コリンエステラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
acetylcholinesterase (Yt blood group)
Acethylcholinesterase TC 1EA5.png
Diagram of Pacific electric ray acetylcholinesterase. From PDB 1EA5.
識別子
略号 ACHE
遺伝子コード YT
Entrez 43
HUGO 108
OMIM 100740
RefSeq NM_015831
UniProt P22303
他のデータ
EC番号 3.1.1.7
遺伝子座 Chr. 7 q22
butyrylcholinesterase
Butyrylcholinesterase 1P0I.png
Cartoon diagram of human butyrylcholinesterase. From PDB 1P0I.
識別子
略号 BCHE
遺伝子コード CHE1
Entrez 590
HUGO 983
OMIM 177400
RefSeq NM_000055
UniProt P06276
他のデータ
EC番号 3.1.1.8
遺伝子座 Chr. 3 q26.1-26.2

コリンエステラーゼCholinesterase,ChE)とは、コリンエステル類を加水分解する酵素である。

種類[編集]

2種類がある。

アセチルコリンエステラーゼ (AChE) 
神経組織、赤血球などに存在する。コリン作動性神経(副交感神経運動神経交感神経の中枢~神経節)の神経伝達物質アセチルコリンを酢酸とコリンに分解する。真性コリンエステラーゼ。
ブチリルコリンエステラーゼ (BuChE) 
肝臓、血清などに存在する。AChを含む様々なコリンエステル類を分解する。健康診断などで検査されるChEは、こちらの方である。高値の場合はネフローゼ症候群脂肪肝など、低値の場合は肝硬変肝炎、有機リン系薬物中毒(有機リン系の農薬中毒サリンなどの神経ガス中毒)などが疑われる。偽コリンエステラーゼ。

歴史[編集]

1968年にコロンビア大学のWalo Leuzingerらがデンキウナギから精製に成功した。

関連項目[編集]