ボソロリシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボソロリシン
識別子
EC番号 3.4.24.50
CAS登録番号 443890-65-1
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum

ボソロリシン(Bothrolysin、EC 3.4.24.50)は、酵素である[1]。この酵素は、インスリンB鎖のGln4-HisSer9-His、Ala14-Leuの結合及びアンジオテンシンIのPro-Pheを切断する反応を触媒する。

このエンドペプチダーゼは、ハララカの毒に含まれる。

出典[編集]

  1. ^ Tanizaki, M.M., Zingali, R.B., Kawazaki, H., Imajoh, S., Yamazaki, S. and Suzuki, K. (1989). “Purification and some characteristics of a zinc metalloprotease from the venom of Bothrops jararaca (jararaca)”. Toxicon 27: 747–755. PMID 2781574. 

外部リンク[編集]