ホスホセリンホスファターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホスホセリンホスファターゼ
識別子
EC番号 3.1.3.3
CAS登録番号 9025-73-4
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ホスホセリンホスファターゼ(Phosphoserine phosphatase、EC 3.1.3.3)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

O-ホスホ-L(またはD)-セリン + 水\rightleftharpoonsL(またはD)-セリン + リン酸

従って、この酵素の基質はホスホセリン、生成物はセリンリン酸である。

この酵素は加水分解酵素に分類され、特にリン酸モノエステル結合に作用する。系統名は、O-ホスホセリン ホスホヒドロラーゼ(O-phosphoserine phosphohydrolase)である。グリシンセリントレオニン代謝に関与している。

構造[編集]

2007年末時点で、12個の構造が解かれている。蛋白質構造データバンクのコードは、1F5S1J971L7M1L7N1L7O1L7P1L8L1L8O1NNL2J6Y2J6Z2J70である。

出典[編集]

  • BORKENHAGEN LF, KENNEDY EP (1959). “The enzymatic exchange of L-serine with O-phospho-L-serine catalyzed by a specific phosphatase”. J. Biol. Chem. 234 (4): 849–53. PMID 13654276. 
  • Boyer, P.D., Lardy, H. and Myrback, K. (Eds.), The Enzymes, 2nd ed., vol. 5, Academic Press, New York, 1961, p. 73-78.
  • Neuhaus FC and Byrne WL (1959). “Metabolism of phosphoserine. II. Purification and properties of O-phosphoserine phosphatase”. J. Biol. Chem. 234: 113–121. PMID 13610904.