オゼノキサシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オゼノキサシン
Ozenoxacin.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
法的規制
投与方法 外用経皮
薬物動態データ
血漿タンパク結合 約90% (in vitro)
代謝 CYP3A4
排泄 糞中
識別
CAS番号
(MeSH)
245765-41-7
PubChem CID: 9863827
化学的データ
化学式 C21H21N3O3
分子量 363.40974

オゼノキサシン英語: Ozenoxacin, 略称: OZNX, 記号番号: M5121, T-3912)は、主に尋常性ざ瘡(にきび)の治療で使用されるニューキノロンフルオロキノロン)系の抗菌剤であり、細菌性の皮膚感染症にも使用される。日本では、オゼノキサシン2%含有の外用剤であるゼビアックスローションが2015年から処方箋医薬品として販売されている[1]

適応[編集]

適応菌種[編集]

オゼノキサシンに感性のブドウ球菌属 (Staphylococcusアクネ菌 (P.acnes

適応症[編集]

結節及び嚢腫には、他の適切な治療を行うこと

使用上の注意[編集]

表在性皮膚感染症の治療
1週間で効果が認められない場合は使用を中止すること。
ざ瘡の治療
4週間で効果が認められない場合は使用を中止すること。
炎症性皮疹が消失した場合には継続使用しないこと。
耐性菌
耐性菌の発現等を防ぐため、疾病の治療上必要な最小限の期間の使用にとどめること。

副作用[編集]

有害事象(4.6%)
掻痒感(1.1%)、適用部位の乾燥(1.1%)、適用部位の刺激感(0.9%)

薬理学[編集]

作用機序[編集]

オゼノキサシンは、細菌DNAジャイレース及びトポイソメラーゼIVに作用してDNA複製を阻害することにより抗菌作用を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

【目次へ移動する】

参考文献[編集]

関連項目[編集]