笹井芳樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
笹井 芳樹
人物情報
生誕 1962年
日本の旗 日本 兵庫県
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 京都大学
学問
研究分野 生物学再生医学
研究機関 京都大学
UCLA
理化学研究所
主な業績 神経誘導因子の発見
網膜脳神経の分化誘導
影響を
受けた人物
山中伸弥
影響を
与えた人物
高橋政代
小保方晴子
主な受賞歴 ベルツ賞、文部科学大臣表彰科学技術賞、井上学術賞、塚原仲晃記念賞、武田医学賞上原賞
テンプレートを表示

笹井 芳樹(ささい よしき、1962年(昭和37年 - )は日本の医学者、研究者。京都大学博士(医学)[1]

神経系の初期発生の遺伝子・細胞レベルの研究者として知られる。世界で初めてES細胞による網膜の分化誘導に成功し、立体的な網膜を生成することにも成功した。

京都大学助教授、教授、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(Center for Developmental Biology)グループディレクター、同 副センター長を歴任。受賞実績多数。2014年のSTAP研究不正事件では、様々な責任が追究されている。

来歴・人物[編集]

医学部から研究の道へ[編集]

1980年愛知県立旭丘高等学校卒業。1986年 京都大学医学部卒業後、神戸市立中央病院で研修を受け同年、京都大学大学院医学研究科に入学する。1993年京都大学にて博士(医学)を取得[1]

神経誘導因子研究[編集]

1993年カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部客員研究員。このときSpemann形成体から分泌される「神経誘導因子」の分子実体とその作用機構を研究する。1996年、京都大学医学部助教授(生体情報科学講座)に就任し神経分化を決定するスイッチ因子のカスケードの研究に従事。1998年、新設された京都大学再生医科学研究所教授に36歳の若さで就任し、ES細胞から選択的に神経細胞を分化させる系を確立した。

理化学研究所異動と自己組織化研究[編集]

2000年理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター・グループディレクター兼任、翌年専任に。神戸先端医療財団評議員、Development誌編集顧問委員、Neuron誌編集顧問委員も務めていく。

また、2005年には高橋政代ES細胞による網膜の分化誘導に成功し、2011年4月7日付の英科学誌『ネイチャー』に、マウスES細胞から網膜全体を作ることに成功したことを発表。ES細胞から網膜を立体的に作ったのは世界初の試みであった[2]

CDB幹部とSTAP研究の問題[編集]

2012年12月に小保方晴子のCDB研究ユニットリーダー採用面接に立ち会い、竹市雅俊センター長からSTAP論文(STAP、STAP細胞、STAP幹細胞、FI幹細胞)の指導を依頼される[3]。その後も指導を続けるうちに共著者や共同発明者に加わっていき[3]2013年には副センター長となった後も同研究をバックアップする。後に疑義が生じた際には、笹井の責任が厳しく指摘され、幹部退任を提言されるまでに至った[4][5][6]

履歴[編集]

略歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 1998年12月 - Human Frontier Science Program Organization 10周年記念賞
  • 2006年11月 - ベルツ賞(共同受賞)
  • 2009年 4月 - 文部科学大臣表彰科学技術賞
  • 2009年 4月 - 東京テクノ・フォーラム21ゴールド・メダル賞
  • 2010年10月 - 大阪科学技術賞
  • 2012年 2月 - 井上学術賞
  • 2012年 4月 - 第6回Sayer Vision Research Lecture Award(米国NIH財団)
  • 2012年 9月 - 塚原仲晃記念賞
  • 2012年度 - 武田医学賞
  • 2014年 - 2013年度上原賞(上原記念生命科学財団)

主な著作[編集]

学位論文[編集]

著書[編集]

論文[編集]

