ビタミンC誘導体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ビタミンC誘導体(ビタミンシーゆうどうたい)とは、生体内で酵素反応によりビタミンCとなるもの。誘導体化によって生体外での安定化および生体内への吸収率向上のメリットがある。ビタミンC(L-アスコルビン酸)である。ビタミンCは強力な抗酸化作用があるが、そのままのビタミンCは不安定で分子構造が壊れやすい。また、皮膚は水溶性の物質を弾く作用が強いので、皮膚に浸透しやすいように合成された化合物である。美容を目的とした皮膚科学で応用されているほか、食品添加物としても検討されているものもある。直接利用するほかケミカルピーリングを行った後に塗布することでも利用される。

ビタミンC誘導体の種類[編集]

水溶性[編集]

リン酸ビタミンC(AP) 
リン酸-Lアスコルビン酸Naやリン酸-L-アスコルビン酸Mgを指す。
アスコルビン酸グルコシド 
安定性が高い
アスコルビルエチル 
酵素反応を必要としない誘導体。単体で美白効果を有する

油溶性[編集]

ビタミンCエステルとも呼ばれる。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(テトライソパルミチン酸アスコビル/VC-IP) 
ステアリン酸アスコルビル 

水溶性と油溶性の両方の特性をもつ[編集]

アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS
リン酸基とパルミチン酸基をもったビタミンCである。

臨床効果[編集]

APは、ニキビ跡の赤みや色素沈着、窪み、皮脂分泌の抑制、コラーゲンの生成の促進など効果が報告されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 池野宏「敏感肌に対するスキンケアとビタミン治療」『フレグランスジャーナル』2002年2月号、18-26頁。

関連項目[編集]