グレッグ・ホランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グレッグ・ホランド
Greg Holland
コロラド・ロッキーズ
Greg Holland on May 25, 2015.jpg
ロイヤルズ時代(2015年5月25日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ノースカロライナ州バーク郡モーガントン
生年月日 (1985-11-20) 1985年11月20日(31歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 MLBドラフト10巡目(全体306位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名
初出場 2010年8月2日 オークランド・アスレチックス
年俸 $539,500(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

グレゴリー・スコット・ホランドGregory Scott Holland, 1985年11月20日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州バーク郡モーガントン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBコロラド・ロッキーズ所属。

経歴[編集]

プロ入りとロイヤルズ時代[編集]

ウエスタン・カロライナ大学英語版在学時の2007年MLBドラフト10巡目(全体306位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名され、プロ入り[2]

2010年8月2日オークランド・アスレチックス戦でメジャーデビュー。

2011年はAAA級オマハ・ストームチェイサーズからのスタートだったが、13試合で防御率2.08と好成績を収めて5月にメジャー昇格。メジャーでも好投を続け、最終的な成績は46試合で防御率1.80、WHIP0.93、奪三振率11.10だった。後半戦は主にセットアッパーを務め、終盤にはクローザーとして4セーブを記録した[3]。オフにはアーロン・クロウが先発に再転向することが決まり[4]、ホランドにはホアキム・ソリアの後継者として期待が寄せられるようになった[3]

2012年の序盤は絶不調で4月の防御率は11.37だったが、その後は復調。7月31日ジョナサン・ブロクストンシンシナティ・レッズに放出されてからはクローザーに昇格し[5]、16セーブを記録した。

2013年はシーズンを通してクローザーを任され、50回のセーブ機会でア・リーグ2位の47セーブを記録した。なお、シーズン47セーブは球団新記録となった。それまでの球団記録はダン・クイゼンベリージェフ・モンゴメリー英語版が記録した45セーブ。

2014年2月12日にロイヤルズと467万5000ドルの1年契約に合意した[6]。同年もクローザーを任され、2年連続でア・リーグ2位の46セーブを記録した。

2015年もクローザーを務め、32セーブを挙げていたが、過去2シーズン1.00台だった防御率は芳しくなく、3.83だった。不調の予兆は前年のオフからあり、投球フォームが定まらない状態になっていた[7]。結局、9月末に肘の靭帯を損傷している事が判明したため、トミー・ジョン手術を受けることになった[7]。これにより、2016年に投げられるかどうか、不透明な情勢となった。なお、離脱までに挙げていた32セーブはリーグ8位の数字である。オフのオフの12月2日にノンテンダーFAとなった[8]

ロッキーズ時代[編集]

2016年は前年の手術の影響もあって一年間リハビリに費やし、どの球団にも所属しなかった。

2017年1月26日コロラド・ロッキーズと1年契約を結んだ[9]

投球スタイル[編集]

MLBの投手としては小柄だが、オーバースローから平均95.5mph(約153.7km/h)、最速100mph(約160.9km/h)のフォーシームと切れ味鋭いスライダーを主体とした三振狙いのスタイルが持ち味。この2球種で投球全体の約9割前後を占める。それ以外ではカーブチェンジアップ2014年からはスプリッターも投げるようになった。

スライダーを投げる割合が非常に高いため、一部で故障の危険性を指摘する声もあった[3]が、その心配は的中し2016年は手術によってシーズンを全休した。

2014年まで例年フォーシームの球速は平均95.5~96.0mph(約154km/h)を計測していたが、2015年は93.6mph(約150.6km/h)にまで低下した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 KC 15 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 87 18.2 23 3 8 0 0 23 2 0 15 14 6.75 1.66
2011 46 0 0 0 0 5 1 4 18 .833 233 60.0 37 3 19 3 1 74 7 0 13 12 1.80 0.93
2012 67 0 0 0 0 7 4 16 9 .636 289 67.0 58 2 34 7 0 91 3 1 22 22 2.96 1.37
2013 68 0 0 0 0 2 1 47 1 .667 255 67.0 40 3 18 1 0 103 2 0 11 9 1.21 0.87
2014 48 0 0 0 0 1 3 46 0 .250 240 62.1 37 3 20 0 0 90 9 0 13 10 1.44 0.91
2015 48 0 0 0 0 3 2 32 0 .600 193 44.2 39 2 26 1 0 49 7 0 20 19 3.83 1.46
通算:6年 309 0 0 0 0 18 12 145 28 .600 1297 319.2 234 16 125 12 1 430 30 1 94 86 2.42 1.12
  • 2015年度シーズン終了時

獲得タイトル・表彰[編集]

背番号[編集]

  • 56(2010年 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ Greg Holland Stats, News, Pictures, Bio, Videos . ESPN(英語). 2013年12月21日閲覧
  2. ^ Greg Holland Baseball Stats” (英語). The Baseball Cube. 2015年12月3日閲覧。
  3. ^ a b c David Lesky (2011年12月1日). “Soria v. Holland: The Rumble in the Left Field Bullpen” (英語). Pine Tar Press. 2015年12月3日閲覧。
  4. ^ Dick Kaegel (2011年12月12日). “Crow ready to take on next challenge” (英語). 2015年12月2日閲覧。
  5. ^ Matt Conner (2012年8月1日). “Royals Tag Greg Holland As New Closer After Jonathan Broxton Trade” (英語). SB Nation Kansas City. Vox Media, Inc. 2015年12月2日閲覧。
  6. ^ “Royals agree to terms with Greg Holland on one-year contract for 2014” (英語). Royals Press Release. MLB.com. (2013年2月12日). http://m.royals.mlb.com/news/article/67685624 2015年12月3日閲覧。 
  7. ^ a b Andy McCullough (2015年10月2日). “Greg Holland undergoes Tommy John surgery, unlikely to pitch in 2016” (英語). THE KANSAS CITY STAR.. 2015年10月16日閲覧。
  8. ^ Jeffrey Flanagan (2015年12月2日). “Royals do not tender contract to Holland” (英語). MLB.com. 2015年12月3日閲覧。
  9. ^ Rox come to terms with former All-Star closer Holland” (2017年1月26日). 2017年2月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]