  • Morizane A, Takahashi J, Takagi Y, Sasai Y, Hashimoto N. (2002). “Optimal conditions for in vivo induction of dopaminergic neurons from ES cells through stromal cell-derived inducing activity.”. J Neurosci Res 69 (6): 934-939. 
  • Haruta M, Sasai Y, Kawasaki H, Amemiya K, Ooto S, Kitada M, Suemori H, Nakatsuji N, Ide C, Honda Y, Takahashi M. (2004-03). “In vitro and in vivo characterization of pigment epithelial cells differentiated from primate embryonic stem cells”. Invest Ophthalmol Vis Sci 45 (3): 1020-1025. PMID 14985325. 
  • Watanabe K, Ueno M, Kamiya D, Nishiyama A, Matsumura M, Wataya T, Takahashi J, Nishikawa S, Nishikawa S-I, Muguruma K, Sasai Y. (2007). “A ROCK inhibitor permits survival of dissociated human embryonic stem cells.”. Nat Biotech 25: 681-686. 
  • Fumitaka Osakada , Hanako Ikeda , Michiko Mandai , Takafumi Wataya , Kiichi Watanabe , Nagahisa Yoshimura , Akinori Akaike , Yoshiki Sasai, Masayo Takahashi (2008-02-01). “Toward the generation of rod and cone photoreceptors from mouse, monkey and human embryonic stem cells”. Nat Biotechnol 26: 215-224. doi:10.1038/nbt1384. 
  • Hayashi H, Morizane A, Koyanagi M, Ono Y, Sasai Y, Hashimoto N, Takahashi J (2008). “Meningeal cells induce dopaminergic neurons from embryonic stem cells.”. Eur J Neurosci 27: 261-268. 
  • Osakada F, Ikeda H, Mandai M, Wataya T, Watanabe K, Yoshimura N, Akaike A, Sasai Y, Takahashi M. (2008). “Toward the generation of rod and cone photoreceptors from mouse, monkey and human embryonic stem cells”. Nature Biotechnology 26: 215-224. PMID 18246062. 
  • Fumitaka Osakada, Hanako Ikeda, Yoshiki Sasai, Masayo Takahashi (2009). “Stepwise differentiation of pluripotent stem cells into retinal cells”. Nature Protocols 4: 811-824. PMID 19444239. 
  • Doi D, Morizane A, Kikuchi T, Onoe H, Hayashi T, Kawasaki T, Motono M, Sasai Y, Saiki H, Gomi M, Yoshikawa T, Hayashi H, Shinoyama M, Mohamed R, Suemori H, Miyamoto S, Takahashi J (2012). “Prolonged maturation culture favors a reduction in the tumorigenicity and the dopaminergic function of human ESC-derived neural cells in a primate model of Parkinson’s disease”. Stem Cells 30 (5): 935-945. 
  • H. Obokata, T. Wakayama, Y. Sasai, K. Kojima, M. P. Vacanti, H. Niwa, M. Yamato, C. A. Vacanti (January 2014). “Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotency”. Nature 505 (7485): 641-647. doi:10.1038/nature12968. ISSN 00280836. 
  • H. Obokata, Y. Sasai, H. Niwa, M. Kadota, M. Andrabi, N. Takata, M. Tokoro, Y. Terashita, S. Yonemura, C. A. Vacanti, T. Wakayama (January 2014). “Bidirectional developmental potential in reprogrammed cells with acquired pluripotency”. Nature 505 (7485): 676-680. doi:10.1038/nature12969. ISSN 00280836. 
  • H. Obokata, Y. Sasai, H. Niwa (March 2014). “Essential technical tips for STAP cell conversion culture from somatic cells”. Protocol Exchange. doi:10.1038/protex.2014.008. 
  • Juthaporn Assawachananont, Michiko Mandaiemail, Satoshi Okamoto, Chikako Yamada, Mototsugu Eiraku, Shigenobu Yonemura, Yoshiki Sasai, Masayo Takahashi (2014-05-06). “Transplantation of Embryonic and Induced Pluripotent Stem Cell-Derived 3D Retinal Sheets into Retinal Degenerative Mice”. Stem Cell Reports 2 (5): 662-674. doi:10.1016/j.stemcr.2014.03.011. 

解説[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Y. Sasai 1993.
  2. ^ The self-made eye: Formation of optic cup from ES cells (RIKEN Center for Developmental Biology (CDB))
  3. ^ a b CDB 自己点検検証委員会 2014.
  4. ^ “STAP細胞:改革委員「疑惑後、理研の対応まずく」”. 毎日新聞. (2014年6月18日). http://mainichi.jp/select/news/20140618k0000m040120000c.html 2014年6月18日閲覧。 
  5. ^ 研究不正再発防止のための改革委員会 (2014-06-12) (PDF). 研究不正再発防止のための提言書 (Report). 理化学研究所. http://www3.riken.jp/stap/j/d7document15.pdf 2014年6月12日閲覧。. (日本語)
  6. ^ “STAP細胞:ネイチャー反省記事 過去の教訓生かされず”. (2014年7月4日). http://mainichi.jp/select/news/20140704k0000e040155000c.html 2014年7月4日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

(理化学研究所)

(報道・取材)

(講演情報)

- JST Channel. “iPS再生医療 講演 笹井芳樹”. YouTube. 2014年7月23日閲覧。「視機能再生のための複合組織形成技術開発および臨床応用推進拠点」、2013年8月26日(月)。
- JST Channel. “iPS再生医療 講演者らによるQ&A”. YouTube. 2014年7月12日閲覧。