触媒三残基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セリンプロテアーゼの酵素反応機構

触媒三残基(しょくばいさんざんき、: Catalytic triad)とは、酵素活性部位に必要なアミノ酸残基であるセリンヒスチジンアスパラギン酸の組み合わせを意味する。

例えばキモトリプシンの場合は、195番目のセリン側鎖が57番目のヒスチジンのイミダゾール環に近接し、さらにイミダゾール環の-NH基が102番のアスパラギン酸のカルボキシ基に近接している。