ショウジョウバエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショウジョウバエ科 Drosophilidae
Biology Illustration Animals Insects Drosophila melanogaster.svg
キイロショウジョウバエ成虫のオス(左)とメス(右)
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ハエ目(双翅目) Diptera
亜目 : ハエ亜目(短角亜目) Brachycera
下目 : ハエ下目 Muscomorpha
上科 : ミギワバエ上科 Ephydroidea
: ショウジョウバエ科 Drosophilidae
亜科

ショウジョウバエ(猩猩蠅)はハエ目(双翅目)・ショウジョウバエ科 (Drosophilidae) に属するハエの総称である。科学の分野ではその1種であるキイロショウジョウバエ (Drosophila melanogaster) のことをこう呼ぶことが多い。この種に関しては非常に多くの分野での研究が行われた。それらに関してはキイロショウジョウバエの項を参照されたい。本項ではこの全般を扱う。

生態[編集]

ショウジョウバエ科には3,000を超えるが記載されている。

下位分類[編集]

ショウジョウバエ属[編集]

ショウジョウバエ属は17亜属に分類され、日本には7亜属が生息する。多くの種は体長3mm前後と小さく、自然界では熟した果物類や樹液およびそこに生育する天然の酵母を食料とする。酵母は果実や樹液を代謝しアルコール発酵を行うため、ショウジョウバエはに誘引されると考えられる。大半の種は糞便や腐敗動物質といったタイプの汚物には接触しないため、病原菌の媒体になることはない。

名称[編集]

ショウジョウバエの和名は、代表的な種が赤いを持つことや酒に好んで集まることから、顔の赤い酒飲みの妖怪「猩々」にちなんで名付けられた。日本では一般には俗にコバエ(小蝿)やスバエ(酢蝿)などとも呼ばれる。学名の Drosophila は「湿気・露を好む」というギリシャ語 δροσος (drosos) + φιλα (phila) にちなむ。これはドイツ語での通称が露バエを意味する Taufliegen であることによる。英語では俗に fruit fly (果実蝿)、 vinegar fly (酢蝿)、 wine fly (ワイン蝿)などと呼ばれる。

ショウジョウバエ属の分類[編集]

キイロショウジョウバエ成虫オス

ショウジョウバエ属は17亜属に分類され、日本には7亜属が生息する。以下に日本で見られるものについて示す。スターティヴァント英語版は亜属を Drosophila のアナグラムで命名した。

  • ショウジョウバエ属 Drosophila Fallen
    • マメジョウバエ亜属 Scaptodrosophila 10種
    • ニセオトヒメショウジョウバエ亜属 Psilodorha 1種
    • フサショウジョウバエ亜属 Hirtodrosophila 32種
    • ニセヒメショウジョウバエ亜属 Lordiphosa 8種
    • シマショウジョウバエ亜属 Sophophora Sturtevant 28種
      • ウスグロショウジョウバエ種群 D. obscura sp. group
        • ウスグロショウジョウバエ D. obscura
      • キイロショウジョウバエ種群 D. melanogaster sp. group
    • ショウジョウバエ亜属 Drosophila Fallen 38種
      • クロショウジョウバエ種群 D. virilis sp. group
        • クロショウジョウバエ D. virilis
    • ヒョウモンショウジョウバエ亜属 Dorsilopha Sturtevant 1種


外部リンク[編集]