加水分解酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

加水分解酵素(かすいぶんかいこうそ、: hydrolase)とはEC第3群に分類される酵素で、加水分解反応を触媒する酵素である。ヒドロラーゼと呼ばれる[1]。代表的な反応はタンパク質脂質多糖炭水化物〉をアミノ酸脂肪酸ブドウ糖などに消化分解する生化学反応に関与する。あるいはコリンエステラーゼ環状ヌクレオチドホスホジエステラーゼプロテインホスファターゼのような生体内のシグナル伝達に関与するものも多い。

目次

概略[編集]

加水分解酵素は、エステル結合〈エステラーゼ〉、グリコシド結合〈グリコシダーゼ〉、エーテル結合、チオエーテル結合、ペプチド結合〈ペプチダーゼ〉などの加水分解を触媒する物の他に、アミドC-N結合、C-C結合、C-ハロゲン結合、P-ハロゲン結合およびP-N結合の一方にHを、他方にOH基をつけて切断する反応を触媒するものが存在する[2]。またATPアーゼのようにシグナル伝達や筋収縮などに関与する酵素も加水分解酵素に分類される。

EC.3.-(加水分解酵素)[編集]

EC.3.1.-(エステル結合に作用)[編集]

EC.3.1.1.-(カルボン酸エステル加水分解酵素)[編集]

EC.3.1.2.-(チオエステル加水分解酵素)[編集]

EC 3.1.3.-(リン酸モノエステル加水分解酵素)[編集]

EC 3.1.4.-(リン酸ジエステル加水分解酵素)[編集]

EC 3.1.5.-(三リン酸モノエステル加水分解酵素)[編集]

EC 3.1.6.-(硫酸エステル加水分解酵素)[編集]

EC 3.1.7.-(二リン酸モノエステル加水分解酵素)[編集]

EC 3.1.8.-(リン酸トリエステル加水分解酵素)[編集]

EC 3.1.11.-(5'-ホスホモノエステル産生エキソデオキシリボヌクレアーゼ)[編集]

EC 3.1.13.-(5'-ホスホモノエステル産生エキソリボヌクレアーゼ)[編集]

EC 3.1.14.-(3'-ホスホモノエステル産生エキソリボヌクレアーゼ)[編集]

EC 3.1.15.-(リボ核酸またはデオキシリボ核酸に作用する、5'-ホスホモノエステル産生エキソヌクレアーゼ)[編集]

EC 3.1.16.-(リボ核酸またはデオキシリボ核酸に作用する、3'-ホスホモノエステル産生エキソヌクレアーゼ)[編集]

EC 3.1.21.-(5'-ホスホモノエステル産生エンドデオキシリボヌクレアーゼ)[編集]

EC 3.1.22.-(3'-ホスホモノエステル産生エンドデオキシリボヌクレアーゼ)[編集]

EC 3.1.23.-(欠番)[編集]

- EC 3.1.21.3, EC 3.1.21.4 あるいは EC 3.1.21.5へ統合

EC 3.1.24.-(欠番)[編集]

- EC 3.1.21.3, EC 3.1.21.4 あるいは EC 3.1.21.5へ統合

EC 3.1.25.-(サイト特異性を有する代替塩基特異性エンドデオキシリボヌクレアーゼ)[編集]

EC 3.1.26.-(5'-ホスホモノエステル産生エンドリボヌクレアーゼ)[編集]

EC 3.1.27.-(3'-ホスホモノエステル産生エンドリボヌクレアーゼ)[編集]

EC 3.1.30.-(リボ核酸またはデオキシリボ核酸に作用する、5'-リン酸モノエステル産生エンドリボヌクレアーゼ)[編集]

EC 3.1.31.-(リボ核酸またはデオキシリボ核酸に作用する、3'-リン酸モノエステル産生エンドリボヌクレアーゼ)[編集]

EC.3.2.-.(グリコシラーゼ)[編集]

