尋常性ざ瘡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
にきびから転送)
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「尋常性痤瘡」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
尋常性ざ瘡
(にきび)
Akne-jugend.jpg
14歳の思春期男性頭部に出現したにきび。
軽度の炎症を起こしている。
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
皮膚科学, 家庭医療
ICD-10 L70.0
ICD-9-CM 706.1
DiseasesDB 10765
MedlinePlus 000873
eMedicine derm/2
Patient UK 尋常性ざ瘡
MeSH D000152
顔・体幹部に出現したにきび
黒にきびを潰して出てきた皮脂の塊(角栓

尋常性痤瘡尋常性ざ瘡、じんじょうせいざそう、英語: Acne vulgaris, 略語: AV)は、顔や背と胸に見られる炎症性皮膚疾患の一つ。単に痤瘡 / ざ瘡 / 座瘡(ざそう、Acne)または、面皰(めんぽう)と表記されることもある。一般的に青少年の顔面に生じる皮膚病をにきびと呼び、それ以外は吹き出物(ふきでもの)とすることが多い。にきびの語源は諸説ある[1]。「尋常」とは、普通にという意味[2]。ざ瘡は、医薬品を処方する際の便宜上、表在性皮膚感染症に分類されることが多いものの、感染症とする根拠はない[3]。語源となっているアクネ菌英語版は、皮膚の常在菌である。日本では90%以上の者が経験する疾患であることから、「にきびは青春のシンボル」とも言われている[4]

症状[編集]

前額部(おでこ)、頬、口の周り、下顎、背中や胸の中央など皮脂分泌量の多い皮膚に生じる発疹で、面皰と呼ばれる毛包に角質や皮脂が詰まった皮疹で下述の種類がある[5][6]

  1. 白ニキビ - 毛穴に皮脂が詰まる。患部が膜で覆われて表面はまだ閉じており、発疹は白から乳白色。
  2. 黒ニキビ - 毛孔が閉鎖している。白ニキビが少し進行した状態で、皮脂が盛り上がり穴があくことで患部を覆う被膜が開き、内容物が酸化して黒っぽく変色。
  3. 赤ニキビ - 黒ニキビが更に進行した状態で、毛穴に詰まった皮脂に雑菌やアクネ菌が繁殖。炎症を生じ炎症性皮疹である赤色丘疹や内部に膿が溜まった膿疱へと移行する。

囊腫壁が破裂すると皮下膿瘍や硬結となる。その後、囊腫を生じた部分に線維化が起きるとケロイドを生じる事もある。

原因[編集]

発症に関わり胃腸障害、内分泌障害、代謝障害、肝機能障害、細菌感染、精神的因子、遺伝的要素などいくつかの仮説[7]があるが、詳細は解明されていない。皮膚常在菌のアクネ菌英語版が炎症箇所の毛穴分泌物から検出される事から、毛包(毛穴)が男性ホルモンと細菌と皮脂の相互作用によって炎症を起こすとする説が有力である[8]

様々な薬剤の副作用薬物相互作用で生じる皮疹は薬疹として分類される。また、内分泌疾患の随伴症状としても皮疹が生じる事がある。

薬剤の副作用では以下。

時にベーチェット病自己免疫疾患)、Sweet病好中球性皮膚症)、潰瘍性大腸炎(UC)に伴う壊疽性膿皮症などの随伴症状であることがある[12]

要因[編集]

発症機序に関わる研究では、この10年間でざ瘡の背後にあるメカニズムの理解が指数関数的である[13]。西洋食、乳製品、FOXO1mTORC1の相互作用やアゴニストおよびアンタゴニストの役割は解明されつつある[13]。思春期の成長ホルモンおよびインスリンとIGF-1(インスリン様成長因子1)伝達の相互作用を支持するエビデンスが増えてきている[14]副腎性腺のアンドロゲン代謝に影響を与えることによってざ瘡の病因における因果的役割を有している[14]。牛乳摂取と高血糖の食事は、インスリンおよびIGF-1媒介PI3K/Aktの活性化により皮脂腺生成細胞ケラチン生成細胞の増殖、脂質生成・皮脂性を誘導し、ざ瘡を悪化させる[14]。様々な症候群の一部として、ざ瘡の発生は、IGF-1とざ瘡の間の相関を支持する証拠を提供する[14]

