慮、9位の不安、などの精神症状もイソトレチノインの影響ではなく、むしろ有意にハミルトンうつ病評価尺度を減少させた[26]。一方、ミノサイクリンは健常者の臨床試験において強い状態不安が観察されている[27]。4位、12位、15位の妊娠関連兆候も抗生物質の影響で起こりうる作用であり、イソトレチノインの影響は疑問である。催奇形性はイソトレチノインの動物実験で確認されているが、製薬会社は当初、催奇形性カテゴリCと設定していた。先行して服用するミノサイクリンやドキシサイクリンは催奇形性カテゴリDであり、ヒト胎児の催奇形性に関しては確定的である。

ミノサイクリンはカンナビノイド2受容体作用を有することが示唆されており[28]IBDに関連し得る[29]

抗生物質内服療法[編集]

ミノサイクリン・ドキシサイクリン・テトラサイクリン・エリスロマイシンなどは、尋常性痤瘡(いわゆるニキビ)の治療に対して適応外処方であり、本来レセプト上は表在性皮膚感染症でなければ保険適用されない[30]。痤瘡の適応があるのはロキシスロマイシン(商品名:ルリッドなど)のみである。

白血球数(好中球)に影響することがあり、Sweet病(急性熱性好中球性皮膚症)が起こることがある。2015年から添付文書に追加された[31]

システマティック・レビューでは、有効な治療法であることが示されたが、他の一般的なニキビ治療法よりも優れている証拠は無かった[32]。ミノサイクリンとドキシサイクリンがより重篤な有害作用と関連していることが示唆された[32]。第一線での治療法として正当化できる、信頼性のあるエビデンスは見つからなかった[32]。他のテトラサイクリン系抗生物質と比較して安全性に懸念が残る[32]

日本皮膚科学会のニキビ治療ガイドライン[33]では、上記文献[32]を引用し「stematic review[32]において推奨されている.」として「強く推奨する」としている[34]

海外ではミノサイクリン・ドキシサイクリン内服は持続放出剤(ER)が用いられている[35]米国では体重毎に1mg/kg用量でSolodynまたはMinocycline ERが処方されている[35]。用量が多過ぎると有効性が落ち、重篤な副作用のリスクが高まる為としている[35]。2016年3月時点でSolodyn30錠入りボトルが$1,000を超えている。

ミノサイクリンの1mg/kg放出調整剤英語版であるSolodynの添付文書には「非炎症性病変に対して改善または悪化に影響しない」と記載されている[36]。'

米国におけるニキビ治療用放出調整剤英語版ミノサイクリン
体重 1日用量 体重1kgあたりの用量 名称
45 - 49 kg 45 mg 1.00 - 0.92 mg/kg Minocycline ER
50 - 59 kg 55 mg 1.10 - 0.93 mg/kg Solodyn
60 - 71 kg 65 mg 1.08 - 0.92 mg/kg Solodyn
72 - 84 kg 80 mg 1.11 - 0.95 mg/kg Solodyn
85 - 96 kg 90 mg 1.06 - 0.94 mg/kg Minocycline ER
97 - 110 kg 105 mg 1.08 - 0.95 mg/kg Solodyn
111 - 125 kg 115 mg 1.04 - 0.92 mg/kg Solodyn
126 - 136 kg 135 mg 1.07 - 0.99 mg/kg Minocycline ER

米国皮膚科は抗生物質の平均使用期間が331.3日、33.6%が1年以上の使用[37]。複数の医療機関を利用しているケースに限ると平均使用期間は380.2日[37]。抗生物質の第一選択肢としてミノサイクリンが44.4%、ドキシサイクリンが40.5%、アジスロマイシンが3.2%。第二選択肢はアジスロマイシンが20.3%[37]。ドキシサイクリン使用者の80%が次にミノサイクリンを使用した可能性が高い[37]

イソトレチノイン内服療法[編集]

海外でニキビ治療の主流となっているイソトレチノイン英語版は、日本では副作用の懸念から未承認医薬品となっている[38]

1998-2011年英国の医薬品有害事象報告では、イソトレチノインの100万処方ベース報告数は自殺既遂が全医薬品中3番目の89件(95%Cl:61-126)、自殺未遂が全医薬品中3番目の197件(95%Cl:154-249)、うつ病が全医薬品中3番目の553件(95%Cl:479-636)であった[39]