EC.3.2.1.-.(O-およびS-グリコシル化合物加水分解酵素)[編集]

EC 3.2.2.-(N-グリコシル化合物加水分解酵素)[編集]

EC 3.2.3.-(S-グリコシル化合物加水分解酵素) (廃止)[編集]

  • EC.3.2.3.1 欠番 → EC.3.2.1.147

EC.3.3.-.(エーテル結合に作用)[編集]

EC 3.3.1.-(チオエーテルおよびトリアルキルスルホニウム加水分解酵素)[編集]

EC 3.3.2.-(エーテル加水分解酵素)[編集]

EC 3.4.-.(ペプチド結合に作用(ペプチダーゼ))[編集]

EC 3.4.1.-(α-アミノアシルペプチド加水分解酵素) (廃止)[編集]

  • EC.3.4.1.1 欠番 → EC.3.4.11.1
  • EC.3.4.1.2 欠番 → EC.3.4.11.2
  • EC.3.4.1.3 欠番 → EC.3.4.11.4
  • EC.3.4.1.4 欠番 → EC.3.4.11.5

EC 3.4.2.-(ペプチド性アミノ酸加水分解酵素) (廃止)[編集]

  • EC.3.4.2.1 欠番 → EC.3.4.17.1
  • EC.3.4.2.2 欠番 → EC.3.4.17.2
  • EC.3.4.2.3 欠番 → EC.3.4.17.4

EC 3.4.3.-(ジペプチド加水分解酵素) (廃止)[編集]

  • EC.3.4.3.1 欠番 → EC.3.4.13.18
  • EC.3.4.3.2 欠番 → EC.3.4.13.18
  • EC.3.4.3.3 欠番 → EC.3.4.13.3
  • EC.3.4.3.4 欠番 → EC.3.4.13.5
  • EC.3.4.3.5 欠番 → EC.3.4.13.6
  • EC.3.4.3.6 欠番 → EC.3.4.13.8
  • EC.3.4.3.7 欠番 → EC.3.4.13.9

EC 3.4.4.-(ペプチド性ペプチド加水分解酵素) (廃止)[編集]

  • EC.3.4.4.1 欠番 → EC.3.4.23.1
  • EC.3.4.4.2 欠番 → EC.3.4.23.2
  • EC.3.4.4.3 欠番 → EC.3.4.23.4
  • EC.3.4.4.4 欠番 → EC.3.4.21.4
  • EC.3.4.4.5 欠番 → EC.3.4.21.1
  • EC.3.4.4.6 欠番 → EC.3.4.21.1
  • EC.3.4.4.7 欠番 → EC.3.4.21.36とEC.3.4.21.37に振り分け
  • EC.3.4.4.8 欠番 → EC.3.4.21.9
  • EC.3.4.4.9 欠番 → EC.3.4.14.1
  • EC.3.4.4.10 欠番 → EC.3.4.22.2
  • EC.3.4.4.11 欠番 → EC.3.4.22.6
  • EC.3.4.4.12 欠番 → EC.3.4.22.3
  • EC.3.4.4.13 欠番 → EC.3.4.21.5
  • EC.3.4.4.14 欠番 → EC.3.4.21.7
  • EC.3.4.4.15 欠番 → EC.3.4.23.15
  • EC.3.4.4.16 欠番 → EC.3.4.21.62 - EC.3.4.21.67に振り分け
  • EC.3.4.4.17 欠番 → EC.3.4.23.20 - EC.3.4.23.30に振り分け
  • EC.3.4.4.18 欠番 → EC.3.4.22.10
  • EC.3.4.4.19 欠番 → EC.3.4.24.3
  • EC.3.4.4.20 欠番 → EC.3.4.22.8
  • EC.3.4.4.21 欠番 → EC.3.4.21.34
  • EC.3.4.4.22 欠番 → EC.3.4.23.3
  • EC.3.4.4.23 欠番 → EC.3.4.23.5
  • EC.3.4.4.24 欠番 → EC.3.4.22.32とEC.3.4.22.33に振り分け
  • EC.3.4.4.25 欠番 削除