牛乳、乳製品との関連性
  • 米国皮膚科学会での2016年8月の報告は因果関係は不明であるが、ざ瘡と低脂肪牛乳無脂肪牛乳と関連(p=0.01)が示された。全ての乳製品の摂取量、飽和脂肪酸トランス脂肪酸(不飽和脂肪酸)血糖負荷との有意な関連はみられなかった。また、総エネルギー摂取量や体格指数(BMI)との有意な関連もみられなかった[15]
  • 牛乳の摂取制限は、肥満・糖尿病・癌・神経変性疾患・ざ瘡などの流行疾患の予防に多大な影響を与える[16]
  • 牛乳はざ瘡に悪影響である[17]
  • 牛乳の摂取量はざ瘡の有病率と重症度を増加させる研究報告がある[18]。乳製品やグリセミック指数が高い食品の影響があることを支持する説得力のあるデータが存在する[18]
  • ハーバード大学公衆衛生学部が4,237人の男性を対象とした調査では、総ミルク1.16 (95%CL 1.01-1.34, p=0.77)、全乳(2%)1.10(95%Cl 0.94-1.28, p=0.83)、低脂肪乳(1%)1.17(95%Cl 0.99-1.39, p=0.08)、無脂肪乳1.19 (95%Cl 1.01-1.40, p=0.02)[19]。無脂肪乳の摂取量とざ瘡の間に正の関連を示している[19]
  • ハーバード大学公衆衛生学部が47,355人の女性を対象とした調査では、総ミルク1.22(95%Cl 1.03-1.44, p=0.002)、全乳1.12(95%Cl 1.00-1.25, p=0.56)、低脂肪乳1.16(95%Cl 1.01-1.34, p=0.25)、無脂肪乳1.44(95%Cl 1.21-1.72, p=0.003)[20]。インスタントの朝食と飲み物、シャーベットカッテージチーズクリームチーズもざ瘡と積極的に関連していた[20]。全乳と無脂肪乳の摂取が、ざ瘡と正の関連を示している[20]
  • 牛乳は潜在的なざ瘡の原因として最も検討すべき要因の一つである[21]乳清タンパク質の含有量が高い場合は特にIGF-1レベルの増加を誘発する[21]。IGF-1は[皮膚細胞の成長・分裂を促進し、皮脂産生、黄体形成ホルモンおよびエストロゲン産生の効果がある[21]。したがって、乳由来タンパク質のサプリメントの使用によって誘発されたざ瘡のメカニズムに関連しうる[21]。IGF-1の上昇は例えば、アンドロゲン成長ホルモングルココルチコイドなどの面皰因子を媒介すると思われる[21]。別の研究によれば、インスリン様成長因子1 (IGF-1) の血漿濃度は、ざ瘡ではない人々と比較し有意(p=0.04)に高かった。また、重症度とも相関(p=0.01)していた[22]
食事構成
  • 中等度から重度のざ瘡が無脂肪乳、チーズ、ヨーグルト、菓子、ケーキ、チョコレート、1親等の肥満(BMI≥30)家族歴、牛乳の高摂取、魚の低摂取、果物・野菜の低摂取と関連している[23]
  • 西洋型食生活によって引き起こされる炎症性症状だということを示唆している研究がある[24]
  • ざ瘡に対するグリセミック指数血糖負荷と牛乳の影響を、内分泌学的メカニズムの説明だけでなく食事の変更に関連する臨床的エビデンスを提供する[25]
  • 18 - 25歳の248人(男性115人・女性133人)に対して脂肪・砂糖・果物・野菜の摂取傾向を2012年1月 - 5月にニューヨーク市で調査した[26]。中度から重度のにきび患者は、グリセミック指数(P<0.001)、砂糖(P<0.001)、1日の牛乳摂取量(P<0.001)、飽和脂肪酸(P<0.001)、トランス脂肪酸(P<0.001)、1日の魚摂取(P=0.002)と関連があった[26]
  • 2012年にフランスで行われた15〜24歳を対象とした疫学的な調査では、チョコレートや甘い菓子を毎日食べている人は、ざ瘡になるリスクが2.38倍であった[27]。一方、煙草を毎日10本以上吸っている人はリスクが0.44倍、大麻を使用している者はリスクが2.88倍であった[27]。これらは統計学的に有意であり、ざ瘡に関連していることが分かった[27]。砂糖・脂質・牛乳の関連については未調査[27]
  • 西洋型食生活によってmTORC1シグナル伝達が増強され、BMI指数が増加しインスリン抵抗性および早期初潮とざ瘡発症の関連を説明できる[28]

遺伝要因としては、中程度から重度のざ瘡は、一親等の親族にざ瘡患者がいる家族歴に強く関係していた(オッズ比3.41、95%信頼区間2.31-5.05)[29]。女性と比較し、男性でBMI指数が低い人ほどリスクは減少する[29]。喫煙との関連はみられない[29]。牛乳の摂取が多いとリスクが増加し、週3以上の摂取では(オッズ比1.78、95%信頼区間1.22-2.59)であった[29]全乳より無脂肪乳でリスクが高まる[29]。魚の摂取は保護影響(オッズ比0.68、95%信頼区間0.47-0.99)と関係していた[29]月経とざ瘡の関連はみられなかった[29]

診断[編集]

WHO国際疾病分類(ICD-10)[編集]

疾病及び関連保健問題の国際統計分類

  1. 顔面尋常性ざ瘡(L70.0)
  2. 尋常性ざ瘡(L70.0)
  3. 膿疱性ざ瘡(L70.0)
  4. 面皰(L70.0)
  5. 集簇性ざ瘡(L70.1)
  6. 粟粒性壊死性ざ瘡(L70.2)
  7. 痘瘡性ざ瘡(L70.2)
  8. 熱帯性ざ瘡(L70.3)
  9. 小児ざ瘡(L70.4)
  10. 新生児ざ瘡(L70.4)
  11. 若年性女子表皮剥離性ざ瘡(L70.5)
  12. ステロイドざ瘡(L70.8)
  13. 膿痂疹性ざ瘡(L70.8)
  14. ざ瘡(L70.9)
  15. ざ瘡様発疹(L70.9)
  16. 顔面ざ瘡(L70.9)
  17. 口囲ざ瘡(L70.9)

