ヒドロキソコバラミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒドロキソコバラミン
Hydroxocobalamin.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
投与方法 Injectable (IM)
薬物動態データ
血漿タンパク結合 Very high (90%)
代謝 Primarily hepatic. Cobalamins are absorbed in the ileum and stored in the liver.
半減期 ~6 days
識別
CAS番号
(MeSH)
13422-51-0
ATCコード B03BA03 (WHO) V03AB33 (WHO)
PubChem CID: 6433575
DrugBank APRD01022
ChemSpider 21160115
UNII Q40X8H422O チェック
KEGG D01027
化学的データ
化学式 C64H93CoN13O17P
分子量 1406.46 g/mol

ヒドロキソコバラミン(Hydroxocobalamin(OHCblまたはB12a))は、ビタミンB12の天然の形でビタミンB12の基本グループの一つである。ヒドロキソコバラミンは、他のビタミンB12と同様に鮮やかな赤色を呈する。ヒドロキソコバラミンは、人体では見つかっていないが、人体内で容易に有用なビタミンB12補酵素に変換できる。薬学的には、ヒドロキソコバラミンは、注射液として製造されており、ビタミンB欠乏症やシアン中毒の治療に利用されている[1]

副作用[編集]

「重大な副作用」の項に「急性腎障害:急性腎障害があらわれることがあり、腎尿細管壊死が認められた症例も報告されている。」と追記された[2]

脚注[編集]

  1. ^ Dart, Richard C.,"Hydroxocobalamin for Acute Cyanide Poisoning", Clinical Toxicology, 2006, Vol. 44, No. s1, Pages 1-3, Retrieved (2010-02-14)
  2. ^ http://www.pmda.go.jp/safety/info-services/drugs/calling-attention/revision-of-precautions/0322.html

関連項目[編集]