S-スクシニルグルタチオンヒドロラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
S-スクシニルグルタチオンヒドロラーゼ
識別子
EC番号 3.1.2.13
CAS登録番号 50812-22-1
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

S-スクシニルグルタチオンヒドロラーゼ(S-succinylglutathione hydrolase、EC 3.1.2.13)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

S-スクシニルグルタチオン + 水\rightleftharpoonsグルタチオン + コハク酸

従って、基質はS-スクシニルグルタチオンの2つ、生成物はグルタチオンコハク酸の2つである。

この酵素は加水分解酵素に分類され、特にチオエステル結合に作用する。系統名は、S-スクシニルグルタチオンヒドロラーゼ(S-succinylglutathione hydrolase)である。

出典[編集]

  • Uotila L (1973). “Preparation and assay of glutathione thiol esters. Survey of human liver glutathione thiol esterases”. Biochemistry. 12 (20): 3938–3943. doi:10.1021/bi00744a024. PMID 4200890. 
  • Uotila L (1979). “Purification and properties of S-succinylglutathione hydrolase from human liver”. J. Biol. Chem. 254 (15): 7024–9. PMID 457667.