アトロリシンF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アトロリシンF
識別子
EC番号 3.4.24.45
CAS登録番号 172306-52-4
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum

アトロリシンF(Atrolysin F、EC 3.4.24.45)は、酵素である[1]。この酵素は、インスリンB鎖のVal2-AsnGln4-HisLeu6-Cys、His10-Leu、Ala14-Leu、Tyr16-Leu結合を切断する反応を触媒する。

このエンドペプチダーゼは、ニシダイヤガラガラヘビの毒に含まれる。

出典[編集]

  1. ^ Nikai, T., Mori, N., Kishida, M., Sugihara, H. and Tu, A.T. (1984). “Isolation and biochemical characterization of hemorrhagic toxin f from the venom of Crotalus atrox (western diamondback rattlesnake)”. Arch. Biochem. Biophys. 231: 309–319. PMID 6375570. 

外部リンク[編集]