4-ヒドロキシベンゾイルCoAチオエステラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
4-ヒドロキシベンゾイルCoAチオエステラーゼ
識別子
EC番号 3.1.2.23
CAS登録番号 141583-19-9
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

4-ヒドロキシベンゾイルCoAチオエステラーゼ(4-hydroxybenzoyl-CoA thioesterase、EC 3.1.2.23)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

4-ヒドロキシベンゾイルCoA + 水\rightleftharpoons4-ヒドロキシ安息香酸 + 補酵素A

従って、基質は4-ヒドロキシベンゾイルCoAの2つ、生成物は4-ヒドロキシ安息香酸補酵素Aの2つである。

この酵素は加水分解酵素に分類され、特にチオエステル結合に作用する。系統名は、4-ヒドロキシベンゾイルCoAヒドロラーゼ(4-hydroxybenzoyl-CoA hydrolase)である。2,4-ジクロロ安息香酸の分解に関与している。

構造[編集]

2007年末までに7つの構造が解かれている。蛋白質構造データバンクのコードは、1HN11LO71LO81LO91Q4S1Q4T1Q4Uである。

出典[編集]

  • Chang KH, Liang PH, Beck W, Scholten JD, Dunaway-Mariano D (1992). “Isolation and characterization of the three polypeptide components of 4-chlorobenzoate dehalogenase from Pseudomonas sp. strain CBS-3”. Biochemistry. 31 (24): 5605–10. doi:10.1021/bi00139a025. PMID 1610806. 
  • Dunaway-Mariano D, Babbitt PC (1994). “On the origins and functions of the enzymes of the 4-chlorobenzoate to 4-hydroxybenzoate converting pathway”. Biodegradation. 5 (3–4): 259–76. doi:10.1007/BF00696464. PMID 7765837.