オーストラリアのコンセンサス。イソトレチノインと精神疾患の因果関係は論争が続いているが、最近の系統的レビューはこの関係を支持する証拠を提示している。この証拠に照らして皮膚科医と精神科医は青年におけるイソトレチノインの安全な処方をサポートするために協力している[40]

Sundström et al.(BMJ 2010; 341: c5812)[41]の報告では、6ヶ月以内の自殺企図はイソトレチノイン治療の終了後だったと結論付けている。Sundströmらはまた、自殺リスクが治療前に既に上昇していて、追加的なリスクはイソトレチノインに起因するものではないと述べている[42]

ニキビでイソトレチノイン治療の自殺未遂に関するスウェーデンのレトロスペクティブなコホート研究。イソトレチノイン治療中における自殺未遂の標準化発生率は高いが、イソトレチノイン治療開始前に上昇していた為、イソトレチノインのリスクを確立できなかった。イソトレチノインの処方が許可される条件の一つとして、テトラサイクリン系抗生物質治療で最低6ヶ月間改善しないことであった。この研究結果は、入院するほどの深刻なケースが対象であり外来患者や文書化されていないケースもあるため自殺未遂の発生率を過小評価している。症例報告や副作用の自発報告はイソトレチノインと自殺行動との関連を示唆しているが、観察研究は矛盾する結果を示している。人口レベルではイソトレチノイン治療が自殺関連行動を減らす可能性があることを示している。若年成体マウスへのイソトレチノイン慢性投与はうつ病関連行動を誘発することがあるが、成体ラットではみられていない。ヒトでは眼窩前頭皮質の代謝を減少させたが、うつ病の重症度増加は伴わなかった。結論として、自殺未遂歴がある患者はイソトレチノイン治療中に、より高い頻度で自殺関連行動を試み、自殺につながる可能性がある。しかし、自殺未遂歴がイソトレチノイン治療の禁忌である必要は無いかもしれない[43]

イソトレチノイン治療中に精神状態が悪化し、自殺未遂や自殺既遂を引き起こすことは薬剤と関連付けられているものの、依然として議論の余地がある。それは米国に於いても先行して長期使用されているテトラサイクリン系の影響か。FDAの有害事象報告データベースに於いて、イソトレチノインは自殺関連の報告件数が全医薬品中トップ10に入っている。英国の調査でも全医薬品中3番目に自殺既遂の報告が多かった。

イソトレチノインは、雄と雌のラットで不安誘発作用が無いことが示された。より高用量帯では活動の変化が緩やかに見られたが、環境や年齢の影響であると考えられる[44]

子宮内でイソトレチノインに曝露された乳児の推定20 - 35%に先天性欠損のリスクがある。出生前にイソトレチノインに曝露された子供の約30 - 60%で物理的欠損が存在しない場合に神経認知障害を示すことが報告されている[45]

いくつかの研究は、炎症性腸疾患(IBD)の発症がニキビ治療で処方されるイソトレチノインとの関係を主張している。米国食品医薬品局英語版有害事象報告システム英語版におけるイソトレチノイン関連IBDの不相応な弁護士主導による報告の存在を特定しようと調査した。イソトレチノイン関連IBDの報告は2214件あった。弁護士は1944件(87.8%)を報告し、医者は132件(6.0%)を報告し、消費者は112件の(5.1%)を報告した。全てのFAERS 2,451,314件のうち、87,905件(3.6%)が弁護士によって報告された。イソトレチノイン関連のIBD症例報告は弁護士主導によるインフレ化(5.82)で明確に歪曲されている。正確な報告数は確認できなかった[46]

2009年ロシュ社は、元アキュテイン使用者による炎症性腸疾患のクレームで数百万ドルの損害を受け、米国市場からアキュテイン撤退を決めた。

1998年全世界で800万人がイソトレチノインを使用していた。副作用として、神経過敏、情緒不安定、記憶喪失、異常思考、頭痛、疲労感、無気力、偽腫瘍脳腫瘍、協調運動障害、持続的な夢などが報告されている。うつ病や自殺は実証されていない[47]

イソトレチノイン(アキュテイン)は、うつ病や自殺企図に関連した報告が米国食品医薬品局(FDA)のデータベースでトップ10に入っている。義務兵役中の500人の兵士の調査で、5人の若年成人は平均してイソトレチノイン摂取から7.6ヶ月以内に躁精神病を発症している。そのうち3症例は自殺企図を伴い、3症例で精神病が6ヶ月以上続いた[48]

