Jリーグタイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jリーグタイム
ジャンル スポーツニュース教養番組
放送時間 原則として土曜日21:10-21:50(40分)
放送期間 2006年4月-
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHKNHKグローバルメディアサービス
出演者 宮崎瑠依
NHKアナウンサー(日替わり)
コメンテーター(日替わり)
オープニング NIPPON / 椎名林檎(2014年度中期以降 作詞/作曲: 椎名林檎 本文参照)
エンディング (OPに同じ)

特記事項:
Jリーグの中継体制等で放送枠の異動あり(本文参照)
前身番組として「速報!Jリーグ」が2003年度-2005年度放映
2010年3月までの放送時間は21:10-21:40(30分枠)→2011・12年度は21:10-21:35(35分枠)
テンプレートを表示

Jリーグタイム(ジェイリーグタイム)は、NHK BS1で放送されているJリーグの試合結果の詳細を放送するダイジェスト番組である。2006年4月放送開始。NHKの関連会社であるNHKグローバルメディアサービス(以下、G-Media)が制作に携わっている(放送上では製作著作のクレジットはされていない)。

前番組である『速報Jリーグ』(そくほうジェイリーグ)についても本稿で記す。

概要[編集]

当日行われたJリーグ ディビジョン1 (J1) の全試合のダイジェストを映像付き(ローカル放送を含めNHKが中継を行った試合はNHK独自の映像、それ以外はスカパー!の映像)で放送する。Jリーグ ディビジョン2(J2)の試合はJ1と同日開催、もしくは直近日開催の場合に一部試合を映像付きで放送する(試合結果は全試合放送。J2全試合映像なしの場合あり)。放送時間帯が早いため、最も早くJリーグの詳報が伝えられる番組だった[1]

タイトルに「Jリーグ」を冠しているが、サッカー日本代表の国際試合(FIFAワールドカップ予選など)がNHKBS1で放送される場合、試合前後に「Jリーグタイムスペシャル」として日本代表戦の展望を中心に編成されることがある。また、NHKが当該週末に行われる国際試合の放映権を持たない場合は、J1の優勝争いやイングランドプレミアリーグ序盤のハイライトなどの企画を中心に構成するなど、Jリーグ以外の話題を放送することもある。オフシーズンの放送を開始した2009年以降は「ウィンタースペシャル」のサブタイトルでJリーグ回顧や新年度のキャンプ・戦力を分析するなどの企画も放送される。

なお、天皇杯全日本サッカー選手権大会にJ1チームが登場する場合、試合結果を放送するダイジェスト番組がJリーグタイムとは別枠で放映される[2]が、スタジオセットや司会者・解説者の一部はJリーグタイムと共通である。また、AFCアジアチャンピオンズリーグのダイジェスト番組、およびサッカー日本代表関係のハイライト番組もこの番組のフォーマットを基本に放送されている。

オープニングのムービーおよびエンディングテーマはNHKのJリーグ中継のテーマと同一である(オープニングのムービーは2009年までは番組独自のもので、サッカー選手のリフティングシルエット画像だった)。具体的な楽曲名についてはJリーグ中継 (NHK)#テーマ曲の節を参照。

スタジオのセットには当日NHKが中継したカードや注目のカードに絡むチームのマスコットキャラクターのぬいぐるみが置いてあることが多い。

2011年4月の放送から、新BS1でのハイビジョン放送に移行した(番組自体はデジタルでは開始当初から、アナログも2010年7月の放送からレターボックス16:9サイズの標準画質で放送されている)。それに先駆けて2011年2月26日放送分からセットを全面的に変更した。これまでは赤ベースのセットに司会者・解説者が座る形で進行していたが、同年1月のAFCアジアカップの中継で使用されたサッカーボールをイメージした六角形のモニターを中心にしたセットに若干アレンジを加え、司会者・解説者が立って進行するスタイルになった。また2011年4月(新BS1移行後)から本編中は一部の時間を除き番組タイトルロゴを画面右下に常時表示するようになった他、新聞EPG番組表ではサブタイトルが掲載されるようになった。

2012年からは、番組内で放送されたJ1リーグ戦各試合のダイジェストと「マンスリーJ2」(後述)のコーナーを、NHKスポーツオンライン・動画(Jリーグ)のページにてオンデマンド動画配信している(放送後から期間限定)。

放送時間[編集]

原則として毎週土曜日及び土曜日以外のJ1リーグ戦開催日・21:10 - 21:50 (JST)

  • 2008年まではJリーグ(J1)シーズン中のリーグ戦の試合が開催された日に限って放送され、カップ戦のみ・J2のみが行われた日、オフシーズンには放送されなかったが、2009年4月からはJ1リーグ戦開催の有無・オフシーズンに関係なく、ほぼ毎週放送される(平日開催時は従来どおり開催日のみ。また2011年ごろからオンシーズン中に国際Aマッチなどにより、J1の開催がない週末には放送されない日もある)。2010年3月までは21:40までの30分枠だったが、2010年4月から35分枠に拡大した。2012年4月からは更に5分延長で40分になって今日に至る
  • J1が分散開催(土日、土日祝など)となる場合は、基本的に土曜日のみに放送されていた[3]。逆に日曜日のみ開催の場合は放送日が日曜に振り替えとなるのが基本。また、試合日が特定チームの振替措置(AFCチャンピオンズリーグとの日程調整など)によるものの場合は放送がない。
  • Jリーグ中継日に21:00から放送されるNHK BSニュースが20:50の放送となるとき(Jリーグ中継がない場合など)は、21:00 - 21:35となるケースがある。逆に前の番組がNHKプロ野球の場合、放送時間が21:30開始(試合中継延長時は繰り下げ。その場合は生放送予定時間に収録した番組の撮って出し)に変更される。オフシーズンには19時台(19:00 - 19:49など)に放送されることもあった。
  • 開幕戦、最終節など、重要な試合がある場合は放送時間を拡大することがある。
  • 夜間に急遽ほかの重要なスポーツ中継を行う場合など[4]には深夜(24:10 - 24:35など)に放送されることもある。2011年以降はスポーツ中継とのマルチチャンネル放送が行われるケースもある[5]
  • オリンピックFIFAワールドカップの大会期間中など、BS1の特別編成のために、放送そのものが休止となる場合もある。
  • この番組の直前の枠でJリーグ中継があった場合、中継の最後に女性キャスターによる当番組の予告が放送される。

