ぼく東綺譚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「濹東綺譚」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

濹東綺譚』(ぼくとうきだん[1])は、永井荷風の小説。

私娼窟・玉の井を舞台に、小説家・大江匡と娼婦・お雪との出会いと別れを、季節の移り変わりとともに美しくも哀れ深く描いている。荷風の日記『断腸亭日乗』には荷風の玉の井通いの様子が書かれており、主人公の大江は作者の分身と考えられる。荷風の小説中、最高傑作ともされ、1960年[2]1992年2010年に映画化された。

成立[編集]

『断腸亭日乗』によれば、1936年昭和11年)3月から向島・玉の井にある銘酒屋街(私娼窟)の探訪が始まり、4月22日随筆寺じまの記』が書かれた。銘酒屋街は、1918年1919年大正7年・8年)から関東大震災の後にかけて、浅草(十二階下)から玉ノ井駅(現東武伊勢崎線東向島駅)付近に移転してきたものである。

荷風はこの界隈に強い興味を抱き、日記に精密な地図も描いている。9月7日にはヒロインのモデルとおぼしき女性の出会いが記され、しばらくこの女のもとに通った。9月20日に「この町を背景となす小説の腹案漸く成るを得たり。」との記事があり、翌21日の起草後も、連日のように玉の井に通った。脱稿は10月25日。「作後贅言」を11月に脱稿。

1937年(昭和12年)4月、私家版として鳥有堂より刊行、同書には荷風が撮影した玉の井のスナップ写真が添えられている。同年、木村荘八の挿絵とともに『東京朝日新聞』に連載された後、岩波書店から単行本が刊行された。

登場人物[編集]

  • 大江匡:50代後半の小説家(文中では「わたくし」)。カフェー通いを新聞・雑誌で攻撃されたことがあり新聞記者を憎んでいる。水商売の女を家庭に入れようとして失敗したことがある。小説の想を練るため、また隣家のラジオの音がうるさいため、玉の井通いを始める。
  • お雪:玉の井の私娼、26歳。以前は宇都宮で芸者をしていた。純朴な性質の女。

あらすじ[編集]

小説家・大江匡は小説『失踪』の腹案を練る。51歳で退職した英語教員が退職金を持って失踪し、カフェー勤めの女の元に身を寄せる、という筋書きで、主人公が身を隠す場所を向島あたりに設定した。大江は6月末のある夕方、玉の井付近を散策する。急に大粒の雨が降り出し、大江が傘を広げると、浴衣姿の女が傘に入ってきた。大江は女(お雪)に誘われるまま、部屋に上がる。

大江はお雪のもとに度々通い、なじみを重ねる。お雪は大江のことを秘密出版に関わる男と誤解しているらしい。ある日お雪は、借金がなくなったら「おかみさん」にしてほしい、と言い出す。お雪を幸福な家庭の人にするのは自分ではない、と大江は考える。9月の末、お雪が入院したことを聞く。10月になると大江が玉の井通いをすることもなくなった。

文末の「作後贅言」の章は(上記のストーリーとは関係なく)、荷風の亡友神代種亮の思い出とともに世相の変遷、銀座のカフェー風俗などを綴っている。

挿画[編集]

木村荘八による詩情あふれた挿絵も、この作品の評価を高めた一因、という意見が多い。木村荘八は、挿絵の担当が決まると連日のように玉の井界隈に通い、荷風の注文通りの作品を仕上げた。荷風の文と荘八の絵のコンビネーションを「義太夫における太夫と三味線引き」に例える意見もある。岩波文庫本には挿絵が全て復刻されている。

その他[編集]

  • 「濹」は林述斎の造字したものを永井荷風が見出して使ったもので、隅田川さんずいに墨で隅田川の別称:墨田川)を指す。
  • 作品中に、前年廃止された京成電気軌道白髭線玉ノ井駅の記述がある。挿絵や私家版の写真にも廃線跡が見られ、鉄道史上の研究資料にもなっている。

映像化[編集]

映画[編集]

1960年版[編集]

濹東綺譚
監督 豊田四郎
脚本 八住利雄
原作 永井荷風
製作 佐藤一郎
出演者 山本富士子
芥川比呂志
音楽 團伊玖磨
撮影 玉井正夫
編集 岩下廣一
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 1960年8月28日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1960年8月28日公開。配給は東宝

スタッフ[編集]
キャスト[編集]

1992年版[編集]

濹東綺譚
監督 新藤兼人
脚本 新藤兼人
原作 永井荷風
出演者 津川雅彦
墨田ユキ
音楽 林光
撮影 三宅義行
編集 渡辺行夫
近藤光雄
製作会社 近代映画協会
配給 日本アート・シアター・ギルド
東宝
公開 1992年6月6日
上映時間 116分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1992年6月6日公開。製作:近代映画協会。配給:日本アート・シアター・ギルド(ATG)、東宝。乙羽信子は1960年版に引き続き出演している。ATGはこの作品を最後に活動停止した。

スタッフ[編集]
  • 監督・脚本:新藤兼人
  • 音楽:林光
  • タイトル画:木村荘八
  • 撮影:三宅義行
  • 照明:山下博
  • 美術:重田重盛
  • 編集:渡辺行夫、近藤光雄
  • 録音:武進
  • 制作担当:溝上潔
  • 助監督:松井稔
  • 音響効果:佐々木英世(東洋音響
  • MA:東宝サウンドクリエイティブスタジオ
  • 現像:IMAGICA
  • スタジオ:松竹大船撮影所
  • 企画:多賀祥介
  • プロデューサー:新藤次郎赤司学文
キャスト[編集]

2010年版[編集]

癒しの遊女 濡れ舌の蜜
監督 荒木太郎
脚本 荒木太郎
原作 永井荷風
出演者 早乙女ルイ
那波隆史
音楽 宮川透
撮影 飯岡聖英
編集 酒井正次
製作会社 多呂プロ
配給 オーピー映画
公開 2010年12月17日
上映時間 61分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2010年12月17日公開。劇場公開タイトルは「癒しの遊女 濡れ舌の蜜」。製作:多呂プロ、配給:オーピー映画

ピンク映画として、全国の成人映画館で公開。R-18指定。舞台設定は上野オークラ劇場不忍池を中心とした、現代の上野界隈に変更されている(上野の他、静岡市葵区七間町などでもロケ撮影された)。

スタッフ[編集]
キャスト[編集]

テレビ[編集]

  • 2003年2月21日(金) NHK BS2 「朗読紀行『にっぽんの名作』 墨東綺譚」演出中田秀夫 朗読・出演麻生祐未
    朗読とドラマ

舞台[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1937年(昭和12年)岩波書店発行の初版本において、作品名はすべて「ぼくとうきん」とルビが振ってある(同書p146・147・153ほか)。
  2. ^ タイトル画面に「ぼくとうきん」とルビが振ってある。原作と同じタイトルを違った読みをさせる映画としては君よ憤怒の河を渉れなどがある。

外部リンク[編集]