米国ミズーリ州セントルイスで行われた、12〜19歳の中〜重度ニキビ患者132人を対象とした気分変調のコホート研究。イソトレチノインはうつ病を増加させていなかった。それどころか、抑うつの減少と関連していた[49]

イソトレチノイン群(100)、対照群として経口抗生物質群(41)と局所抗生物質群(59)による前向きコホート研究。ベースラインと2ヶ月後でEpidemiologic Studies Depression scaleZung Depression Status Inventoryを評価した結果、イソトレチノインとうつ病の間に関連は示されなかった[50]

カナダサスカチュワン州Health Services Databasesからニキビ治療のイソトレチノイン使用者7,195人と経口抗生物質使用者13,700人、英国一般医療研究データベースからイソトレチノイン使用者340人と経口抗生物質使用者676人のデータが分析された。情報源に関わらず、イソトレチノイン使用群と経口抗生物質使用群は非使用群と比較して相対リスク評価はおよそ1.0であった。同様にイソトレチノイン使用前後においても相対リスク評価は1.0であった。現在イソトレチノイン使用者群と非使用者群における自殺と自殺未遂の相対リスク評価は0.9(95%信頼区間0.3-2.4)であった。この研究結果は、イソトレチノインの使用がうつ病や自殺または他の精神疾患のリスク増加と関連しているという証拠を示していない[51]

150人の中〜重度ニキビ患者は、3ヶ月間イソトレチノイン0.5mg/kg/日を経口摂取で治療された。ベースラインから3ヶ月後に、ニキビとハミルトンうつ病評価尺度の両方が減少し、それらは6ヶ月後も低いまま持続した。この研究結果は経口イソトレチノイン療法がニキビを顕著に改善することが証明された。うつ病スコアの著しい減少をもたらし、うつ病や自殺発生率増加傾向と関連していない[26]

家族歴や精神疾患歴のない、20歳のインド人女性におけるイソトレチノイン誘発性躁精神病の興味深い症例報告。イソトレチノイン誘発の精神医学的副作用は、うつ病や自殺企図が一般的であり、家族歴や精神病の既往歴がある患者に起こるとされている。イソトレチノインは非精神病薬として、うつ病と自殺企図の報告数がFDAのデータベースでトップ10に入る唯一の薬。しかし、精神病や強迫性障害、不安は稀な報告。この患者は、クエチアピン100mg、カルバマゼピン300mg、リスペリドン2mgが処方され、寛解したのでクエチアピン50mgの中止を試みたが睡眠障害を発症した[52]

治療薬による副作用[編集]

市販薬及び医療用医薬中に非ステロイド性外用薬として配合されるイブプロフェンピコノールを含有する薬剤(軟膏)による接触皮膚炎の発生が報告されている[53]

医薬品によらない治療[編集]

内服薬では、皮膚の新陳代謝を促すビタミンB2、皮膚の抵抗力を高めるビタミンB6の他、色素沈着などを防ぐ為にビタミンCを使用する。基本的に皮膚科での治療は上記に書かれたように保険適用の範囲内である外用の抗菌剤や抗炎症剤やビタミン剤だけであり、下記の美容行為は保険適用外であり治療費が高くなる。赤くなる前の段階(黒ニキビ、白ニキビ)を治療する薬は、海外にはあるが日本では認可されていない。しかし、その中には市販はされていないが開業医が自家調合することが可能な治療薬もある。[要出典]

1998年以降よりリン酸ビタミンCなどのビタミンC誘導体レチノイドのようなビタミンA誘導体リン酸ビタミンEのようなビタミンE誘導体といった皮膚に直接吸収されやすいビタミンを成分とした薬剤の外用塗布によって、抗酸化作用によるニキビの改善や色素沈着の改善が国内外で継続的に報告されている[54]。また、紅茶エキスによる治療効果も報告されている[55]

科学的な根拠は存在しないものの、チョコレートなどのスナック菓子や揚げ物などの油っこい食べ物はニキビの治療に好ましくないと言われている。野菜果物など食物繊維ビタミンを含んだ食べ物を多く摂取することによって改善する事も多いようである。[要出典]

民間療法薬の種類[編集]

鑑別疾患[編集]

類似の所見を示す別の疾患。

文化[編集]

