プロビタミンA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

プロビタミンA (Provitamin A) とは、動物体内においてビタミンAに変換されうる物質の総称。α-、β-およびγ-カロテンβ-クリプトキサンチンエキネノンなど(図1)。一般にカロチノイドと呼ばれる色素に属し、レチニリデン残基構造(図2)を分子内に含む。


代表的なプロビタミンAの構造
図1 代表的なプロビタミンAの構造


レチニリデン残基の構造
図2 レチニリデン残基の構造式


β-カロテンの活性が最も高く、他のプロビタミンA化合物の約2倍の活性を持つ。

プロビタミンAの活性
化合物 ビタミンA活性
α-カロテン 53
β-カロテン 100
γ-カロテン 44
クリプトキサンチン 57

なお、プロビタミンA化合物は、ビタミンAとは異なり、過剰摂取による障害を示さない。これは、プロビタミンA化合物のビタミンAへの変換が調節されているためである。