マムシ亜科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マムシ亜科
シンリンガラガラヘビ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
: クサリヘビ科 Viperidae
亜科 : マムシ亜科 Crotalinae
学名
Crotalinae Oppel1811
タイプ属
Crotalus Linnaeus, 1758

マムシ亜科(マムシあか、Crotalinae)はクサリヘビ科に属するヘビの亜科の一つ。タイプ属ガラガラヘビ属特定動物

分布[編集]

アフリカ大陸北アメリカ大陸南アメリカ大陸ユーラシア大陸

形態[編集]

最大種はブッシュマスターで全長350センチメートル。眼と鼻孔の間に1対の赤外線感知器官(ピット器官)を持つ。

分類[編集]

21属におよそ230種が属する[1]

系統[編集]

以下のような系統樹が得られている[2]




Garthius chaseni




ヨロイハブ属



ヒャッポダ







マレーマムシ



セイロンマムシ属





アジアハブ属





ヤマハブ属



ハブ属




マムシ属






フトリハブ属




オークハブ属



ソリハナハブ属






Bothrocophias



ヤジリハブ属








メキシコツノハブ



Mixcoatlus





ブッシュマスター属



ヤシハブ属






アメリカマムシ属




ヒメガラガラヘビ属



ガラガラヘビ属










生態[編集]

砂漠から森林まで様々な環境に生息する。生態も様々で地表棲から樹上棲の種もいる。

食性は動物食で、昆虫両生類、爬虫類、鳥類やその卵、哺乳類などを食べる。

繁殖形態は卵生、胎生の種が共にいる。

人間との関係[編集]

強毒種に噛まれた場合、適切な処置を受けなかった場合は人間でも命を落とすこともある。

参考文献[編集]

  1. ^ Crotalinae in Reptile database”. 2014年9月28日閲覧。
  2. ^ Pyron, Robert Alexander and Burbrink, Frank T and Wiens, John J (2013). “A phylogeny and revised classification of Squamata, including 4161 species of lizards and snakes”. BMC evolutionary biology 13 (1): 93. doi:10.1186/1471-2148-13-93. 
  • クリス・マティソン 『ヘビ大図鑑』監訳千石正一、緑書房、2000年、185-187頁。

関連項目[編集]