鑑別疾患[編集]

類似の所見を示す副作用や別の疾患と区別する為、下記疾患との鑑別を行う。

重症度判定[編集]

日本皮膚科学会の尋常性痤瘡治療ガイドライン2016より引用[4]

重症度判定
程度 片顔の炎症性皮疹数
軽症 5 個以下
中等症 6 個以上 20 個以下
重症 21 個以上 50 個以下
最重症 51 個以上

治療[編集]

いくつかの方法がある。

  1. 皮脂分泌の正常化。
    • 皮脂分泌を過剰にする恐れのある、脂肪分の多い食品の摂食量削減。
    • 生活習慣の改善。
  2. 毛孔の詰まりを軽減・解消するための洗顔。
    • ざ瘡ができた部位を1日に1 - 2回低刺激性の石鹸で洗うのが望ましい[33]抗菌石鹸やスクラブ入り洗顔フォームの使用は、有用な皮膚常在菌を過剰に洗い流し、かつ皮膚を刺激し悪化させるおそれがある[33]
  3. 雑菌により炎症化するのを抑制するための洗顔や軟膏(外用薬)の塗布。
  4. 皮下膿瘍や囊腫内での細菌増殖を抑える為の抗生物質内服。生じている炎症を抑える為にステロイド等の抗炎症剤の外用及び内服[4]

医薬品による治療[編集]

外用薬

処方箋医薬品では、日本の皮膚科で一般的に処方される抗菌剤配合の局所外用剤として下記がある。

殺菌作用を持つ局所外用剤として下記がある。

なお、イオウカンフルローション(硫黄を含んだクリーム状の薬、軟膏)は、ざ瘡への適応があるものの、治療ガイドライン2016では臨床試験が行われていないことから推奨する十分な根拠がないとされている[4]

一般医薬品、処方箋不要の薬剤としては、サリチル酸レゾルシノール、硫黄を含んだクリーム状の薬(軟膏)で、これらは吹き出ものを乾かす効果があるが、若干のかさつきが生じる場合がある[33]。また、古くからある民間療法としては硫黄液がある(足白癬#硫黄も参照)。

医療用医薬および市販薬中に非ステロイド性外用薬として配合されるイブプロフェンピコノールを含有する薬剤(軟膏)による接触皮膚炎の発生が報告されている[34]

漢方薬の、十味敗毒湯荊芥連翹湯麻杏薏甘湯抑肝散加陳皮半夏により治療効果があったとする報告もある[35]

抗生物質内服[編集]

日本で、ざ瘡への適応がある内服抗菌薬はロキシスロマイシンレボフロキサシントスフロキサシンファロペネムセフロキシム アキセチルである。

テトラサイクリン系クラリスロマイシンエリスロマイシンは、ざ瘡に対する適応はない。ざ瘡は感染症ではない(#鑑別疾患

  • 米国の副作用の強いイソトレチノイン使用前の抗生物質の平均使用期間は331.3日、1年以上使用した症例は33.6%であった。複数の医療機関を利用してたケースに限ると平均使用期間は380.2日。抗生物質の第一選択肢としてミノサイクリンが44.4%、ドキシサイクリンが40.5%、アジスロマイシンが3.2%。第二選択肢はアジスロマイシンが20.3%。ドキシサイクリン使用者の80%が次にミノサイクリンを使用した可能性が高い[36]
  • 英国の一般開業医を対象とした後ろ向きコホート研究の報告。テトラサイクリン系による内服治療の平均継続期間は175.1日であった。29%の症例が6ヶ月を超えていた。ざ瘡の重症度と臨床転帰は不明[37]

ミノマイシンの副作用として好中球性皮膚症が起こることがあり[30]、自己免疫疾患との強い関連性も示されている[38][39]

栄養素の外用・内服[編集]

ビタミンAの関連物質は医薬品として承認されているものがある。

海外では、ざ瘡治療の主流となっている経口のトレチノインイソトレチノイン、は、日本では副作用(特に催奇性)の懸念から未承認医薬品となっている[40]。経口イソトレチノインの胎児危険度分類は、最も危険なカテゴリーXとされている。米国におけるざ瘡治療薬のシェアは、イソトレチノインが65.2%、ドロスピレノン英語版が9.4%、ミノサイクリン(主に1mg/kg徐放剤)が7.0%、ドキシサイクリンが2.1%、などとなっている[41]

内服薬では、皮膚の新陳代謝を促すビタミンB2、皮膚の抵抗力を高めるビタミンB6の他、色素沈着などを防ぐためにビタミンCを使用する。基本的に皮膚科での治療は上記に書かれたように保険適用の範囲内である外用の抗菌剤や抗炎症剤やビタミン剤だけであり、下記の美容行為は保険適用外であり治療費が高くなる。