前述の通り、ニキビは人に恋し恋される青年や思春期に主に用いられる言葉であり、日本ではそれを表現する「思い面瘡思われ面皰」(おもいおもくさおもわれにきび)といったことわざも存在する。また、ニキビ治療薬クレアラシルCM1986年島田奈美)では、「思い思われ振り振られ」(=思い、=思われ、左頬=振り、右頬=振られ)という、ニキビの部位による占いが登場したこともある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ニキビ・面皰(にきび) 語源由来辞典
  2. ^ 臨床統計 皮膚科専門医療機関における[ザ]瘡患者実態調査 川島 眞・赤松 浩彦・林 伸和 [他] 臨床皮膚科 62(9), 673-682, 2008-08 医学書院
  3. ^ 岡田 定 編, 最速!聖路加診断術, p.17
  4. ^ a b c d e Darren D Lynn, Tamara Umari,Cory A Dunnick, and Robert P Dellavalle. (2016-1-19). “The epidemiology of acne vulgaris in late adolescence”. Adolescent Health, Medicine and Therapeutics. 7: 13-25. doi:10.2147/ahmt.s55832. PMC 4769025. https://www.dovepress.com/the-epidemiology-of-acne-vulgaris-in-late-adolescence-peer-reviewed-article-ahmt. 
  5. ^ a b c d Okoro EO, Ogunbiyi AO, George AO, Subulade MO. (2016-1-8). “Association of diet with acne vulgaris among adolescents in Ibadan, southwest Nigeria.”. International Journal of Dermatology. 114 (3): 384-392. doi:10.1111/ijd.13166. PMID 26749364. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/ijd.13166/abstract. 
  6. ^ Grossi E, Cazzaniga S, Crotti S, Naldi L, Di Landro A, Ingordo V, Cusano F, Atzori L, Tripodi Cutrì F, Musumeci ML, Pezzarossa E, Bettoli V, Caproni M, Bonci A; GISED Acne Study Group. (2016). “The constellation of dietary factors in adolescent acne: a semantic connectivity map approach.”. J Eur Acad Dermatol Venereol. 30 (1): 96-100. doi:10.1111/jdv.12878. PMID 25438834. 
  7. ^ Melnik BC. (2015-12-24). “Is sebocyte-derived leptin the missing link between hyperseborrhea, ductal hypoxia, inflammation, and comedogenesis in acne vulgaris?”. Exp Dermatol. ePub. doi:10.1111/exd.12917. PMID 26660941. 
  8. ^ Bronsnick T, Murzaku EC, Rao BK. (2014-12). “Diet in dermatology: Part I. Atopic dermatitis, acne, and nonmelanoma skin cancer.”. J Am Acad Dermatol. 71 (6): 1039.e1-1039.e12. doi:10.1016/j.jaad.2014.06.015. PMID 25454036. 
  9. ^ a b Burris J, Rietkerk W, Woolf K. (2014). “Relationships of self-reported dietary factors and perceived acne severity in a cohort of New York young adults.”. J Acad Nutr Diet. 114 (3): 384-392. doi:10.1016/j.jand.2013.11.010. PMID 24412232. 
  10. ^ a b c d Wolkenstein P, Misery L, Amici JM, Maghia R, Branchoux S, Cazeau C, Voisard JJ, Taïeb C. (November 2014). “Smoking and dietary factors associated with moderate-to-severe acne in French adolescents and young adults: results of a survey using a representative sample.”. Dermatology. 230 (1): 34-39. doi:10.1159/000366195. PMID 25413494. 
  11. ^ a b c d e Pontes Tde C, Fernandes Filho GM, Trindade Ade S, Sobral Filho JF. (2013-11). “Incidence of acne vulgaris in young adult users of protein-calorie supplements in the city of João Pessoa--PB.”. An Bras Dermatol. 88 (6): 907-912. doi:10.1590/abd1806-4841.20132024. PMC 3900340. PMID 24474098. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3900340. 
  12. ^ Melnik BC, John SM, Plewig G. (2013-11). “Acne: risk indicator for increased body mass index and insulin resistance.”. Acta Derm Venereol. 93 (6): 644-649. doi:10.2340/00015555-1677. PMID 23975508. 
  13. ^ a b Danby FW. (2013-7). “Turning acne on/off via mTORC1.”. Exp Dermatol. 22 (7): 505-506. doi:10.1111/exd.12180. PMID 23800069. 
  14. ^ a b c d Kumari R, Thappa DM. (2013-6). “Role of insulin resistance and diet in acne.”. Indian J Dermatol Venereol Leprol. 79 (3): 291-299. doi:10.4103/0378-6323.110753. PMID 23619434. 