EC 3.4.11.-(アミノペプチダーゼ)[編集]

EC 3.4.12.-(ペプチド性アミノ酸加水分解酵素ないしはアシルアミノ酸加水分解酵素) (廃止)[編集]

  • EC.3.4.12.1 欠番 → EC.3.4.16.1
  • EC.3.4.12.2 欠番 → EC.3.4.17.1
  • EC.3.4.12.3 欠番 → EC.3.4.17.2
  • EC.3.4.12.4 欠番 → EC.3.4.16.2
  • EC.3.4.12.5 欠番 → EC.3.4.19.10
  • EC.3.4.12.6 欠番 → EC.3.4.17.8
  • EC.3.4.12.7 欠番 → EC.3.4.17.3
  • EC.3.4.12.8 欠番 → EC.3.4.17.4
  • EC.3.4.12.9 欠番 削除
  • EC.3.4.12.10 欠番 → EC.3.4.19.9
  • EC.3.4.12.11 欠番 → EC.3.4.17.6
  • EC.3.4.12.12 欠番 → EC.3.4.16.1
  • EC.3.4.12.13 欠番 削除

EC 3.4.13.-(ジペプチダーゼ)[編集]

EC 3.4.14.-(ジペプチジルペプチダーゼおよびトリペプチジルペプチダーゼ)[編集]

EC 3.4.15.-(ペプチジルジペプチダーゼ)[編集]

EC 3.4.16.-(セリン性カルボキシペプチダーゼ)[編集]

  • EC.3.4.16.1 欠番 → EC.3.4.16.5ないしはEC.3.4.16.6へ統合 (Supplement 1)
  • EC 3.4.16.2 lysosomal Pro-Xaa carboxypeptidase
  • EC.3.4.16.3 欠番 → EC.3.4.16.5へ統合(Supplement 1)
  • EC 3.4.16.4 serine-type D-Ala-D-Ala carboxypeptidase
  • EC 3.4.16.5 carboxypeptidase C
  • EC 3.4.16.6 carboxypeptidase D

EC 3.4.17.-.(金属プロテアーゼ)[編集]

EC 3.4.18.-(システイン性カルボキシペプチダーゼ)[編集]

EC 3.4.19.-(オメガペプチダーゼ)[編集]

EC 3.4.21.-(セリンエンドペプチダーゼ)[編集]

EC 3.4.22.-.(システインプロテアーゼ)[編集]

EC 3.4.23.-.(アスパラギン酸プロテアーゼ)[編集]

EC.3.4.24.-(金属エンドペプチダーゼ)[編集]

EC 3.4.25.-(トレオニンエンドペプチダーゼ)[編集]

EC 3.4.99.-(触媒機構不明のエンドペプチダーゼ)[編集]