1998年以降、リン酸ビタミンCなどのビタミンC誘導体レチノイドのようなビタミンA誘導体リン酸ビタミンEのようなビタミンE誘導体といった皮膚に直接吸収されやすいビタミンを成分とした薬剤の外用塗布によって、抗酸化作用によるにきびの改善や色素沈着の改善が国内外で継続的に報告されている[42]。また、紅茶エキスによる治療効果も報告されている[43]

ビタミンC前駆体のリン酸ビタミンCの外用薬は、20人での試験において紫外線A波による皮脂酸化を抑制し、5%濃度のローションを1日2回塗る60人でのランダム化比較試験は、3か月後にニキを予防また治療することを見出した[44]

抗酸化による研究はあまり行われてきておらず、2013年にランダム化比較試験が報告され、マリアアザミの抗酸化物質としての成分シリマリン(主な活性成分シリビニンを含む)、細胞内の抗酸化作用を持つグルタチオンの合成に関わるN-アセチルシステイン、抗酸化作用のある必須ミネラルのセレンは、それぞれ偽薬に比較して8週間で病変数を半減させ(この点でセレンは若干効果が弱く半減とまではいかない)、血中のグルタチオン濃度など酸化ストレスマーカーにも変化があった[45]

民間療法[編集]

ティーツリーオイルを5%に希釈したジェルは、ランダム化比較試験で偽薬に比較して、ニキビの数と重症度を有意に減少させた[46]

各国のガイドライン[編集]

日本皮膚科学会の『尋常性痤瘡治療ガイドライン2016』にて[4]、外用抗菌薬では炎症性皮疹に、外用抗菌薬クリンダマイシンナジフロキサシンオゼノキサシン)を強く推奨する[4]

内服抗菌薬[4]
薬剤名 適応分類 胎児危険度分類 推奨度
US AU
ドキシサイクリン なし D [注 1] D A (強く推奨)
ミノサイクリン なし D [注 1] D A* (推奨)
ロキシスロマイシン あり B1 B (推奨)
ファロペネム あり B (推奨)
テトラサイクリン なし D [注 1] D C1 (選択肢の一つ)
エリスロマイシン なし B A C1 (選択肢の一つ)
クラリスロマイシン なし C B3 C1 (選択肢の一つ)
レボフロキサシン あり C C1 (選択肢の一つ)
トスフロキサシン あり C1 (選択肢の一つ)
シプロフロキサシン なし C B3 C1 (選択肢の一つ)
ロメフロキサシン なし C1 (選択肢の一つ)
セフロキシム アキセチル あり C1 (選択肢の一つ)
  • ざ瘡(炎症性皮疹)への適応を有するロキシスロマイシンは、ファロペネムやミノサイクリンと比較して有意差がなかった日本のRCT報告があり、副作用は軽微であった[4]
  • ミノサイクリンの有効性は確立されているものの、副作用の頻度が高く、重篤な副作用もあることから注意喚起されている[4]

2016年の米国皮膚科学会ガイドラインは以下[47]

局所療法
薬剤 勧告の強さ エビデンスレベル
過酸化ベンゾイル A I, II
外用抗生物質 A I, II
抗生物質&過酸化ベンゾイル A I
局所レチノイド A I, II
レチノイド&過酸化ベンゾイル/抗生物質 A I, II
アゼライン酸 (英語版 A I
外用ダプソン A I, II
サリチル酸 B II
全身抗生物質
薬剤 勧告の強さ エビデンスレベル
テトラサイクリン系テトラサイクリン[注 2]ドキシサイクリン[注 2]ミノサイクリン[注 2] A I, II
マクロライド系アジスロマイシン[注 3]エリスロマイシン[注 4] A I
トリメトプリム[注 5] w/ または、スルファメトキサゾール[注 6] w/o B II
使用期間の制限と局所療法の維持 A I, II
  • エリスロマイシン、アジスロマイシン、アモキシシリン[注 4]セファレキシン[注 4]の有効性もサポートしている。
  • 以前のガイドラインでは、アクネ菌英語版を減少させるためにドキシサイクリンよりも優れたミノサイクリンを推奨していた。しかし、最近のコクランレ・ビューではミノサイクリンがざ瘡に有効であるものの、他の抗生物質より優れていないことが判明している。
  • ミノサイクリンは1mg/kg用量の徐放剤が最も安全であると示されているが、有効性については用量依存性が認められなかった。ドキシサイクリンは1.7 - 2.4mg/kg用量の範囲で効果的と示されている。
イソトレチノイン内服
薬剤 勧告の強さ エビデンスレベル
従来の投与 A I, II
中等度のざ瘡への低用量治療 A I, II
モニタリング B II
iPLEDGEと避妊 A II
  • イソトレチノイン内服は、米国でざ瘡治療に30年以上使用されてきた。中等度のざ瘡に0.25mg/kgからの低用量治療が有効である。

2012年の欧州皮膚科学会ガイドラインは以下[48]

  • 軽度から中等度の丘疹膿疱性ざ瘡
軽度から中等度の丘疹膿疱性ざ瘡へ、「過酸化ベンゾイル(固定)とアダパレン」の組み合わせ、もしくは「クリンダマイシン(固定)と過酸化ベンゾイル」の組み合わせが勧告強度「高」で推奨されている[48]
  • 重度の丘疹膿疱性ざ瘡
重度の丘疹膿疱性ざ瘡の治療にイソトレチノイン内服の単独療法が勧告強度「高」で推奨されている[48]
  • 中等度から重度の結節性ざ瘡
中等度から重度の結節性ざ瘡の治療にイソトレチノイン内服の単独療法が勧告強度「高」で推奨されている[48]

