メプリンB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メプリンB
識別子
EC番号 3.4.24.63
CAS登録番号 150679-52-0
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum

メプリンB(Meprin B)は、酵素である[1][2][3][4]。この酵素は、アゾカゼインを含むタンパク質加水分解する反応を触媒する。インスリンB鎖に対しては、-His5-Leu-、-Leu6-Cys-、-Ala14-Leu-、-Cys19-Gly-結合を加水分解する。

膜結合性の金属エンドぺプチダーゼであり、マウスに存在する。

出典[編集]

  1. ^ Kounnas, M.Z., Wolz, R.L., Gorbea, C.M. and Bond, J.S. (1991). “Meprin-A and -B. Cell surface endopeptidases of the mouse kidney”. J. Biol. Chem. 266: 17350-17357. PMID 1894622. 
  2. ^ Gorbea, C.M., Marchand, P., Jiang, W., Copeland, N.G., Gilbert, D.J., Jenkins, N.A. and Bond, J.S. (1993). “Cloning, expression, and chromosomal localization of the mouse meprin β subunit”. J. Biol. Chem. 268: 21035-21043. PMID 8407940. 
  3. ^ Johnson, G.D. and Hersh, L.B. (1994). “Expression of meprin subunit precursors. Membrane anchoring through the β subunit and mechanism of zymogen activation”. J. Biol. Chem. 269: 7682-7688. PMID 7510289. 
  4. ^ Wolz, R.L. and Bond, J.S. (1995). “Meprins A and B”. Methods Enzymol. 248: 325-345. PMID 7674930. 

外部リンク[編集]