オーレオリシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーレオリシン
識別子
EC番号 3.4.24.29
CAS登録番号 39335-13-2
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum

オーレオリシン(Aureolysin、EC 3.4.24.29)は、酵素である[1][2][3][4]。この酵素は、P1'位の疎水性残基の結合を選択的に、インスリンB鎖をテルモリシンと似たようなパターンで切断する反応を触媒する。またStaphylococcus aureusグルタミルペプチダーゼを活性化する。

この金属酵素は、S. aureusに存在する。

出典[編集]

  1. ^ Arvidson, S. (1973). “Studies on extracellular proteolytic enzymes from Staphylococcus aureus'. II. Isolation and characterization of an EDTA-sensitive protease”. Biochim. Biophys. Acta 302: 149–157. PMID 4632563. 
  2. ^ Saheb, S.A. (1976). “Purification et caractérisation d’une protéase extracellulaire de Staphylococcus aureus inhibée par l’E.D.T.A”. Biochimie 58: 793–804. PMID 823980. 
  3. ^ Drapeau, G.R. (1978). “Role of a metalloprotease in activation of the precursor of staphylococcal protease”. J. Bacteriol. 136: 607–613. PMID 711676. 
  4. ^ Potempa, J., Porwit-Bohr, Z. and Travis, J. (1989). “Stabilization vs. degradation of Staphylococcus aureus' metalloproteinase”. Biochim. Biophys. Acta 993: 301–304. PMID 2512988. 

外部リンク[編集]