抗生物質内服について、ドキシサイクリン、リメサイクリン (Lymecycline、ミノサイクリン、テトラサイクリンは全て同等の効果と示唆されるが[48]、ドキシサイクリンよりもミノサイクリンで有害事象報告が多く、重篤な有害事象報告はミノサイクリンに多い。しかしドキシサイクリンはミノサイクリンにはない光線過敏がある。リメサイクリンの有害事象報告は少なく、テトラサイクリンに匹敵する[48]。ミノサイクリンやテトラサイクリンよりも、ドキシサイクリンやリメサイクリンを優先して選択する必要があるとされている[48]

イソトレチノイン内服によるうつ病リスクは関連が示されていない。実際には抑うつ状態を減少させている。自殺との関連も示されていない。しかし、うつ病リスクと自殺リスクは患者に知らされるべきである[48]

コクラン・レビュー[編集]

ミノサイクリンが他の一般的なざ瘡治療(他のテトラサイクリン系を含む)よりも効果的であったというエビデンスはない[39]コクラン共同計画システマティック・レビューにおいて、ミノサイクリンが他のテトラサイクリン系より優れていると結論付けたのは、深刻な方法論的問題を有していた2つの研究だけであった[49]。他のテトラサイクリン系と比較して安全性に懸念が残った[38]

疫学[編集]

サハラ砂漠以南のアフリカ諸国以外、世界的にざ瘡の有病率は増加傾向にある[50]。特に東アジアほど有病率が高く、途上国より先進国で有病率が高い[50]。男性より女性で有病率が高く、15歳がピークとなっている[50]。10歳と20歳の有病率がほぼ同じ水準[50]。内因性アンドロゲンであるジヒドロテストステロン(DHT)は男性と女性でざ瘡の原因となりうる[50]

有病率[編集]

2008年のガルデルマ株式会社、塩野義製薬株式会社が作成したパンフレットでは以下の様な論文データが引用されている。ざ瘡治療のために医療機関を受診する患者は11.8%、患者の平均年齢は男性19.0±4.4歳、女性24.4±6.6歳、全体では23.5±6.6歳であった。来院患者で最も多いのは20代女性で、男性は10代の患者が多かった。男性の重症度は、軽症が20.3%、中等症が67.8%、重症が11.9%、最重症が0%であった。女性の重症度は、軽症が34.5%、中等症が54.9%、重症が9.9%、最重症が0.7%であった[51]

ガルデルマ株式会社が作成したPR資料においては、同社が約5000人の12 - 35歳を対象とした調査において、過去1年間ににきび治療のために医療機関を受診した患者数は254万人と推定された。日本国内におけるにきびの罹患者数は約1,500万人と推定された[52]。2015年7月のガルデルマ株式会社、塩野義製薬株式会社による調査報告では、600名を対象とした15 - 39歳を対象とした調査報告では、にきび治療のために医療機関を受診した人は全体の3割(194/600人、32.3%)であった。女性の方が約7%高い結果となった。今回の調査対象の6割ににきび痕があった[53]

2011年に行われたナイジェリアの南西部に位置するイバダンでの調査報告[54]。464人の学生のデータを分析した結果、被験者の標準偏差年齢は13.6歳(±3.6歳)、平均BMI指数は17.8kg/m2であり、合計299人(64.4%)が尋常性ざ瘡を有することが見出された[54]。ざ瘡が頻出していた人で報告が多かったのは、毎日牛乳を飲んでいる(72.6% vs. 62.0%; P=0.035)、コーン(76.6% vs. 62.3%; P=0.016)、フライドビーフ(75.0% vs. 62.1%; P=0.042)、ケーキ(77.8% vs. 62.3%; P=0.012)[54]。ざ瘡が少ない学生に共通していたのは、毎日バナナを食べていた(55.3% vs. 67.6%; P=0.032)[54]

社会と文化[編集]

前述の通り、にきびは人に恋し恋される青年や思春期に主に用いられる言葉であり、日本ではそれを表現する「思い面瘡思われ面皰」(おもいおもくさおもわれにきび)といったことわざも存在する。また、にきび治療薬クレアラシルのCM(1986年、島田奈美)では、「思い思われ振り振られ」(額=思い、顎=思われ、左頬=振り、右頬=振られ)という、にきびの部位による恋占いが登場したこともある。

ざ瘡治療のための社会的経済コストは相当なもので、アメリカ合衆国では、医師による500万以上の診察の原因と、直接経費で毎年25億ドル(約2,500億円)以上のコストとされる。同様にイギリスでは、毎年350万の診察の原因とされる。

ざ瘡はカナダの多くの人々に影響を与え、心理社会的および財政的影響をもたらしている[55]

デンマークの初期医療における抗菌薬の大きな消費増加は、近年の若者のニキビに対するテトラサイクリン使用と高い関連があった[56]

注釈[編集]

