グルタミナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グルタミナーゼ〈Glutaminase; EC 3.5.1.2〉はアミドヒドラーゼ酵素の一種で、グルタミンからグルタミン酸を産生する。グルタミナーゼは組織固有のアイソザイムが存在する。

グルタミナーゼは次の反応を触媒する。

グルタミン + H2Oグルタミン酸 + NH3

グルタミナーゼは門脈周辺の細胞で発現しており、尿素生合成の為のNH3 (アンモニア)発生に関与している。

グルタミナーゼは尿細管の上皮細胞でも発現しており、アンモニウムイオンとして分泌されるアンモニアを産生している。アンモニウムイオンの分泌はの酸塩基調節に重要な働きである。アシドーシスではグルタミナーゼは腎で誘導され、それによりアンモニア分泌量が増大する。

出典[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]