トリメロリシンI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリメロリシンI
識別子
EC番号 3.4.24.52
CAS登録番号 151125-16-5
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum

トリメロリシンI(Trimerelysin I、EC 3.4.24.52)は、酵素である[1][2][3]。この酵素は、インスリンB鎖のHis10-LeuAla14-Leuの2つの結合のみを切断する反応を触媒する。

このエンドペプチダーゼは、ハブの毒に含まれている。

出典[編集]

  1. ^ Omori-Satoh, T. and Sadahiro, S. (1979). “Resolution of the major hemorrhagic component of Trimeresurus flavoviridis venom into two parts”. Biochim. Biophys. Acta 580: 392-404. PMID 518906. 
  2. ^ Yamakawa, Y. and Omori-Satoh, T. (1988). “The sites of cleavage in oxidized insulin-B chain by a hemorrhagic protease derived from the venom of the habu (Trimeresurus flavoviridis)”. Toxicon 26: 227-231. PMID 3284004. 
  3. ^ Takeya, H., Oda, K., Miyata, T., Omori-Satoh, T. and Iwanaga, S. (1990). “The complete amino acid sequence of the high molecular mass hemorrhagic protein HR1B isolated from the venom of Trimeresurus flavoviridis”. J. Biol. Chem. 265: 16068-16073. PMID 2398046. 

外部リンク[編集]