レスベラトロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レスベラトロール
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 501-36-0 チェック
PubChem 445154
ChemSpider 392875 チェック
特性
化学式 C14H12O3
モル質量 228.24 g mol−1
精密質量 228.078644
外観 white powder with
slight yellow cast
への溶解度 0.03g/L
DMSOへの溶解度 16g/L
エタノールへの溶解度 50g/L
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

レスベラトロール英語:resveratrol)はスチルベノイド(スチルベン誘導体ポリフェノールの一種。系統名は3,5,4'-トリヒドロキシ-trans-スチルベン。いくつかの植物でファイトアレキシンとして機能しており、またブドウの果皮などにも含まれる抗酸化物質として知られる[1]

1939年、北海道帝国大学の高岡道夫により有毒植物バイケイソウVeratrum album)から発見され(有毒成分ではない)、レゾルシノールResorcinol)構造を有することから命名された。

レスベラトロールは赤ワインに含まれることから、フレンチパラドックスとの関連が指摘されており、心血管関連疾患の予防効果が期待されている[2]

レスベラトロールは寿命延長作用の研究が、酵母[3]線虫[4]ハエ[5]魚類[6]で報告され、2006年、「Nature」にてヒトと同じ哺乳類であるマウスの寿命を延長させるとの成果が発表され[7]、種を超えた寿命延長作用として、大きな注目を集めた。

マウスなどのモデル生物実験動物を用いた研究では、寿命延長・抗炎症・抗癌[8][9]認知症予防[10]・放射線による障害の抑止[9]血糖降下[11]、脂肪の合成や蓄積に関わる酵素の抑制[12]などの効果が報告されている。

ヒトでの効果[編集]

ヒトにおける試験では、血圧が高めの被験者において、血管拡張反応を改善し、動脈硬化を防ぐことや[13]、脳の血流量を増加させることで認知症を予防する可能性が報告されている[14]。また、健常者に対しても、レスベラトロール2.5gを28日摂取した結果、有意に血中の増殖因子IGF-1やその結合タンパク質IGFBP-3の減少が認められ、乳がん肺がんのリスクを低減する可能性が報告され[15]、健常者にレスベラトロールを250mg又は500mg摂取後、45分以降で濃度依存的に前頭葉の血流の亢進が認められ、脳機能の改善に役立つと報告されている[14]

2011年、ヨーロッパの研究チームが肥満男性にレスベラトロールを投与したところカロリー制限をしたのと同等の効果が得られた[16]。肥満男性11人と健康な男性11人を対象に、レスベラトロール(150mg/日)のサプリメントとプラセボ(偽薬)を用いて二重盲検比較試験を実施したところ、レスベラトロールを30日間服用した後に、エネルギー消費、代謝率、血糖値、血圧は低下し、肝臓に蓄積した脂肪は減少していることがわかった。一方、サーチュイン活性化物質の開発を推進するSirtris社はレスベラトロールには効果がないとして臨床開発を断念しており[17]、レスベラトロールが肥満や加齢に関連した代謝性異常を改善する効果があるかどうかを立証するためには、さらに多くの調査が必要と考えられる。

食品では赤ブドウの果皮と赤ワインなどに含まれる。ピーナッツの皮[18][19][要高次出典]イタドリグネモン[20]などにも含まれる。また現在はサプリメントとしても市販されており、アメリカを中心に市場を拡げている。海外で主に使用されているレスベラトロール素材は、安価なイタドリ抽出物であるが、日本では、イタドリ抽出物は医薬品区分に含まれるため、違法サプリメントとなる。

サーチュイン遺伝子との関係[編集]

サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子または抗老化遺伝子とも呼ばれ、飢餓カロリー制限、運動によって活性化する。近年、レスベラトロールがサーチュインタンパク質を活性化することもわかっている[11][要高次出典]。サーチュイン自体は、ヒストン脱アセチル化酵素であり、サーチュインが活性化するとヒストンが脱アセチル化されてヒストンのアルカリ性を示す豊富なアミノ基と核酸の名が示すように酸性の性質を有するDNAとの親和力が高まり、ヒストンとDNAが強く結び付いて、遺伝子の発現が抑制される。言い換えれば、DNAが休眠状態に入ることである。これと反対に、ヒストンアセチル化されるとヒストンとDNAの親和力が低くなり、通常の遺伝子発現が活発化される[21][22]。飢餓のような過酷な環境下ではDNAの活動が抑制され、DNAの安定化へと変化する。これが結果的にDNAの損傷防止につながり、このDNAの損傷防止は直接的に長寿につながる。詳細はDNA修復#カロリー制限とDNA修復の増加を参照のこと。

脚注[編集]

  1. ^ 井上裕康「[赤ワインに含まれるポリフェノール・レスベラトロールに関する最近の話題]」『ビタミン』78(12) ,2004-12-25,pp621-623 NAID 110002880447
  2. ^ Bhat KPL, et al., Antioxid Redox Signal, 3(6):1041-64. (2001) PMID:11813979
  3. ^ Howitz KT, et al., Nature, 425(6954):191-6. (2003) PMID:12939617
  4. ^ Viswanathan M, et al., Dev Cell, 9(5):605-15. (2005) PMID:16256736
  5. ^ Bauer JH, et al., Proc Natl Acad Sci USA, 101(35):12980-5. (2004) PMID:15328413
  6. ^ Valenzano DR, et al., Curr Biol, 16(3):296-300. (2006) PMID:16461283
  7. ^ Baur JA, et al., Nature, 444(7117):337-42. (2006) PMID:17086191
  8. ^ http://www.kenko-media.com/health_idst/004696.html
  9. ^ a b http://www.wired.com/wiredscience/2008/09/longevity-drug/
  10. ^ http://okajima-lab.net/press/index.html
  11. ^ a b インスリン抵抗性に対する新たな治療手段 金沢医科大学 糖尿病・内分泌内科学
  12. ^ Lagouge M, et al., Cell, 127, 1109-1122, (2006) PMID:17112576
  13. ^ Wong RH, et al., Nutr Metab Cardiovasc Dis, (2010) PMID:20674311
  14. ^ a b Kennedy DO, et al., Am J Clin Nutr, 91(6), 1590-7. (2010) PMID:20357044
  15. ^ Brown VA, et al., Cancer Res, 70(22):9003-11. (2010) PMID:20935227
  16. ^ Timmers S. et al., Cell Metabolism 14(5):612-622 (2011)
  17. ^ NY times, Jan,10,2011 "Doubt on Anti-Aging Molecule as Drug Trial Stops"
  18. ^ 「情報:農と環境と医療 47号」(北里大学学長室通信)No.47 2009/2/1
  19. ^ ピーナツは皮ごと食べよう : 視的!健康論 ~眼科医坪田一男のアンチエイジング生活~ (読売新聞/ヨミドクター、2010年10月21日)
  20. ^ Kato et al., J Agric Food Chem, 57(6), 2544-2549. (2009) PMID:19222220
  21. ^ CycLex Web Site
  22. ^ ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害物質の分子設計とその抗がん剤への応用(研究概要)

関連項目[編集]