Template:Infobox 酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Infobox 酵素
EC番号 {{{EC_number}}}
Documentation icon テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュ破棄]

ここに概要や目的

使い方[編集]

このテンプレートを使うには、以下のテキストをコピーし、記事の一番上に貼りつけて下さい。 そしてできるだけ多くの項目を入力して下さい。但し、入力できていない項目があっても構いません。 但しリンクの多くはEC番号に基づいて生成されているので、EC番号については値を入力しておく方がいいでしょう。 例えば、3β-ヒドロキシ-Δ5-ステロイドデヒドロゲナーゼでは入力済みテンプレートが使われています。

{{enzyme
| Name = 
| EC_number = 
| CAS_number = 
| IUBMB_EC_number = 
| GO_code = 
| image = 
| width = 
| caption = 
}}

引数[編集]

酵素名
この項目には、受け入れられているこの酵素クラスの名前の一覧を記載します。国際生化学・分子生物学連合 (IUBMB) の酵素委員会による命名に基づいた名前であるのが理想的です(IUBMBのサイトも参照下さい)。
EC番号
EC番号はIUBMB酵素委員会によって開発された、酵素の分類を数値で表した分類体系です(再度IUBMBのサイトも参照下さい)。
CAS番号
CAS登録番号は数値で表された化学物質を特定する固有の値です。
IUBMB_EC番号
EC番号とほぼ同じですが、区切り文字がピリオドではなくスラッシュが使われたものです(例:1.1.1.1 → 1/1/1/1)
GOコード
酵素反応に対応する遺伝子オントロジー(GO)コードで、遺伝子オントロジーのウェブサイトから得るのが理想的です。
画像
分子の3次元構造を2次元的に見た様子を示した画像を指定します。通常PDBファイルから生成されるものです。この画像を指定した場合、キャプションパラメータを使って、画像を生成するのに使われた構造を明示することができます。できれば{{PDBj}}テンプレートを用いて下さい。また画像を指定した場合、任意で画像の幅を指定することもできます(指定がない場合の既定値は220px)。

[編集]

右に示した酵素テンプレートによって生成される情報BOXの記述方法を以下に示します。

アルコール脱水素酵素
識別子
EC番号 1.1.1.1
CAS登録番号 9031-72-5
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO
{{enzyme 
| Name = アルコール脱水素酵素
| EC_number = 1.1.1.1 
| IUBMB_EC_number = 1/1/1/1 
| CAS_number= 9031-72-5
| GO_code = 0004022
}}

関連項目[編集]