γ-カロテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
γ-Carotene
識別情報
CAS登録番号 472-93-5
PubChem 5280791
ChemSpider 4444349
ChEBI CHEBI:27740
特性
化学式 C40H56
モル質量 536.87 g mol−1
融点

160-162 °C, 433-435 K, 320-324 °F

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

γ-カロテン(gamma-Carotene)は、カロテノイドであり、植物における環状カロテノイド生合成の中間体である。リコペンシクラーゼεによるリコペンの環化によって生じる[1]。いくつかの他のカロテノイドと同様に、草食動物雑食動物にとってビタミンAビタマーである。環状カロテノイドでは、β-イオノン環がβ-カロテン 15,15'-ジオキシゲナーゼの働きによって、レチノールとして知られるビタミンAに変換されるが、γ-カロテンからレチノールへの生物学的変換な仕組みはよく分かっていない。

出典[編集]

  1. ^ Rodriguez-Concepcion M, Stange C. Biosynthesis of carotenoids in carrot: an underground story comes to light. Archives of biochemistry and biophysics. 2013;539:110-6.