  1. ^ a b c "Evidence of risk" 危険性の証拠がある
  2. ^ a b c 胎児危険度分類(US):D "Evidence of risk" 危険性の証拠がある / (AU):D
  3. ^ 胎児危険度分類(US):B / (AU):B1
  4. ^ a b c 胎児危険度分類(US):B / (AU):A
  5. ^ 胎児危険度分類(US):C / (AU):B3
  6. ^ 胎児危険度分類(US):C / (AU):C

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ニキビ・面皰(にきび) - 語源由来辞典”. 株式会社ルックバイス. 2016年9月29日閲覧。[信頼性要検証]
  2. ^ 大辞林「尋常」”. hantaigo.com. 2016年11月20日閲覧。
  3. ^ Farrah, G (2016年6月16日). “The use of oral antibiotics in treating acne vulgaris: a new approach.”. w:Dermatology and Therapy.. doi:10.1111/dth.12370. PMID 27306750. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/dth.12370/abstract. 
  4. ^ a b c d e f g h i 林伸和、赤松浩彦、岩月啓氏、大森遼子、上中智香子、黒川一郎、幸野健、小林美和、谷岡未樹、古川福実、古村南夫、山㟢修、山㟢研志、山本有紀、宮地良樹、川島眞 (2016年5月21日). “尋常性痤瘡治療ガイドライン2016” (pdf). 日本皮膚科学会雑誌 (日本皮膚科学会) 126 (6): 1045-86. doi:10.14924/dermatol.126.1045. https://doi.org/10.14924/dermatol.126.1045 2016年9月16日閲覧。. 
  5. ^ 黒川一郎、西嶋攝子、「にきび(尋常性ざ瘡),粉瘤(表皮囊腫)」 臨床外科 (2004/10/22) 59巻 11号, p.41-43, doi:10.11477/mf.1407100786
  6. ^ ニキビ・吹き出物の原因 第一三共ヘルスケア
  7. ^ 西山茂夫、「にきびの新しい治療法」 看護学雑誌 (1957/12/15) 21巻 12号 p.63-66, doi:10.11477/mf.1661910505
  8. ^ 飯島茂子、「痤瘡・にきび」 日本皮膚科学会雑誌 Vol.121 (2011) No.9 p.1847-1854, doi:10.14924/dermatol.121.1847
  9. ^ 医薬品添付文書(2015年1月改訂 第19版)イレッサ錠 - ゲフィチニブ (pdf)”. 医薬品医療機器総合機構. (PMDA). (2015年1月). 2016年12月27日閲覧。
  10. ^ 医薬品添付文書(2016年9月改訂 第7版)ジオトリフ錠 - アファチニブ (pdf)”. 医薬品医療機器総合機構. (PMDA). (2016年9月). 2016年12月27日閲覧。
  11. ^ 医薬品添付文書(2012年10月改訂 第9版)ボンゾール錠 - ダナゾール (pdf)”. 医薬品医療機器総合機構(PMDA) (2012年10月). 2016年12月27日閲覧。
  12. ^ 岡田 定 編, 最速!聖路加診断術, p.17
  13. ^ a b Danby, FW (2013年7月). “Turning acne on/off via mTORC1.”. Experimental Dermatology. 22 (7): 505-6. doi:10.1111/exd.12180. PMID 23800069. 
  14. ^ a b c d Kumari, R (2013年6月). “Role of insulin resistance and diet in acne.”. Indian Journal of Dermatology. 79 (3): 291-9. doi:10.4103/0378-6323.110753. PMID 23619434. 
  15. ^ LaRosa, CL (2016年8月). “Consumption of dairy in teenagers with and without acne.”. w:Journal of the American Academy of Dermatology. (JAAD) 75 (2): 318-22. doi:10.1016/j.jaad.2016.04.030. PMID 27241803. http://www.jaad.org/article/S0190-9622(16)30131-1/abstract. 
  16. ^ Melnik, BC (2011年). “Evidence for acne-promoting effects of milk and other insulinotropic dairy products.”. Nestle Nutr Workshop Ser Pediatr Program. 67: 131-45. doi:10.1159/000325580. PMID 21335995. 
  17. ^ Danby, FW (2010年11月). “Nutrition and acne.”. Clinics in Dermatology. 28 (6): 598-604. doi:10.1016/j.clindermatol.2010.03.017. PMID 21034984. 
  18. ^ a b Ferdowsian, HR (2010年3月). “Does diet really affect acne?”. Skin Therapy Letter. 15 (3): 1-2. PMID 20361171. 
  19. ^ a b Adebamowo, CA (2008年5月5日). “Milk consumption and acne in teenaged boys.”. JAAD. 58 (5). doi:10.1016/j.jaad.2007.08.049. PMC 4391699. PMID 18194824. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=4391699. 
  20. ^ a b c Adebamowo, CA (2005年2月). “High school dietary dairy intake and teenage acne.”. JAAD. 52 (2): 207-14. doi:10.1016/j.jaad.2004.08.007. PMID 15692464. 
  21. ^ a b c d e Pontes, Tde C (2013年11月). “Incidence of acne vulgaris in young adult users of protein-calorie supplements in the city of João Pessoa--PB.”. Anais Brasileiros de Dermatologia. 88 (6): 907-12. doi:10.1590/abd1806-4841.20132024. PMC 3900340. PMID 24474098. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3900340. 
  22. ^ Rahaman, SM (2016年10月). “Association of insulin-like growth factor (IGF)-1 gene polymorphisms with plasma levels of IGF-1 and acne severity.”. JAAD. 75 (4): 768-73. doi:10.1016/j.jaad.2016.05.019. PMID 27476104. 
