ハララカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハララカ
Jararaca.jpg
ハララカ Bothrops jararaca
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: クサリヘビ科 Viperidae
亜科 : マムシ亜科 Crotalinae
: ヤジリハブ属 Bothrops
: ハララカ B. jararaca
学名
Bothrops jararaca
(Wied, 1824)
和名
ハララカ
英名
Jararaca

ハララカBothrops jararaca)は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目クサリヘビ科ヤジリハブ属に分類されるヘビ。有毒。別名ハララカアメリカハブジャララカ

分布[編集]

ブラジル南部からアルゼンチンにかけた南アメリカ

形態[編集]

全長は1-1.5m。体色は個体による変異が大きいが暗色で、不鮮明な明色の三角形の斑紋が入る。幼蛇は三角形の斑紋が明瞭。

[編集]

毒性は主に出血毒。毒は非常に強く、また毒量も非常に多いため命が助かっても悲惨な後遺症に悩まされることも多い。

生態[編集]

熱帯雨林や農耕地等に生息する。地表棲。

食性は動物食で小型哺乳類、小型鳥類等を食べる。

繁殖形態は卵胎生で、1回に20頭程の幼蛇を産む。

人間との関係[編集]

開拓地や農耕地にも生息するため咬傷被害も多いとされる。毒性は強いが、適切な治療を受ければ死亡することはないとされる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • クリス・マティソン 『ヘビ大図鑑』、森光社、2000年、136-137、186頁。