アーロン・クロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アーロン・クロウ
Aaron Crow
フリーエージェント
Aaron Crow on May 24, 2011.jpg
カンザスシティ・ロイヤルズ時代
(2011年5月24日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カンザス州トピカ
生年月日 1986年11月10日(29歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト1巡目(全体12位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名
初出場 2011年3月31日、ロサンゼルス・エンゼルス
年俸 $1,975,000(2015年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アーロン・J・クロウAaron J. Crow, 1986年11月10日 - )は、アメリカ合衆国カンザス州トピカ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在はフリーエージェント

経歴[ソースを編集]

アマチュア時代[ソースを編集]

ミズーリ大学では最速96mphの動く速球とスライダーを武器に活躍し、大学球界では左腕のブライアン・マティスと並ぶドラフトの目玉投手となった[2]

2008年MLBドラフト1巡目(全体9位)でワシントン・ナショナルズから指名されたが、400万ドルの契約金を要求したクロウの代理人に対し、ナショナルズが350万ドルしか提示しなかったため交渉は決裂した。その後は独立リーグフォートワース・キャッツでプレーした。

プロ入りとマイナー時代とロイヤルズ時代[ソースを編集]

2009年MLBドラフト1巡目(全体12位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名を受け、9月15日に契約金300万ドル及び出来高払い150万ドルのメジャー契約で入団に合意した[3]

2010年はAA級ノースウエストアーカンソー・ナチュラルズでスタートするが、不振でシーズン途中にA+級ウィルミントン・ブルーロックスに降格し、トータルで防御率5.73と期待外れに終わった。

2011年からはリリーフに転向し、オープン戦で好成績を残して開幕ロースターに入り、3月31日ロサンゼルス・エンゼルス戦でメジャー初登板を果たした[4]。その後好投を続け、オールスターにもロイヤルズの選手ではただ1人選出された。しかし、前半戦の防御率2.08に対し、後半戦は4.34と失速。毎日のブルペンでの調整で疲労が溜まったことが原因とされ、2012年からは再び先発に転向することになったが[5]、3月にホアキム・ソリアトミー・ジョン手術でシーズンを全休することが決まると、クロウはリリーフに配置転換された[6]

2014年1月31日にロイヤルズと147万5000ドルの1年契約で合意した[7][8]。レギュラーシーズンでは、2012年に次ぐ自己2位となる67試合に登板し、通算250試合登板を達成した。4年連続となる55試合以上に投げたが、防御率はメジャーデビュー以来ワーストとなる4.12 (初の4点台) となった。3セーブ・10被本塁打は、いずれも最も多い数字である。

マーリンズ時代[ソースを編集]

2014年11月28日ブライアン・フリンリード・レッドマンとのトレードマイアミ・マーリンズへ移籍した[9]。12月10日に、先発投手に転向させる案が浮上したが[10]2015年3月に右肘に違和感を訴え4月5日に故障者リスト入りし、トミー・ジョン手術を受けることになった[11]。シーズン終了後の12月2日にノンテンダーFAとなった[12]

投球スタイル[ソースを編集]

92~96mphの速球とスライダーが全投球の9割以上を占める[13]チェンジアップの精度が上がらず、先発としては好成績を残せなかったが、大学時代から「先発よりもクローザー向き」と評されていた通り[2]、リリーフ転向後は速球とスライダーの組み合わせで結果を残している[14]

詳細成績[ソースを編集]

年度別投手成績[ソースを編集]





















































W
H
I
P
2011 KC 57 0 0 0 0 4 4 0 8 .500 266 62.0 55 8 31 2 0 65 9 1 20 19 2.76 1.39
2012 73 0 0 0 0 3 1 2 19 .750 260 64.2 54 4 22 2 1 65 4 0 27 25 3.48 1.18
2013 57 0 0 0 0 7 5 1 19 .583 210 48.0 49 6 22 3 2 44 5 0 19 18 3.38 1.48
通算:3年 187 0 0 0 0 14 10 3 46 .583 736 174.2 158 18 75 7 3 174 18 1 66 62 3.19 1.33
  • 2013年度シーズン終了時

獲得タイトル・表彰[ソースを編集]

背番号[ソースを編集]

  • 43 (2011年 - 2015年)

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Aaron Crow Contract, Salary Cap Details & Breakdowns” (英語). Spotrac. 2016年1月21日閲覧。
  2. ^ a b First Round Recap” (英語). Baseball America (2008年6月5日). 2016年1月21日閲覧。
  3. ^ Dick Kaegel (2009年9月17日). “Royals sign '09 first-round pick Crow” (英語). MLB.com. 2016年1月21日閲覧。
  4. ^ “Jered Weaver improves to 3-0 in last four starts vs. Royals” (英語). Associated Press. ESPN. (2011年3月31日). http://espn.go.com/mlb/recap?gameId=310331107 2016年1月21日閲覧。 
  5. ^ Dick Kaegel (2011年12月12日). “Crow ready to take on next challenge” (英語). MLB.com. 2016年1月21日閲覧。
  6. ^ Aaron Gleeman (2012年3月20日). “Royals move Aaron Crow back to bullpen following Joakim Soria’s elbow injury” (英語). HARDBALL TALK. NBC Universal. 2016年1月21日閲覧。
  7. ^ “Royals agree to terms with Aaron Crow on one-year contract for 2014” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Kansas City Royals), (2014年1月31日), http://m.royals.mlb.com/news/article/67317584 2016年1月21日閲覧。 
  8. ^ Dick Kaegel (2014年1月31日). “Royals sign Crow to one-year deal, avoid arbitration”. MLB.com. 2016年1月21日閲覧。
  9. ^ Joe Frisaro (2014年11月28日). “Marlins acquire righty Crow from Royals” (英語). MLB.com. 2016年1月21日閲覧。
  10. ^ Joe Frisaro (2014年12月9日). “Marlins counting on Crow as a starter?” (英語). MLB.com. 2016年1月21日閲覧。
  11. ^ Joe Frisaro (2015年4月7日). “Crow opts for season-ending Tommy John surgery” (英語). MLB.com. 2016年1月21日閲覧。
  12. ^ Jeff Todd (2015年12月3日). “2015-16 National League Non-Tenders” (英語). MLB Trade Rumors. 2016年1月21日閲覧。
  13. ^ Aaron Crow » Statistics » Pitching. FanGraphs Baseball(英語). 2011年6月18日閲覧
  14. ^ Sickels John (2011年4月14日). “Prospect of the Day: Aaron Crow” (英語). Minor League Ball / SB Nation. Vox Media, Inc.. 2016年1月21日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]