  23. ^ Grossi, E (2016年). “The constellation of dietary factors in adolescent acne: a semantic connectivity map approach.”. JEAD. 30 (1): 96-100. doi:10.1111/jdv.12878. PMID 25438834. 
  24. ^ Melnik, BC (2015年12月24日). “Is sebocyte-derived leptin the missing link between hyperseborrhea, ductal hypoxia, inflammation, and comedogenesis in acne vulgaris?”. Experimental Dermatology. ePub. doi:10.1111/exd.12917. PMID 26660941. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/exd.12917/full. 
  25. ^ “Diet in dermatology: Part I. Atopic dermatitis, acne, and nonmelanoma skin cancer.”. JAAD. 71 (6): 1039.e1-1039.e12. (2014年12月). doi:10.1016/j.jaad.2014.06.015. PMID 25454036. 
  26. ^ a b Burris, J (2014年). “Relationships of self-reported dietary factors and perceived acne severity in a cohort of New York young adults.”. Journal of the Academy of Nutrition and Dietetics. 114 (3): 384-92. doi:10.1016/j.jand.2013.11.010. PMID 24412232. 
  27. ^ a b c d Wolkenstein, P (2014年11月). “Smoking and dietary factors associated with moderate-to-severe acne in French adolescents and young adults: results of a survey using a representative sample.”. Dermatology. 230 (1): 34-9. doi:10.1159/000366195. PMID 25413494. 
  28. ^ Melnik, BC (2013年11月). “Acne: risk indicator for increased body mass index and insulin resistance.”. Acta Dermato-Venereologica. 93 (6): 644-9. doi:10.2340/00015555-1677. PMID 23975508. 
  29. ^ a b c d e f g Di, Landro A (2012年12月). “Family history, body mass index, selected dietary factors, menstrual history, and risk of moderate to severe acne in adolescents and young adults.”. JAAD. 67 (6): 1129-35. doi:10.1016/j.jaad.2012.02.018. PMID 22386050. 
  30. ^ a b ミノマイシン添付文書(第17版) (pdf)”. PMDA (2015年1月). 2016年6月19日閲覧。
  31. ^ イボ(ウイルス性疣贅)には、どんな種類がありますか? 日本皮膚科学会
  32. ^ 毛包炎と皮膚膿瘍 メルクマニュアル医学百科 家庭版
  33. ^ a b c にきび メルクマニュアル家庭版
  34. ^ 症例で学ぶ接触皮膚炎 Vol.5 市販のにきび治療薬で顔面が腫れる日経メディカル オンライン 記事:2011.10.20 閲覧:2011.11.04
  35. ^ 桜井みち代、石川由香子、大塚吉則、八重樫稔、宮坂史路、今井純生、本間行彦: 漢方薬が奏効した脂漏性皮膚炎の5症例 日本東洋医学雑誌, 60, 155-159, 2009, doi:10.3937/kampomed.60.155
  36. ^ Arielle R. Nagler (2016年2月). “The use of oral antibiotics before isotretinoin therapy in patients with acne.”. JAAD. 74 (2): 273-9. doi:10.1016/j.jaad.2015.09.046. PMID 26525749. http://www.jaad.org/article/S0190-9622(15)02254-9/abstract. 
  37. ^ Barbieri, JS (2016年8月5日). “Duration of oral tetracycline-class antibiotic therapy and use of topical retinoids for the treatment of acne among general practitioners (GP): A retrospective cohort study.”. JAAD. S0190-9622 (16): 30472-8. doi:10.1016/j.jaad.2016.06.057. PMID 27502311. http://www.jaad.org/article/S0190-9622(16)30472-8/abstract. 
  38. ^ a b Garner, SE (2012年8月15日). “Minocycline for acne vulgaris: efficacy and safety.”. en:The Cochrane database of systematic reviews. (8): CD002086. doi:10.1002/14651858.cd002086.pub2. PMID 22895927. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/14651858.cd002086.pub2/full. 
  39. ^ a b Minocycline NICE advice (ktt11)”. 英国国立医療技術評価機構 (NICE (2015年1月). 2016年9月16日閲覧。
  40. ^ アキュテイン(ACCUTANE)(わが国で未承認の難治性ニキビ治療薬)に関する注意喚起について”. 厚生労働省. 2016年5月12日閲覧。
  41. ^ Acne : Isotretinoin Vs. Drospirenone; Ethinyl Estradiol DrugInformer 2016年10月14日
  42. ^ 池野宏「ビタミン療法の現状と課題」『フレグランスジャーナル』No.324, 35(8), 39-42, 2007-08, NAID 40015612271
  43. ^ 伊藤洋子 川嶋善仁「紅茶エキスによるニキビケア」『フレグランスジャーナル』 No.321, Vol.35(5), 42-46, 2007-05, NAID 40015493547
  44. ^ Klock J, Ikeno H, Ohmori K, Nishikawa T, Vollhardt J, Schehlmann V (2005年6月). “Sodium ascorbyl phosphate shows in vitro and in vivo efficacy in the prevention and treatment of acne vulgaris”. Int J Cosmet Sci (3): 171–6. doi:10.1111/j.1467-2494.2005.00263.x. PMID 18492184. 
