成人映画館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

成人映画館(せいじんえいがかん)は、大人の観客向けにポルノ映画を上映する映画館である。

アメリカ等では劇場前のポスターは通常裸体を見せない特徴がある。

上映作品と観客[編集]

成人映画館は異性愛のポルノ映画だけでなく同性愛者向けのゲイ向けピンク映画を上映していることや、ゲイ専用映画館もある。異性愛のポルノ映画だけを上映している場合であっても異性愛者だけでなく両性愛者や同性愛者の男性が不特定者との行きずりの性交渉を求めてやってくることが頻繁にある[1]。観客の圧倒的多数が男性である。

常連客については半裸や全裸であることや公然での自慰行為、性交渉については概ね厳格な規則はなく、明示的にせよそうでないにせよ支配人に容認される可能性があり[1]、行為が法に触れるか否かについても地域の警察組織からは見逃される可能性がある[1][2]。一部の映画館では上映の幕間にストリップショーセックスショー、もしくは他の性風俗サービスが含まれる場合もある。

ビデオテープレコーダが出現する前は大抵の場合、一般人にとってハードコアポルノ映画が見られる唯一の場所であった。家庭用ビデオテープレコーダの出現に伴い多くの劇場が急速に閉館していった[3]

国・地域別の状況[編集]

モントリオールのサンローラン通りにある成人映画館とピープショー(のぞき部屋

アメリカ合衆国[編集]

アメリカの初の成人映画館はカリフォルニアにあり、35mmフィルムのセクスプロイテーション映画を上映していた。1960年にはアメリカには約20館の成人映画専門館が存在した。1960年代後半から1970年代初頭にかけてアメリカ国内中に広まっていった。小さなストアフロント劇場では多くの席が埋まるほどの盛況であった。1970年までに750館の成人映画館がアメリカ国内に存在した[4]。1970年代には成人映画館が上映する映画はセクスプロイテーション映画からいっそう露骨に女性の陰部を描写した16mmフィルムによるビーバー映画に変化していった[5]。1980年代には運営費削減のため劇場経営者達は劇場を閉館し始め[6]、1989年には250館ほどまでに減っている[7]

成人映画館の制限は地域によって異なり、地域や州の規制によって制限されることがある。地方自治体は一般的に住宅地、公園、協会、学校から一定の距離で成人映画館を営業することを禁じている。しばし、成人映画館は都市中心部での不動産価格を保護するために、都市郊外への移転を余儀なくされている[8]ワシントン州レントンではこの問題に関して1986年に最高裁判所に訴訟が起こされた。レントン市プレイタイムシアター社に対し判決では、学校、公園、教会、もしくは住宅地から100フィート以内で成人映画館を営業してはいけないというレントン市の条例を最高裁は支持した。また、この条例は成人映画館の営業を完全に禁止しているわけではないので、この条例はアメリカ合衆国憲法修正第1条に背いていないとし、劇場興行主の反論を退けた[9]

オランダ[編集]

オランダでは約60館の成人映画館がある[10]

2010年には性的営業に関する法律が審理中であった。地方自治体での条例に加えて国の法律で成人映画館にポルノ陳列の許諾を得ることが必要となる仕組みが導入されている。企業広告には許可番号を記述しなければならない。劇場外部には許諾されていることを掲示し、同時に内部には許可証を複写したものを掲示しなければならない。

観客同士による非営利の性的活動には追加の許諾は必要ないが、建物内での売春行為については追加の許諾が求められる。

イギリス[編集]

ロンドンソーホー地区、ウォーカーズ・コートの通りに成人映画館がある。2010年8月の時点で1日中見るための入場料は14ポンドである。2スクリーン存在し、一方は異性愛者向け、もう一方は同性愛者向けのハードコアポルノ映画を上映している。男性専用の巨大なお手洗いもあり、ハードコアポルノを見ることができる個別のブースも存在する。このブースは隣接するアダルトグッズショップからも自由に入場できる。

日本[編集]

成人映画館での舞台挨拶(東京都台東区の上野オークラ劇場
欲情をそそるポスター(新潟県新潟市の映劇大要

経営形態[編集]

都市部である東京・大阪・名古屋を中心に成人映画館が存在している。多くは繁華街や歓楽街に存在するが、住宅街や都市の郊外に立地する映画館もある。基本的に独立経営であるが、一部にはピンク映画の製作配給会社の直営館も存在している[11][12]

上映作品[編集]

上映する映画は3本立てでの上映が多く(一部には1本のみ、あるいは4本立ての映画館が存在する)、入れ替え制では無い。ピンク映画の派生形であるゲイポルノ上映館は2本立てとなっている。古くは一般映画との混合上映館(昼間は一般映画、レイトショーでピンク映画を上映する場合[13]がほとんど。一部では一般映画とピンク映画を同時上映する「三本立て興行」の場合もあった[14])も存在したが、レイティングの強化などによって現在は存在していない。オールナイト上映を実施している映画館、レンタルビデオ店[15]個室ビデオ店[16]喫茶店[17]を併設している映画館も存在する。

上映作品の性質上、観客は男性が圧倒的である。また、ゲイポルノの専門館は、同性愛者のコミュニティの一角という性格(ゲイポルノ#観客と上映館を参照)から、基本的に女性の入場ができない[18]

1960年代後半から1970年代までは、映画と同時にピンク女優やストリッパーによる実演ショーを実施する映画館も存在していた[19]

設備など[編集]

