エンドペプチダーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エンドペプチダーゼ(Endopeptidase)は、非末端アミノ酸ペプチド結合を分解するタンパク質分解ペプチダーゼである。対称的に末端からペプチド結合を分解するのはエキソペプチダーゼである。即ち、エンドペプチダーゼはペプチドモノマーに分解することはできないが、エキソペプチダーゼは可能である。基質がタンパク質ではなくオリゴペプチドの場合は、オリゴペプチダーゼと呼ばれる。

通常、特定のアミノ酸に対して非常に特異性を持つ。エンドペプチダーゼの例には、次のようなものがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]