グルコシルセラミダーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グルコシルセラミダーゼ
識別子
EC番号 3.2.1.45
CAS登録番号 37228-64-1
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

グルコシルセラミダーゼ(Glucosylceramidase、EC 3.2.1.45)は、グリコシドヒドロラーゼファミリー30に属する酵素であり、以下の化学反応触媒する。

D-グルコシル-N-アシルスフィンゴシン + 水\rightleftharpoonsD-グルコース + N-アシルスフィンゴシン

従って、この酵素の2つの基質はD-グルコシル-N-アシルスフィンゴシン、2つの生成物はD-グルコースとN-アシルスフィンゴシンである。

この酵素は、加水分解酵素、特にO-およびS-グリコシル化合物加水分解酵素に分類される。系統名は、D-グルコシル-N-アシルスフィンゴシン グルコヒドロラーゼである。その他よく用いられる名前に、psychosine hydrolase、glucosphingosine glucosylhydrolase、GlcCer-beta-glucosidase、beta-D-glucocerebrosidase、glucosylcerebrosidase、beta-glucosylceramidase、ceramide glucosidase、glucocerebrosidase、glucosylsphingosine beta-glucosidase、glucosylsphingosine beta-D-glucosidase等がある。この酵素は、スフィンゴ脂質の代謝と糖鎖構造の分解に関与している。

このドメインを含むヒトのタンパク質[編集]

関連文献[編集]

  • Brady RO, Kanfer J, and Shapiro D (1965). “The metabolism of glucocerebrosides: I. Purification and properties of a glucocerebroside-cleaving enzyme from spleen tissue”. J. Biol. Chem. 240: 39–43. 
  • Vaccaro AM, Muscillo M, Suzuki K (1985). “Characterization of human glucosylsphingosine glucosyl hydrolase and comparison with glucosylceramidase”. Eur. J. Biochem. 146 (2): 315–21. doi:10.1111/j.1432-1033.1985.tb08655.x. PMID 3967661.