  45. ^ Sahib, Ahmed Salih (2013年). “Effects of Oral Antioxidants on Lesion Counts Associated with Oxidative Stress and Inflammation in Patients with Papulopustular Acne”. Journal of Clinical & Experimental Dermatology Research 03 (05). doi:10.4172/2155-9554.1000163. 
  46. ^ Enshaieh S, Jooya A, Siadat AH, Iraji F (2007年). “The efficacy of 5% topical tea tree oil gel in mild to moderate acne vulgaris: a randomized, double-blind placebo-controlled study”. Indian J Dermatol Venereol Leprol (1): 22–5. PMID 17314442. https://doi.org/10.4103/0378-6323.30646. 
  47. ^ Zaenglein AL, Pathy AL, Schlosser BJ, Alikhan A, Baldwin HE, Berson DS, Bowe WP, Graber EM, Harper JC, Kang S, Keri JE, Leyden JJ, Reynolds RV, Silverberg NB, Stein Gold LF, Tollefson MM, Weiss JS, Dolan NC, Sagan AA, Stern M, Boyer KM, Bhushan R (2016年5月). “Guidelines of care for the management of acne vulgaris”. en:Journal of the American Academy of Dermatology (JAAD) 74 (5): 945-973.e33. doi:10.1016/j.jaad.2015.12.037. PMID 26897386. http://www.jaad.org/article/S0190-9622(15)02614-6/abstract. 
  48. ^ a b c d e f g h Nast A, Dréno B, Bettoli V, Degitz K, Erdmann R, Finlay AY, Ganceviciene R, Haedersdal M, Layton A, López-Estebaranz JL, Ochsendorf F, Oprica C, Rosumeck S, Rzany B, Sammain A, Simonart T, Veien NK, Zivković MV, Zouboulis CC, Gollnick H; European Dermatology Forum (2012年2月). “European evidence-based (S3) guidelines for the treatment of acne”. en:Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology. (JEADV) 26 (1): 1-29. doi:10.1111/j.1468-3083.2011.04374.x. PMID 22356611. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1468-3083.2011.04374.x/full. 
  49. ^ Garner, SE (2003年1月20日). “Minocycline for acne vulgaris: efficacy and safety.”. The Cochrane database of systematic reviews. (1): CD002086. doi:10.1002/14651858.cd002086. PMID 12535427. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/14651858.cd002086/full. 
  50. ^ a b c d e Darren, D Lynn (2016年1月19日). “The epidemiology of acne vulgaris in late adolescence”. Adolescent Health, Medicine and Therapeutics. 7: 13-25. doi:10.2147/ahmt.s55832. PMC 4769025. https://www.dovepress.com/the-epidemiology-of-acne-vulgaris-in-late-adolescence-peer-reviewed-article-ahmt. 
  51. ^ 川島 眞、赤松浩彦、林 伸和、ほか (2008年11月). 皮膚科専門医療機関における痤瘡患者実態調査. ガルデルマ株式会社、塩野義製薬株式会社. http://www.differin.jp/doctor/pdf/research.pdf 2016年9月24日閲覧。. 
  52. ^ 「ニキビは皮フ科へ」の意識が進む受診患者数15%増 約7割が効果を実感”. ガルデルマ株式会社 (2011年6月27日). 2016年5月14日閲覧。
  53. ^ 報道関係各位「ニキビ経験者を対象としたニキビ とニキビ痕に関する調査」より ニキビ経験者の多くが、ニキビ治療を軽視”. ガルデルマ株式会社、塩野義製薬株式会社 (2015年7月31日). 2016年5月14日閲覧。
  54. ^ a b c d Okoro, EO (2016年1月8日). “Association of diet with acne vulgaris among adolescents in Ibadan, southwest Nigeria.”. International Journal of Dermatology. 114 (3): 384-392. doi:10.1111/ijd.13166. PMID 26749364. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/ijd.13166/abstract. 
  55. ^ Czilli, T (2016年6月8日). “Cost of Medications Recommended by Canadian Acne Clinical Practice Guidelines.”. w:Journal of Cutaneous Medicine and Surgery.. doi:10.1177/1203475416653735. PMID 27281440. 
  56. ^ Kuhn, KG ( エラー: 月日を month や day に分けずに date にまとめて記入してください。). “High consumption of tetracyclines for acne treatment among young Danish adults.”. w:The Journal of Infectious Diseases. 48 (11-2): 808-12. doi:10.1080/23744235.2016.1205214. PMID 27385460. 
  • 黒川一郎、西嶋攝子、「にきび(尋常性ざ瘡),粉瘤(表皮囊腫)」 臨床外科 (2004/10/22) 59巻 11号, p.41-43, doi:10.11477/mf.1407100786

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]