  15. ^ a b c d e f g Di Landro A, Cazzaniga S, Parazzini F, Ingordo V, Cusano F, Atzori L, Cutrì FT, Musumeci ML, Zinetti C, Pezzarossa E, Bettoli V, Caproni M, Lo Scocco G, Bonci A, Bencini P, Naldi L; GISED Acne Study Group. (2012-12). “Family history, body mass index, selected dietary factors, menstrual history, and risk of moderate to severe acne in adolescents and young adults.”. J Am Acad Dermatol. 67 (6): 1129-1135. doi:10.1016/j.jaad.2012.02.018. PMID 22386050. 
  16. ^ Melnik BC. (2011). “Evidence for acne-promoting effects of milk and other insulinotropic dairy products.”. Nestle Nutr Workshop Ser Pediatr Program. 67: 131-145. doi:10.1159/000325580. PMID 21335995. 
  17. ^ Danby FW. (2010-11). “Nutrition and acne.”. Clin Dermatol. 28 (6): 598-604. doi:10.1016/j.clindermatol.2010.03.017. PMID 21034984. 
  18. ^ a b Ferdowsian HR, Levin S. (March 2010). “Does diet really affect acne?”. Skin Therapy Lett. 15 (3): 1-2. PMID 20361171. 
  19. ^ a b Adebamowo CA, Spiegelman D, Berkey CS, Danby FW, Rockett HH, Colditz GA, Willett WC, Holmes MD. (2008-5-5). “Milk consumption and acne in teenaged boys.”. J Am Acad Dermatol. 58 (5): 787-793. doi:10.1016/j.jaad.2007.08.049. PMC 4391699. PMID 18194824. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=4391699. 
  20. ^ a b c Adebamowo CA, Spiegelman D, Danby FW, Frazier AL, Willett WC, Holmes MD. (Febrary 2005). “High school dietary dairy intake and teenage acne.”. J Am Acad Dermatol. 52 (2): 207-214. doi:10.1016/j.jaad.2004.08.007. PMID 15692464. 
  21. ^ a b c にきび メルクマニュアル家庭版
  22. ^ 林 伸和,ほか.: 日皮会誌. 2008:118;1893-1923.
  23. ^ 桜井 みち代, 石川 由香子, 大塚 吉則, 八重樫 稔, 宮坂 史路, 今井 純生, 本間 行彦: 漢方薬が奏効した脂漏性皮膚炎の5症例 日本東洋医学雑誌, 60, 155-159, 2009
  24. ^ Nagler AR, Orlow SJ. (February 2015). “Dermatologists' attitudes, prescription, and counseling patterns for isotretinoin: a questionnaire-based study.”. J Drugs Dermatol. 14 (2): 184-189. PMID 25689814. 
  25. ^ Lee SY, Jamal MM, Nguyen ET, Bechtold ML, Nguyen DL. (February 2016). “Does exposure to isotretinoin increase the risk for the development of inflammatory bowel disease? A meta-analysis.”. Eur J Gastroenterol Hepatol. 28 (2): 210-216. doi:10.1097/meg.0000000000000496. PMID 26545085. 
  26. ^ a b Gnanaraj P, Karthikeyan S, Narasimhan M, Rajagopalan V. (2015-9). “Decrease in "Hamilton Rating Scale for Depression" Following Isotretinoin Therapy in Acne: An Open-Label Prospective Study.”. Indian J Dermatol. 60 (5): 461-464. doi:10.4103/0019-5154.164358. PMC 4601412. PMID 26538692. http://www.e-ijd.org/article.asp?issn=0019-5154;year=2015;volume=60;issue=5;spage=461;epage=464;aulast=Gnanaraj;type=3. 
  27. ^ Kato TA, Watabe M, Tsuboi S, Ishikawa K, Hashiya K, Monji A, Utsumi H, Kanba S. (July 2012). “Minocycline modulates human social decision-making: possible impact of microglia on personality-oriented social behaviors.”. PLoS One. 7 (7): e40461. doi:10.1371/journal.pone.0040461. PMID 22808165. 
  28. ^ Lopez-Rodriguez AB, Siopi E, Finn DP, Marchand-Leroux C, Garcia-Segura LM, Jafarian-Tehrani M, Viveros MP. (Augsut 2013). “CB1 and CB2 cannabinoid receptor antagonists prevent minocycline-induced neuroprotection following traumatic brain injury in mice.”. Neurology 25 (1): 35-45. doi:10.1093/cercor/bht202. PMID 23960212. 
