銘酒屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

銘酒屋(めいしゅや)は、銘酒を売るという看板をあげ、飲み屋を装いながら、ひそかに私娼を抱えて売春した店。明治時代から大正時代、東京市を中心にみられた。東京の下町では、「めいしや」と発音する。

概略[編集]

幕末から明治中期に浅草両国などにおいて、矢場(楊弓店)で接客した矢場女(やばおんな。矢取り女とも[1])が売春も行い私娼窟と化した[2]

それらの矢場が廃れた明治20年頃から、銘酒の酌売を看板にして5、6本のびんを縁起棚に飾り、その裏では数名の私娼を抱える店が流行しはじめた。明治25、26年頃から銘酒屋と書いた軒燈を掲げるようになった。

日清戦争後から日露戦争の頃にかけて、浅草公園五区(奥山地区)、公園六区、浅草千束町(旧町名)に発展し、明治末から大正初期がその全盛期であった。

大正年間、官の黙許のもとに公然と営業した。大正6、7年、一時、警視庁の撲滅方針によってほとんど撲滅されたかにみえたが、まもなく看板をはずして営業し、また表向きは造花屋、新聞縦覧所として営業し、客があれば他に案内して売春するなどして大正10年頃再び隆盛をみた。

関東大震災後、浅草地区での警視庁の取締りの強化のため、本拠は亀戸玉の井に移った。

昭和20年3月10日、東京大空襲ですべて焼失[3][4]。亀戸は目抜き通り北側の指定地に移転、玉の井は改正道路(現水戸街道)沿いの寺島町5丁目、6丁目(現東向島5丁目及び6丁目の一部)から寺島町7丁目(現墨田3丁目の一部)の隅田町寄りに移転、一部は鳩の街に移転して戦後の赤線時代を迎える。

売春防止法の施行により昭和33年3月31日を最終日に営業を終了、消滅した。鳩の街では最終日に「蛍の光」を流して別れを惜しんだという[5]。旧店舗は旅館、商店、飲食店、アパート、町工場、一般住宅等に転用されて一部現存する[6]

脚注・参照[編集]

  1. ^ 岩波書店、『広辞苑(第五版)』、1998年。
  2. ^ 平凡社、『マイペディア』、1997年。
  3. ^ ちくま文庫『新編昭和二十年東京地図』、文・西井一夫、写真・平嶋彰彦、1997年。
  4. ^ ちくま文庫『寺島町奇譚(全)』、滝田ゆう、1988年。
  5. ^ 文春文庫『永井荷風の昭和』、半藤一利、2000年。
  6. ^ ちくま文庫『赤線跡を歩く 消えゆく夢の街を訪ねて』、木村聡、2002年。

関連項目[編集]