近年では女性専用席を用意したり[20]、女性のみ入館可能な営業日を設定したりする成人映画館も存在する。

古くは扇情的な看板、ポスター、スチールなどが館外に掲示される事もあったが、様々な規制によって、2021年(令和3年)現在は必要最小限のポスターに限られている。これは製作者側が広報・宣伝に消極的なためでもある。近年は、週末に新作映画の女優・監督の舞台挨拶やサイン会を実施する映画館もある。

現在は老朽化や経営者の高齢化、デジタル上映への設備更新が不可能なため、立地する地域の再開発、あるいは(賃貸物件で営業している場合は)家主の都合(賃貸借契約の未更新)などから閉館する成人映画館が多い。しかし、一部の映画館は建て替え[21]、あるいは閉館した既存の映画館に移転[22]するなどして経営を続けている。2019年1月現在で45館ほどが営業している。また、少数ではあるが新規開館も存在する[23]。2021年5月には成人映画館だった首里劇場(沖縄県那覇市)が名画座に転換した。

成人映画館一覧[編集]

石巻日活パールシネマ(宮城県石巻市)
金星劇場(神奈川県横須賀市)
中村映劇(愛知県名古屋市)
尾西シネラマパワー(愛知県一宮市)
松阪大映(三重県松阪市)
小倉名画座(福岡県北九州市)
北海道
東北
関東
甲信越
東海
近畿
中国
四国
九州
近年に閉館した成人映画館

脚注[編集]

  1. ^ a b c Phillip Brian Harper (1999). Private affairs: critical ventures in the culture of social relations. NYU Press. pp. 77–82. ISBN 0-8147-3594-0. http://books.google.co.uk/books?id=5n1A879-MJIC 
  2. ^ Lap Victory. How a DA's decision to drop prostitution charges against lap dancers will change the sexual culture of S.F. -- and, perhaps, the country. Archived 2009年4月6日, at the Wayback Machine. SF Weekly, 8 September 2004
  3. ^ Slade, p.1067
  4. ^ xyclopedia.net
  5. ^ Linda Williams (2004). Porn studies. Duke University Press. pp. 370–400. ISBN 0-8223-3312-0. http://books.google.co.uk/books?id=rdWZ8JD5dkkC 
  6. ^ Slade, p.1097
  7. ^ Slade, p.1098
  8. ^ Slade, p.752
  9. ^ Thomas C. Mackey (2002). Pornography on trial: a handbook with cases, laws, and documents. ABC-CLIO. pp. 95. ISBN 1-57607-275-4. http://books.google.co.uk/books?id=5gOlF6TZedgC 
  10. ^ See Seksbioscoop in Tabel 1 in [1]. This number includes adult movie theaters with a TV-sized screen, see e.g. [2].
  11. ^ ピンク映画の配給会社としては老舗にあたる大蔵映画株式会社が経営する上野オークラ劇場(東京都台東区)、上野特選劇場(東京都台東区)、横浜光音座1・2(1でゲイポルノを、2でピンク映画を上映)」(神奈川県横浜市)。
  12. ^ かつては日活ロマンポルノを製作配給していた事から、大手の映画会社日活も直営館を保有していた。日活ロマンポルノ終了後も関連会社・新日本映像製作のピンク映画を上映していたが、漸次閉館が進められ、2008年にシネロマン池袋(豊島区)など2館を他社に売却して直営館は消滅した。
  13. ^ ピンク映画の黎明期には数多く見られた。
    このほかにはピンク映画配給会社・新東宝映画株式会社が経営していたシネマ有楽町(東京都中央区)がある。同館は昼間は一般映画を上映し、レイトショーで同社の業務提携先である国映製作作品を中心とした作品を上映する独特のプログラムを実施していた。
  14. ^ 一般映画とピンク映画を同時上映していた映画館の例としては納屋橋映画劇場(愛知県名古屋市)。番組編成にピンク映画があることから、18歳未満は入場不可だった。
  15. ^ レンタルビデオ店を併設していた成人映画館の例としては円頓寺劇場(愛知県名古屋市)、大黒座(愛知県刈谷市)、鶴城映劇(愛知県西尾市)。
  16. ^ 個室ビデオ店を併設していた成人映画館の例としては鶴城映劇(愛知県西尾市)、尼崎パレス(兵庫県尼崎市)。
  17. ^ 喫茶店を併設していた映画館の例としては春日井ユニオン劇場(愛知県春日井市)、江南新盛館・江南シネマ(愛知県江南市)。元々1スクリーンだった劇場を2スクリーンに分割して運営)。後者はシネマコンプレックスコロナワールドの発祥地でもある。
  18. ^ ≪公式≫ゲイ映画館へ行こう! よくあるご質問「女性でも入場できますか?」 - ENKプロモーション、2017年11月28日閲覧。
  19. ^ ただし、こうしたショーは、映画上映のほかに演劇・芝居の営業許可を持っている映画館に限られた。
  20. ^ 女性専用席がある映画館の例としては東梅田日活劇場(大阪府大阪市)
  21. ^ 建て替えを行った映画館の例としてはシネマハウス新映(静岡県浜松市)、上野オークラ劇場(東京都台東区)。
  22. ^ 有楽シアター(北海道札幌市)、横河有楽(広島県広島市)。参考リンク1参考リンク2
  23. ^ 桃劇場(熊本県熊本市)、日劇ローズ(大阪府大阪市、ゲイポルノ館)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]