  29. ^ カンナビノイド2受容体-胃腸系
  30. ^ 適応症 新旧一覧表(日本製薬団体連合会 抗菌薬検索システム2005年版)塩酸ミノサイクリン 現行承認内容(日本製薬団体連合会 抗菌薬検索システム2005年版)
  31. ^ ミノマイシン添付文書(第17版)”. www.info.pmda.go.jp. Pharmaceuticals and Medical Devices Agency. 2015年8月26日閲覧。
  32. ^ a b c d e f Garner SE, Eady EA, Popescu C, Newton J, Li WA. (2003-1-20). “Minocycline for acne vulgaris: efficacy and safety.”. The Cochrane database of systematic reviews.. doi:10.1002/14651858.CD002086. PMID 12535427. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/14651858.CD002086/abstract. 
  33. ^ 尋常性痤瘡治療ガイドライン
  34. ^ 尋常性痤瘡治療ガイドライン”. www.dermatol.or.jp. 公益社団法人日本皮膚科学会. 2015年8月26日閲覧。
  35. ^ a b c James Q. Del Rosso, DO, FAOCD, Section Editorcorresponding author James Q. Del Rosso, Dr. James Del Rosso, DO, FAOCD, is Dermatology Residency Director, Valley Hospital Medical Center; Clinical Associate Professor (Dermatology), University of Nevada School of Medicine, Las Vegas, Nevada; and Associate Professor (Dermatology), Touro University College of Osteopathic Medicine, Henderson, Nevada. (2009-1). “Weight-based Dosing and Extended-release Formulation of Minocycline Tablets”. The Journal of Clinical and Aesthetic Dermatology. 2 (1): 44-47. PMC 2958190. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2958190. 
  36. ^ SOLODYN Extended Release Tablets label:添付文書 (FDA, Revised 2013年10月)
  37. ^ a b c d Arielle R. Nagler, MD, Emily C. Milam, AB, Seth J. Orlow, MD, PhD. (2016-2). “The use of oral antibiotics before isotretinoin therapy in patients with acne.”. Journal of the American Academy of Dermatology. 74 (2): 273-279. doi:10.1016/j.jaad.2015.09.046. PMID 26525749. http://www.jaad.org/article/S0190-9622(15)02254-9/abstract. 
  38. ^ アキュテイン(ACCUTANE)(わが国で未承認の難治性ニキビ治療薬)に関する注意喚起について - 厚生労働省
  39. ^ Thomas KH, Martin RM, Potokar J, Pirmohamed M, Gunnell D. (2014-9-30). “Reporting of drug induced depression and fatal and non-fatal suicidal behaviour in the UK from 1998 to 2011.”. BMC Pharmacology and Toxicology. 15 (54). doi:10.1186/2050-6511-15-54. PMC 4184159. PMID 25266008. https://bmcpharmacoltoxicol.biomedcentral.com/articles/10.1186/2050-6511-15-54. 
  40. ^ Rowe C, Spelman L, Oziemski M, Ryan A, Manoharan S, Wilson P, Daubney M, Scott J. (2013-11-28). “Isotretinoin and mental health in adolescents: Australian consensus.”. The Australasian journal of dermatology. 55 (2): 162-167. doi:10.1111/ajd.12117. PMID 24283385. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/ajd.12117/abstract. 
  41. ^ Anders Sundström, pharmacoepidemiologist, Lars Alfredsson, professor in epidemiology, Gunilla Sjölin-Forsberg, dermatologist and clinical pharmacologist, Barbro Gerdén, dermatologist, senior expert, Ulf Bergman, clinical pharmacologist, visiting professor, and Jussi Jokinen, senior psychiatrist (2010-11-11). “Association of suicide attempts with acne and treatment with isotretinoin: retrospective Swedish cohort study”. BMJ. 341: c5812. doi:10.1136/bmj.c5812. PMC 2978759. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2978759. 
  42. ^ Langan SM, Batchelor JM. (2011-5-25). “Acne, isotretinoin and suicide attempts: a critical appraisal.”. British Journal of Dermatology. 164 (6): 1183-1185. doi:10.1111/j.1365-2133.2011.10369.x. PMID 21615370. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2133.2011.10369.x/abstract. 