なお通常再放送はないが、2010年5月29日(21時から21時35分)放映分は、翌5月30日に開催されるワールドカップへ向けた日本代表イングランド代表の練習試合の特集であったことから、30日正午から再放送が行われた。

出演者[編集]

キャスター
電子番組ガイドではNHKアナウンサーをメイン司会として扱っているが、実質的には女性キャスターが主に番組の進行役を務め、NHKアナウンサーが番組進行に加えて試合のレポートなどを行う役割となっている。
解説
  • 小島伸幸山本昌邦早野宏史などNHKのサッカー解説者(1名が日替わりで出演)。
    • 2009年は福西崇史がゲスト解説としてたびたび出演した。なお福西は2010年から正式にNHKのサッカー解説者となった。
ナレーター(クレジットなし)
過去の出演者
  • 枦山南美(フリーアナウンサー、2006年~2008年)
  • 山岸舞彩(フリーキャスター・タレント、2009年~2011年1月)
  • 伊藤友里(フリーキャスター・タレント、2011年2月~2014年2月)
ゲスト
2007年下期より、試合出場後の現役選手のゲスト出演が行われる場合がある。開幕直後やJ1長期中断の直前・直後に多い。
他に、Jリーグとのコラボレーション企画に伴いキャラクターが登場することがある。

主なコーナー[編集]

試合速報や特集以外の主なコーナーを挙げる。

  • 「感RUI」「ゆりすぐり」「マイLOVE」「なみチョイス」 - 番組の締めのコーナー。女性キャスターが女性の観点から、その日行われた試合で好印象を与えた選手のプレーについて紹介する。このコーナーの題名は女性キャスターの氏名からつけられている。
  • 「海外サッカー」(特にコーナー名は定めず。2010年-2011年シーズン途中より) - NHK BS1で取り上げるプレミアリーグセリエAの最新試合情報を届ける。
  • 「マンスリーJ2」 - 2012年より、毎月月末にJ2リーグの注目チーム・選手をクローズアップする特集を行う。J2の試合が2012年から基本的に日曜日のみの開催となり、試合速報が出来なくなったための代替として企画。なお「マンスリー」の特集がない場合でも、前週の試合結果を踏まえた順位説明や日曜の試合予定の紹介(J3含む)はある
過去に
ウィンタースペシャル
  • 2011年以後、Jリーグの公式戦が行われない1-2月にも「Jリーグタイム・ウィンタースペシャル」と題した特別篇が行われる。
  • このウィンタースペシャルではJリーグのスター選手をゲストに招き、その選手の魅力や素顔を引き出すほか、2月には各チームの春季キャンプの模様をキャスター、解説者が実際に取材を行ったりする。またシーズン開幕直前には各チーム戦力分析などを行う。

速報Jリーグ[編集]

Jリーグタイム同様、2001~2005年シーズンの試合終了直後にNHK-BS1で放送されていた30分のダイジェスト番組。現在のJリーグタイムと番組構成がほとんど同じであった。

放送時間[編集]

  • Jリーグ (J1) 試合開催日 原則として21:10 - 21:40 (JST)
    • NHK BSニュース開始前は放送時間が21:00 - 21:30だった。
    • 現在と異なり、土日分離開催時には日曜日に10分間の短縮版が放送されていた。短縮版では女性キャスターのみが出演していた。

出演者[編集]

キャスター
解説

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2011年より、スカチャンJリーグアフターゲームショーマッチデーJリーグが本番組と同じ21:10開始(ナイターがない場合は試合開始時刻一番遅い試合のキックオフ120分後に開始)となっている。
  2. ^ 原則として試合日の21時台にBS1で生放送、試合日の深夜(試合翌日の未明)に総合テレビで時差放送。NHKが全試合を中継する準決勝以後は放送されないが、2009年-10年の第89回大会は決勝戦でもダイジェスト番組が放送されるほか、1回戦の結果はJリーグタイムで放送した。なお、2008年までは女性キャスターは出演せず、解説者と進行役のNHK男性アナウンサーだけの出演だった
  3. ^ BSによるJリーグ中継のカードが原則として土曜日のナイトマッチであるため。2009年はNHKが日曜日の試合のみを中継した場合には日曜日にのみ放送される場合があったり、土曜日の中継がなく日曜日に試合の中継があった場合でも土曜日に通常通り放送するケースがあった。
  4. ^ プロ野球北海道日本ハムファイターズvs千葉ロッテマリーンズ戦の生中継を急遽行った2007年9月29日や、ハンドボール北京オリンピック女子世界最終予選の中継を行った2008年3月30日ロンドンオリンピック女子サッカーアジア最終予選日本対韓国戦の中継を行った2011年9月3日など。
  5. ^ 2011年の日本シリーズ福岡ソフトバンクホークス中日ドラゴンズ第6戦と重なった2011年11月19日など。

外部リンク[編集]