新生児ざ瘡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
Acne infantum
分類および外部参照情報
ICD-10 L70.4
顔、特に額に新生児痤瘡がある乳児。
生後21日の乳児の新生児痤瘡

新生児痤瘡(しんせいじざそう、: Acne neonatorum, Acne infantum[1])は、新生児あるいは乳児に起こる痤瘡(にきび)状発疹であり、鼻や頬の周辺部位にしばしば見られる[2]。Neonatal cephalic pustulosis〔新生児頭部膿疱症〕[3]とも呼ばれる。良性頭部組織球増殖症と混同してはならない。

この疾患の主な原因は不明であるが、乳児の皮脂腺の妊娠中の母親由来のホルモンに対する感受性が高まっていることによるかもしれない。母親由来のホルモンは新生児に様々な皮膚疾患を引き起こす。典型的には、生後およそ2カ月で最大となり、治療はめったに必要でない。ゲルや軟膏が処方されることもある。

脚注[編集]

  1. ^ Holm EA, Jemec GB (2000年12月). “[Acne neonatorum/acne infantum]” (Danish). Ugeskr. Laeg. 162 (50): 6856–7. PMID 11187144. 
  2. ^ Freedberg, Irwin M.; Eisen, Arthur Z.; Wolff, Klauss et al., eds (2003). Fitzpatrick's Dermatology in General Medicine (6th ed.). McGraw-Hill. p. 648. ISBN 978-0-07-138076-8. 
  3. ^ Rapini, Ronald P.; Bolognia, Jean L.; Jorizzo, Joseph L. (2007). Dermatology: 2-Volume Set. St. Louis: Mosby. ISBN 1-4160-2999-0. [要ページ番号]

推薦文献[編集]

  • Katsambas AD, Katoulis AC, Stavropoulos P (1999年2月). “Acne neonatorum: a study of 22 cases”. Int. J. Dermatol. 38 (2): 128–30. doi:10.1046/j.1365-4362.1999.00638.x. PMID 10192162. 
  • O'Connor NR, McLaughlin MR, Ham P (2008年1月). “Newborn skin: Part I. Common rashes”. Am Fam Physician 77 (1): 47–52. PMID 18236822. 

関連項目[編集]