  43. ^ Anders Sundström, pharmacoepidemiologist, Lars Alfredsson, professor in epidemiology, Gunilla Sjölin-Forsberg, dermatologist and clinical pharmacologist, Barbro Gerdén, dermatologist, senior expert, Ulf Bergman, clinical pharmacologist, visiting professor, and Jussi Jokinen, senior psychiatrist (2010-11-11). “Association of suicide attempts with acne and treatment with isotretinoin: retrospective Swedish cohort study.”. BMJ. 341: c5812. doi:10.1136/bmj.c5812. PMC 2978759. PMID 21071484. http://www.bmj.com/content/341/bmj.c5812. 
  44. ^ Ferguson SA, Berry KJ. (2010-9). “Chronic oral treatment with isotretinoin alters measures of activity but not anxiety in male and female rats.”. Neurotoxicol Teratol. 32 (5): 573-578. doi:10.1016/j.ntt.2010.03.009. PMID 20381607. 
  45. ^ Choi JS, Koren G, Nulman I. (2013-3-19). “Pregnancy and isotretinoin therapy.”. CMAJ. 185 (5): 411-413. doi:10.1503/cmaj.120729. PMC 3602257. PMID 23296582. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3602257. 
  46. ^ Stobaugh DJ, Deepak P, Ehrenpreis ED. (2013-9). “Alleged isotretinoin-associated inflammatory bowel disease: disproportionate reporting by attorneys to the Food and Drug Administration Adverse Event Reporting System.”. J Am Acad Dermatol. 69 (3): 393-398. doi:10.1016/j.jaad.2013.04.031. PMID 23683730. 
  47. ^ Magin P, Pond D, Smith W. (2005-2-1). “Isotretinoin, depression and suicide: a review of the evidence.”. Br J Gen Pract. 55 (511): 134-138. doi:10.1111/ajd.12117. PMC 1463189. PMID 15720936. http://bjgp.org/content/55/511/134.long. 
  48. ^ Barak Y, Wohl Y, Greenberg Y, Bar Dayan Y, Friedman T, Shoval G, Knobler HY. (2005-1). “Affective psychosis following Accutane (isotretinoin) treatment.”. Int Clin Psychopharmacol. 20 (1): 39-41. PMID 15602115. 
  49. ^ Chia CY, Lane W, Chibnall J, Allen A, Siegfried E. (2005-5). “Isotretinoin therapy and mood changes in adolescents with moderate to severe acne: a cohort study.”. Arch Dermatol. 141 (5): 557-560. doi:10.1001/archderm.141.5.557. PMID 15897376. https://archderm.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=394824. 
  50. ^ Cohen J, Adams S, Patten S. (2007). “No association found between patients receiving isotretinoin for acne and the development of depression in a Canadian prospective cohort.”. Can J Clin Pharmacol. 14 (2): e227-233. PMID 17556790. http://www.cjcp.ca/pdf/CJCP_e227_F.pdf. 
  51. ^ Jick SS, Kremers HM, Vasilakis-Scaramozza C. (2010-10). “Isotretinoin use and risk of depression, psychotic symptoms, suicide, and attempted suicide.”. Arch Dermatol. 136 (10): 1231-1236. doi:10.1001/archderm.136.10.1231. PMID 11030769. https://archderm.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=190714. 
  52. ^ Lucca JM, Varghese NA, Ramesh M, Ram D. (2016-1). “A Case Report of Isotretinoin-induced Manic Psychosis.”. Indian J Dermatol. 61 (1): 120. doi:10.4103/0019-5154.174091. PMC 4763639. PMID 26955128. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=4763639. 
  53. ^ 症例で学ぶ接触皮膚炎 Vol.5 市販のにきび治療薬で顔面が腫れる日経メディカル オンライン 記事:2011.10.20 閲覧:2011.11.04
  54. ^ 池野宏「ビタミン療法の現状と課題」『フレグランスジャーナル』No.324, 35(8), 39-42, 2007-08, NAID 40015612271
  55. ^ 伊藤洋子 川嶋善仁「紅茶エキスによるニキビケア」『フレグランスジャーナル』 No.321, Vol.35(5), 42-46, 2007-05, NAID 40015493547
  56. ^ イボ(ウイルス性疣贅)には、どんな種類がありますか? 日本皮膚科学会
  57. ^ 毛包炎と皮膚膿瘍 メルクマニュアル医学百科 家庭版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]