キヌレニナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キヌレニナーゼ
Kynureninase2HZP.jpg
結晶構造 (ヒト) [1]
識別子
EC番号 3.7.1.3
CAS登録番号 9024-78-6
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

キヌレニナーゼ: KYNU)は、トリプトファン代謝する経路の一つであるキヌレニン経路で働く加水分解酵素

反応[編集]

キヌレニナーゼはキヌレニン経路において以下の反応に関わっており、補酵素としてPLP (VB6) を使用する[2]

L-キヌレニン + H2O = アントラニル酸 + L-アラニン
3-ヒドロキシ-L-キヌレニン + H2O = 3-ヒドロキシアントラニル酸 + L-アラニン

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ PDB 2HZP; Lima S, Khristoforov R, Momany C, Phillips RS (March 2007). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2531291 “Crystal structure of Homo sapiens kynureninase”]. Biochemistry 46 (10): 2735–44. doi:10.1021/bi0616697. PMC 2531291. PMID 17300176. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2531291. 
  2. ^ KEGG ENZYME: 3.7.1.3.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]