  • EC.3.4.99.1 欠番 → EC.3.4.23.28
  • EC.3.4.99.2 欠番 削除
  • EC.3.4.99.3 欠番 削除
  • EC.3.4.99.4 欠番 → EC.3.4.23.12
  • EC.3.4.99.5 欠番 → EC.3.4.24.3
  • EC.3.4.99.6 欠番 → EC.3.4.24.21
  • EC.3.4.99.7 欠番 削除
  • EC.3.4.99.8 欠番 削除
  • EC.3.4.99.9 欠番 削除
  • EC.3.4.99.10 欠番 → EC.3.4.24.56 (Supplement 3)
  • EC.3.4.99.11 欠番 削除
  • EC.3.4.99.12 欠番 削除
  • EC.3.4.99.13 欠番 → EC.3.4.24.32
  • EC.3.4.99.14 欠番 削除
  • EC.3.4.99.15 欠番 削除
  • EC.3.4.99.16 欠番 削除
  • EC.3.4.99.17 欠番 削除
  • EC.3.4.99.18 欠番 削除
  • EC.3.4.99.19 欠番 → EC.3.4.23.15
  • EC.3.4.99.20 欠番 削除
  • EC.3.4.99.21 欠番 削除
  • EC.3.4.99.22 欠番 → EC.3.4.24.29
  • EC.3.4.99.23 欠番 削除
  • EC.3.4.99.24 欠番 削除
  • EC.3.4.99.25 欠番 → EC.3.4.23.21へ統合
  • EC.3.4.99.26 欠番 → EC.3.4.21.73ないしはEC.3.4.21.68へ振り分け
  • EC.3.4.99.27 欠番 削除
  • EC.3.4.99.28 欠番 → EC.3.4.21.60
  • EC.3.4.99.29 欠番 削除
  • EC.3.4.99.30 欠番 → EC.3.4.24.20へ統合
  • EC.3.4.99.31 欠番 → EC.3.4.24.15へ統合
  • EC.3.4.99.32 欠番 → EC.3.4.24.20
  • EC.3.4.99.33 欠番 削除
  • EC.3.4.99.34 欠番 削除
  • EC.3.4.99.35 欠番 → EC.3.4.23.36 (Supplement 2)
  • EC.3.4.99.36 欠番 → EC.3.4.21.89 (Supplement 2)
  • EC.3.4.99.37 欠番 削除
  • EC.3.4.99.38 欠番 → EC.3.4.23.17
  • EC.3.4.99.39 欠番 削除
  • EC.3.4.99.40 欠番 削除
  • EC.3.4.99.41 欠番 → EC.3.4.24.64 (Supplement 2)
  • EC.3.4.99.42 欠番 削除
  • EC.3.4.99.43 欠番 → EC.3.4.23.42 (Supplement 6)
  • EC.3.4.99.44 欠番 → EC.3.4.24.55 (Supplement 1)
  • EC.3.4.99.45 欠番 → EC.3.4.24.56 (Supplement 1)
  • EC.3.4.99.46 欠番 → EC.3.4.25.1 (Supplement 6)

EC 3.5.-.(ペプチド結合以外の炭素-窒素結合に作用する)[編集]

EC 3.5.1.-(鎖状アミドに作用)[編集]

EC 3.5.2.-(環状アミドに作用)[編集]

EC 3.5.3.-(鎖状アミジンに作用)[編集]

EC 3.5.4.-(環状アミジンに作用)[編集]

EC 3.5.5.-(ニトリルに作用)[編集]

EC 3.5.99.-(その他の化合物に作用)[編集]

EC 3.6.-(酸無水物に作用)[編集]

EC 3.6.1.-(リン含有酸無水物に作用)[編集]

EC 3.6.2.-(スルホニル含有酸無水物に作用)[編集]

EC 3.6.3.-(酸無水物に作用・物質の膜輸送を触媒する)[編集]

EC 3.6.4.-(酸無水物に作用・細胞または細胞小器官の運動に関与)[編集]

EC 3.6.5.-(GTPに作用・細胞または細胞小器官の運動に関与)[編集]

EC 3.7.-(炭素-炭素結合に作用)[編集]

EC 3.7.1.-(ケトン類に作用)[編集]

EC 3.8.-(ハロゲン化物に作用)[編集]

EC 3.8.1.-(C-ハロゲン化物に作用)[編集]

EC 3.8.2.-(P-ハロゲン化物に作用)[編集]

  • EC.3.8.2.1 欠番 → EC.3.1.8.2

EC 3.9.-(リン-窒素結合に作用)[編集]

EC 3.10.-(硫黄-窒素結合に作用)[編集]

EC 3.11.-(炭素-リン結合に作用)[編集]

EC 3.12.-(硫黄-硫黄結合に作用)[編集]

EC 3.13.-(炭素-硫黄結合に作用)[編集]

出典[編集]

  1. ^ 加水分解酵素、『世界大百科事典』、CD-ROM版、平凡社
  2. ^ 加水分解酵素、『理化学辞典』、第5版、岩波書店

関連項目[編集]